00000356

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


1はるかさん、素敵な川柳、画像有難う(^^♪  / 2黒百合の妖しい程の立ち姿  / 3ドライブの先は海辺の道の駅  / 4舞鶴草白く優しい野辺の花  / 5短歌を詠む  / 6短歌を詠む (1) / 7短歌を詠む (2) / 8無題  / 9短歌を詠む (1) / 10一人尻取り川柳と画像短歌 (2) / 11短歌を詠む (2) / 12短歌を詠む (1) / 13こんばんは♪ (1) / 14短歌を詠む (3) / 15短歌を詠む  / 16短歌を詠む  / 17短歌を詠む  / 18短歌を詠む  / 19秋最中  / 20光輝く東京タワー  / 21初めまして。  /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ 短歌を詠む 投稿者:jin  引用する 
短歌3首と画像短歌

〓 こおろぎの鳴き声聞こえる夜の庭秋はひそかにしのび寄りけり


〓 登りきて汗ぬぐいける山頂で冷たき風の快きかな


〓 剪定し姿整えし梅林にウグイス囀りのどかなりしか


2018/02/01(Thu) 05:54:15 [ No.16 ]
◇ Re: 短歌を詠む 投稿者:jin  引用する 


2018/02/01(Thu) 05:55:14 [ No.17 ]
◇ Re: 短歌を詠む 投稿者:jin  引用する 
短歌2首と画像短歌
短歌3首と画像短歌


〓 気がつけば黙しいるのは吾ひとり話題の中に入れぬ意固地さ


〓 港来てこの寂寥はなんだろうここは別れを促す場所か


2018/02/01(Thu) 13:01:28 [ No.18 ]

◆ 短歌を詠む 投稿者:jin  引用する 
短歌2首と画像短歌

〓 気がつけば黙しいるのは吾ひとり話題の中に入れぬ意固地さ


〓 港来てこの寂寥はなんだろうここは別れを促す場所か


2018/01/27(Sat) 19:19:50 [ No.14 ]
◇ Re: 短歌を詠む 投稿者:jin  引用する 
小出川の梅(3)
雪が降りそれが溶けたっぷり水を吸い
寒いけれど輝くばかりの陽光をうけて
梅は一斉に花を開き小鳥たちは蜜を求め
やって来ています。
この寒気団が去ればもっと華やかになる
でしょうね。

その他。
オキザリス・パーシーカラーと白梅です。

花言葉…… 輝く心・母親の優しさ・喜び。

短歌3首

〓 感傷を呼び起こしおり夕焼けの茜に染まりし街を見るとき


〓 夕焼けの茜色さす街並みは幼き頃の記憶に似たり


〓 伝説のアトサンプリヌの噴煙よアイヌの民は何を祈りし


2018/01/30(Tue) 07:17:48 [ No.15 ]

◆ こんばんは♪ 投稿者:jin  引用する 
本(もと)白根山の噴火
白根山域には白根山、逢の峰、本白根山などがあります。
白根山は常に火山振動水蒸気の噴出などで常備警戒態勢が
行われていましたが本白根山や逢の峰は3000年前の噴火
以来静かなものでした。
なぜ噴火したのか今の地震科学では解らないらしいですね。


2018/01/27(Sat) 18:21:37 [ No.12 ]
◇ Re: こんばんは♪ 投稿者:jin  引用する 
★ 以前行ったときの写真があると思って2002年の
  アルバムを開いてコピーしてみました。
  友人夫婦と行ったので人物の写真が多く割愛しました。

白根山の写真です。4年前ごろ投稿したものですが白根山
ルートは2本登山禁止で残りの一本で登りましたが霧が出て
視界が全くきかないで湯釜など見えませんでした。
山を下りて弓池を写しました。


2018/01/27(Sat) 18:22:34 [ No.13 ]

◆ 短歌を詠む 投稿者:jin  引用する 
短歌六首と画像短歌

〓 馬入川の水脈(みお)遠く海に入るあたり自動艇いまゆるくカーブす


〓 やわらかき曲線持ちし生き方を希求せしわれ出来ぬ哀しみ


〓 灰色の砂丘のうねりおり彼方に地引打つ小船あり


〓 こおろぎの鳴き声聞こえる夜の庭秋はひそかにしのび寄りけり

1
〓 登りきて汗ぬぐいける山頂で冷たき風の快きかな


〓 剪定し姿整えし梅林にウグイス囀りのどかなりしか短歌を楽しむ


2018/01/26(Fri) 19:43:57 [ No.8 ]
◇ Re: 短歌を詠む 投稿者:jin  引用する 
画像短歌1

2018/01/26(Fri) 19:44:40 [ No.9 ]
◇ Re: 短歌を詠む 投稿者:jin  引用する 
画像短歌2

2018/01/26(Fri) 19:45:38 [ No.10 ]
◇ Re: 短歌を詠む 投稿者:jin  引用する 
画像短歌3

2018/01/26(Fri) 19:47:04 [ No.11 ]

◆ 短歌を詠む 投稿者:jin  引用する 
短歌4首と画像短歌

〓 感傷を呼び起こしおり夕焼けの茜に染まりし街を見るとき


〓 夕焼けの茜色さす街並みは幼き頃の記憶に似たり


〓 伝説のアトサンプリヌの噴煙よアイヌの民は何を祈りし


〓 森林のマイナスイオン吸い込みて足取り弾む気持ちになりて


2018/01/15(Mon) 15:04:31 [ No.7 ]

◆ 短歌を詠む 投稿者:jin  引用する 
短歌5首と画像短歌

※ 平和への願いを抱きて戦える若きひのこと思うこの頃


〓 風作る風紋見事このフォルム果てなく続く哀しみのごと


〓 無限なる時空を隔て輝ける北斗の星に願いをこめて


〓 怒りつつ雪道去りし我が友の乱れし足元見るは哀しき


〓 感傷を呼び起こしおり夕焼けの茜に染まりし街を見るとき


2018/01/14(Sun) 17:09:05 [ No.6 ]

◆ 短歌を詠む 投稿者:jin  引用する 
短歌5首と画像短歌。
※ 生きる日々成長の路と思うわれ今日買い求めしはガモウ物理よ


※ 遠き日の思い出強く胸を打つ絵画のごとき夕焼けの色


※ 夕焼けの浜辺に立ちて眺めしは赤く染まりし烏帽子岩かな


※ 彼方には烏帽子の岩がくっきりと赤く染まりて暮れなずむ海


※ 帰えらざる日々を思いて暑き日のもえる砂丘を黙し歩きぬ


2018/01/13(Sat) 20:39:56 [ No.5 ]

◆ 短歌を詠む 投稿者:jin  引用する 
短歌4首と画像短歌

※ 街中で出会った人は車椅子吾が微笑に笑みて応える


※ 菜園の彼方に見える富士の嶺すがすがしさが吾を貫く


※ 空と海合わさる彼方眺むれば沸沸とわく生への喜び


※ シリウスが青き光で輝けるこの空間の静寂の距離


2018/01/13(Sat) 20:36:59 [ No.4 ]

◆ 秋最中 投稿者:jin  引用する 
蒼穹の空と柿の実の赤さ、色彩の見事さに思わずシャッターを切る。

2018/01/05(Fri) 10:43:16 [ No.3 ]

◆ 光輝く東京タワー 投稿者:jin  引用する 
東京をさまよう。
東京はふるさと、戦災で焼かれる前は東京に住んでいた。
幼かったので記憶は散漫だが懐かしいふるさという思いは強い。
さまよいながら記憶の断片を思い浮かべる。


2018/01/05(Fri) 10:39:22 [ No.2 ]

[1] [2] [3]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -