00035545

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


1天狗岳 (1) / 2生瀬富士へさすが烏ゲ森さん (3) / 3那須の紅葉 (1) / 4後立山白馬岳から見た尾瀬〜奥日光〜足尾山塊 (1) / 5白根山訪問が多かったみたい (2) / 6三ノ倉から番屋のコル  / 7栃木福島県境尾根 三ノ倉から番屋のコル   / 8六林班峠西の古道跡? (1) / 9大滝不動尊 (1) / 10今年のアカヤシオ (1) / 11白根山 (1) / 12大菩薩嶺 (1) / 13本年も、 (3) / 14谷倉山(747.4m)の南東キレット (2) / 15生瀬富士 (4) / 16平川丸山 (2) / 17平滝古道 (5) / 18高原越え (5) / 19根名草-手白 (1) / 20HPアドレス変更のお願い (1) / 21平滝古道‥ (6) / 22ナイトハイク! (1) / 23南ア北部烏帽子岳(2594m)から見た奥日光 (1) / 24帝釈山北尾根 (2) / 25北アルプス蝶ヶ岳から見た奥日光〜足尾 (1) / 26西沢右岸尾根で大倉山-流石山-大峠 (1) / 27引馬峠 (4) / 28どこかな? (1) / 29アイゼンの故障 (3) / 30ど阿呆春団治には笑ってしまいました (3) /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ 鹿沼千渡山再訪(旧道探索) 投稿者:@宇都宮  引用する 
烏ヶ森さん、こんばんは。
昨日歩かれたのですね。雷電・寅巳・高知山・丸山・堂室山〜おもわず地図を見ました。
後半の3山は知りませんでした。レポートを待ちます。

私も、同日、鹿沼千渡山を再訪し旧道探索で、1日、遊ばせて頂きました。駐車地発6:32〜金精様10:37〜駐車地着15:34でした。
思った以上に旧道も、雪も残っていました、そして風は冷たかったですね。

写真は、金精様(塞の神)と見事なウラジロです。明日も雪のようですね。


2014/02/13(Thu) 20:51:53 [ No.248 ]
◇ Re: 鹿沼千渡山再訪(旧道探索) 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
@宇都宮さん  こんばんは。
先週くらいまでは、雪が少ないと思っていたのですが、ここへきて急に降り始めたようですね。今日はまだ積雪が少ないですが、明朝までにはかなり積もりそうですね。
千渡山の名称は知っていましたが、どこにあるかは全く知りませんでした。詳細マップ楽しみにしています。
雪山へ行きたくてうずうずしているのですが、歳をとると血行が悪くなるようで、すぐに手の指にしもやけができるようです。もう少し暖かくなるまでは我慢我慢です。低山歩きは10年以上前に山歩きを始めたころと同じように楽しんでいます。
一昨日は、道路歩きが長く、道路の残雪に悩まされました。
写真右は車の少ない道路。 左はメイン道路でもこのような場所多かったです。


2014/02/14(Fri) 18:03:26 [ No.249 ]
◇ Re: 鹿沼千渡山再訪(旧道探索) 投稿者:ノラ  引用する 
烏ケ森さん こんばんは。低山歩き御苦労さまです。寅己山から浅間山の間は山の中を歩かれないで,下へ下りられたりして烏ケ森さんらしくないななんて思ってしまいました。低山歩きとなるとさすがの烏ケ森さんもまちがえるのだななんて安心したりしました。失礼しました。雪があると麓の舗装路歩きも容易じゃなくてほんとにご苦労様でした。

2014/02/14(Fri) 21:59:13 [ No.250 ]
◇ Re:寅巳山から浅間山 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
ノラさん おはようございます。
昨日からの降雪はいかがでしたか。当地はかなり積もり(宇都宮では32cmとか)ましたが、現在は雨が降っているので溶けてしまいそうです。
寅巳山から野鹿台団地に下りて、写真の山口・滝尾神社(記念碑から読み取り)から浅間山に取付くのは予定のコースでした。当初計画では浅間山から尾根伝いに386、336経由で高へら山へ行くつもりでした。今回最大のミスは、石祠の370m級ピークを浅間山と思い込んでしまったことです。それも家に帰ってGPS軌跡をカシミール3Dに落とすまで気付かないなんてお笑い草です。ピークを間違え登ったつもりで家に帰ったのはこれが二回目です。最初は04年9月に塩那道路を歩いて鹿又岳(実際は南ピークの1846)で、山部さんに間違いを指摘されました。
低山は尾根筋が複雑で本当に難しいですね。しかも雪がつくと踏跡やけもの道が見えないので一層難しくなるようです。


2014/02/15(Sat) 09:12:20 [ No.251 ]
◇ Re:千渡山再訪 投稿者:@宇都宮  引用する 
こんばんは、烏ヶ森さん。
マップができましたのでアップさせて頂きます。千渡山丘陵、あんな小さい山でもとても楽しめました。
残雪があって充分ではありませんが旧道は雪の上からでも明白でした。野化したゆずにも驚きました。誰が運んだのか‥‥

さて、「下野大沢低山」‥‥私も全く歩いておりませんのでグルッと後追いしようと思います。
と同時に、昔、烏ヶ森さんが歩いた後を追っていた頃歩いた、尾出〜椀名〜氷室〜陣地周回コースが、どういう訳か、ずっと気になっています。何故気になっているのか、遠いのでちょっと、なのですが‥‥これも近々考えています。雪が溶けてくれると良いのですが‥‥


2014/02/16(Sun) 22:32:22 [ No.252 ]
◇ Re:千渡山再訪 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
@宇都宮さん おはようございます。レス遅くなり申し訳ありません。
マップありがとうございます。特記事項をこれだけ集められるものだ、と何時も感心しています。私ができるのはせいぜいHPのルートマップ程度です。千渡山周辺はそのうちトレースさせていただきます。
下野大沢低山めぐりも面白かったが、尾出山〜椀名条山〜氷室山〜陣地周回は大好きな周回コースで、傑作のひとつです。
周回でも舗装道歩きがなかった。ルーファン難所あり、残雪あり(04年2月9日)、石祠ありで楽しめました。尚、04年当時は、地形図に三角点952.ピークに陣地なる名称は記載されていませんでした。


2014/02/18(Tue) 06:03:44 [ No.253 ]

◆ 板橋城山再訪 投稿者:@宇都宮  引用する 
烏ヶ森さんこんばんは。日光山麓低山歩きは楽しめたようで何よりです。
こちらは、昨日、板橋の城山を再訪しました。

1.(赤線)駐車地発(06:40)〜不動明王堂〜駒乗り馬場から南東へ下降〜下板橋説明板
2.(黄緑線)下板橋説明板〜板橋城跡標識〜旧道〜西林道から評点359〜作業道から下降〜上板橋集落センター
3.(赤紫線)上板橋集落センター〜愛宕神社〜頂上南東端から南東に下降〜駐車地(14:52)でした。

細線を確かめるのが目的でしたが、下板橋からの登山道(赤紫線の一部)は良かったです。
細線は、トンネル付近は旧道、後は作業道でした。何もない所にも細線が走っていました。昔はあったのか分かりません。

写真は採石場跡です。写真を取っただけで5個所ありました。相当数あるようです。真ん中の写真が最も大きい所で、カモが50羽ぐらい、まるで犬か猿かのような声を張り上げていました。山はタイムカプセルです。

ルートマップの最下部、東に延びる線が、旧道です。名残は始めの20m位で、後は作業道に上書きされていました。しかし、始めの20mは旧道、開削された道形が良い雰囲気でした。
ルートマップガできたら、貼らせて頂きます。


2014/01/30(Thu) 19:42:19 [ No.242 ]
◇ Re: 板橋城山再訪 投稿者:@宇都宮  引用する 
烏ヶ森さん、こんばんは。ノラさん、ご無沙汰しています。
泉福寺の石仏群は、私も良かったです。一周したいものです。私が見た30数体の石仏、どれを取っても良いお顔をされていました。あの金網は何時、開かれるのでしょう?

城山再訪のマップをアップいたします。小さい山の中をあちこち歩いたので、見づらくなってしまいました。地図も少し大きくなってしまいました。

城山の内側は不思議な所、冬、温かいが、夏も盆地?で暑い、のでしょうか。
下板橋からの登山道も気に入りました。採石場跡も多く、残っていた作業小屋は、そのまま、卓上、盆の上に醤油小瓶、味の素の小瓶!? 茶碗‥‥座り込んでしまいそうです。


2014/02/02(Sun) 21:05:27 [ No.245 ]
◇ Re: 板橋城山再訪 投稿者:@宇都宮  引用する 
こちらは、下板橋コースです。
下板橋コースの正確な地図は、ネットでも見つからなかったので、簡単に作ってみました。
集落センターからの登山道は、途中に神社があるので楽しめますが、こちらは静謐です。静かに歩くにはもってこいです。このコースから上がり右に周回し、石ざき山から駐車場に降りれば少し長くなり適当ですね。
1月は4回も歩きました。自分でもビックリです。


2014/02/02(Sun) 21:08:43 [ No.246 ]
◇ Re: 板橋城山再訪 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
@宇都宮さん  こんにちは。
マップありがとうございます。貴重な情報がたくさん含まれていますね。
地理院地図の細い実線は、かなり正確に追うことができるようですね。旧道跡や作業道の場合が多いと推測します。この細い実線付近は、道筋が消えていても(以前は利用していたのだから)歩き易いと解釈して今後は利用したいと思います。

2014/02/03(Mon) 12:25:59 [ No.247 ]

◆ 日光山麓低山周遊 投稿者:@宇都宮  引用する 
烏ヶ森さん、こんにちは。篠井富屋はパーフェクトです。このマップを見た後、歩きたかった‥‥
みー猫さん、初めまして。ブログを前回の山行時に参考にさせて頂きました。宜しくお願いいたします。

12日、板橋〜猪倉〜手岡と周遊しました。
一昨年暮れに、板橋城山馬蹄形ルートとして皆さんが歩かれていると、同僚が教えてくれたのですが‥‥。仕事の関係で土地勘が少しあり、やっと歩くことができました。
南天の赤い実を二個所で見ました。赤色の素晴らしいこと‥‥

ルートは、下板橋公民館・三光神社発06:56〜城山〜不動山〜石ざき山〜観音寺山(猪倉山)〜狐山(鹿沼・昭和7年2.5万図に記載)〜立石山△327〜三光神社16:38でした。
狐山は痛ましい限りです。頂上以下20m分が消え、名前も無くなっていました。

左写真は天狗岩、これは‥と眺め、お賽銭に気づき、う〜ん、と悦に入ったら、後ろに「天狗岩」看板でした。
中は、城山の城壁跡、その上に立つ一本檜‥‥、右は、観音寺山の恐らく88体のうちの1体です。みめうるわしい石仏です。下りで30体以上見ました。真言宗泉福寺は9世紀初めの開創とか。


2014/01/15(Wed) 14:40:32 [ No.232 ]
◇ Re: 日光山麓低山周遊 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
@宇都宮さん おはようございます。
おかげさまで篠井富屋連峰+αで一応名のつく山を網羅することが出来ました。久しぶりに低山歩きを堪能することができ、01年に山歩きを始めた頃の初心に戻れたような気がしています。
城山馬蹄形に関しては12年暮れの頃に、ネットに盛んに載ったのは記憶しています。その頃は低山歩きは興味をなくしていましたので、件名だけで中身は全然読んでいません。またまた@宇都宮さんの後追いをしてみようかな、なんて考えています。
改めて地図を見ると、宇都宮周辺の低山は殆ど未踏です。スノーハイクだけでなく、このあたりの低山にも姿を現すかも(ピークハンターでないので、縦走が出来るコースを選んで)。

2014/01/16(Thu) 05:52:15 [ No.233 ]
◇ Re: 日光山麓低山周遊 投稿者:@宇都宮  引用する 
烏ヶ森さん、こんばんは。マップができたので貼らして頂きます。

久しぶりにカシミールを動かして、新バージョンへの入れ換えをしていて、地図が、電子国土から地理院地図に変わったことに気づきました。その新地図では、城山南西部に何本もの細線が入っているのです。
作業道だろうと思いますが、「駒乗り馬場」辺りを越していく直線もあります。直登?です。どんな意味を持つ直線なのか、正式な登山口から登っていないので、その事も兼ねて、後日、再訪しようと思います。


2014/01/18(Sat) 21:53:37 [ No.234 ]
◇ Re: 日光山麓低山周遊 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
@宇都宮さん  おはようございます。
マップ貼付ありがとうございます。カシミール3Dで地理院の地形図に、細い実線が現れるのは時々経験していました。これが何を意味するのかわかりませんでした。なんだかわからないのでルートマップには電子国土基本図を利用していました。
この細い実線を確認するために、今後は地理院地図を利用することにします。
昨日は、大丸温泉駐車場から茶臼岳〜南月山へ出かけました。先週からの歯痛(抜けそう)と指先の痛みに我慢できず、茶臼だけで退却しました。軽い凍傷のようで右手の指先(小指を除いて)は現在でも軽い痛みを感じています。
暫くは、歯の治療と凍傷の予防で、低山歩きに励みます。できれば次回は貼付マップを参考に三光あたりから山行とシャレたいです。
写真左は中の茶屋跡で日の出、右は茶臼岳から見る南月山への稜線


2014/01/19(Sun) 08:00:31 [ No.235 ]
◇ Re: 日光山麓低〜千渡山△263中途退却 投稿者:@宇都宮  引用する 
烏ヶ森さん、こんばんは。
凍傷はいかがですか。心配です。私も、昔、瓢箪峠で思わぬ吹雪に遭い、アルミパイプに手がくっついてしまい、カンジキが履けなかったことを思い出しました。どうぞ、大事にしてください。

先日、古賀志山南丘陵、鹿沼千渡山(千渡△263)を中心とした周回コースに出かけたのですが、思わぬ携帯連絡で中途退却となりました。
予定コースは、飯田町駐車地〜千渡山(千渡△263)〜糠塚山186〜竜幡寺△192〜飯岡△185〜飯田町駐車地だったのですが、北半分のピストン3時間となりました。
戻りは、風花が舞う中、ヤブツバキの緑に目を奪われました。ツバキというと、「椿咲く〜」のイントロが鳴ってしまいます(笑) 茶臼の頂上と違って里山はもう春ですね。
写真は、テイカカズラの種髪です。


2014/01/24(Fri) 00:05:03 [ No.236 ]
◇ Re: 日光山麓低〜千渡山△263中途退却 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
@宇都宮さん  おはようございます。
恥ずかしくて凍傷といえるほどではありませんが、現在は痛みはなく完全治癒したようです。当日、ICレコーダーの電池交換の際、インナー手袋着用では電池の蓋が開けず、手袋なしで操作したのがいけなかったようです。

厳寒期は自重しては雪山と里山を交互にと考えています。次回は、たぶん@宇都宮さんの後追いで日光山麓低山周遊となるでしょう。

@宇都宮さんの今回の記録も楽しみにしています。宇都宮〜今市あたりの低山を知るには最高の手引きです。

2014/01/24(Fri) 09:42:11 [ No.237 ]
◇ Re: 日光山麓低〜千渡山△263中途退却 投稿者:@宇都宮  引用する 
烏ヶ森さん、こんばんは。凍傷は治って良かったですね。安心しました。

マップができたので貼らせて頂きます。実は、この丘陵地は旧道が面白いのです。
宇都宮5万図明治40年測図明治42年版と、同昭和7年版とを比較すると、丘陵地横断の旧道が増えているのが分かります。又、旧道が多いのです。こんな小さい山だから、越えて向こうの集落へなにかと気楽に用事を足しに出かけたのでしょう。
その旧道の名残が、今の地理院地図に点線・林道・道路として残っているのが嬉しいです。1回、ざっと歩いてみます。その後の旧道辿りが楽しみです。でも82年前の旧道です。多くは期待しませんが‥‥
板橋城山周辺の山塊は、日光5万図明治42年測図大正2年版にトンネル越えの旧道が1本載っているだけです。気楽に越えられるほど山は低くはない、越して行くほど用はない、いや、天下の例幣使街道があった、ということでしょうか。

今回は、携帯1本で、へんてこりんなコースになってしまいましたが、武子川の橋が見つかったのが収穫でした?


2014/01/25(Sat) 20:34:34 [ No.238 ]
◇ Re: 日光山麓低〜千渡山△263中途退却 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
@宇都宮さん おはようございます。

写真貼付ありがとうございます。
これから日光山麓低山歩きに出かけます。できるだけ@宇都宮さんの跡を追ってみます。

2014/01/27(Mon) 03:56:37 [ No.239 ]
◇ Re: 日光山麓低〜千渡山・S22・2.5万図 投稿者:@宇都宮  引用する 
烏ヶ森さんこんばんは。 なるほど、瓢箪型ですね。レポートのアップを待ちます。

ついでに、宇都宮西部2.5万図大正4年測図昭和22年版から、千渡山付近切り抜き地図をアップします。
この地図が一番旧道を載せています。昭和40年代になると、すべての旧道が消えています。
この地図と、グーグルマップの最大アップ地図とを見比べ、時間をみて、カシミールに旧道を落としています。


2014/01/27(Mon) 21:34:58 [ No.240 ]
◇ Re: 今井市瓢箪形歩き 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
今市瓢箪形歩き楽しんできました。@宇都宮さんのルートをきっちりと追うつもりでしたが、けっこう難しかったです。所要時間はほぼ同じですが、@宇都宮さんのように特記事項を拾い上げていたら、倍の時間かけても不可能です。
写真左の手前の湿地を通り抜けるのが苦労しました。
写真中のすずり岩にも行くつもりでしたが、
写真右の第55番南光寺石仏に魅せられて順路に従い石仏群のほうに行ってしまいました。
里山歩きとても楽しかったです。次を楽しみにしています。


2014/01/28(Tue) 12:47:35 [ No.241 ]
◇ Re: 今井市瓢箪形歩き 投稿者:ノラ  引用する 
烏ケ森さんこんにちは, @宇都宮さんお久しぶりです。烏ケ森さんは2012年の11月に流行った城山馬蹄型歩きに参加されなったですね。まあ烏ケ森さんには易しすぎるとは思いましたが。猪倉山は当時馬蹄型には含まれて無かったです。時計回りは不動山手前の愛染明王を見逃しやすいのかななんて思いました。でもこの易しい顔の石仏を見逃すはずはないのですが,まあ大した問題ではないのです。それと石ざき山への篠竹薮に捉まりにくいのですね。当時,宇都宮さんが詳細なマップを出されていたらそれはそれで話題をさらったでしょう。猪倉山にはまだ訪れてないのでその内に。

2014/02/01(Sat) 11:53:23 [ No.243 ]
◇ Re: 今井市瓢箪形歩き 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
ノラさん こんばんは。
12年11月〜12月のころ、城山馬蹄形はブログを盛んににぎわしているのは知っていました。11月末から5月始めにかけては雪山が興味の対象になっているので、低山には足が向きませんでした。今回行ってみて、数えきれないほど通った例幣使街道の東側に山があるなんて恥ずかしながら知りませんでした。
不動山手前の石仏は見逃しです。@宇都宮さんのマップに石祠と石仏はマーカーで塗って出かけたのですが、ここは事前にマーカーを塗り忘れたので、ほかのことをに注意がいっていて見逃したものと思われます。
観音寺山=猪倉山は印象に残るような山ではなかったです。その東に位置する猪倉城跡から泉福寺の石仏群はよかったです。

2014/02/01(Sat) 17:58:56 [ No.244 ]

◆ 篠井富屋連峰 投稿者:みー猫  引用する 
烏ケ森さん、こんばんわ、@宇都宮さん、はじめまして。
丁度、宇都宮アルプスへ行く予定でしたので、11日の土曜日でしたが参考にさせていただきました。車道を自転車にしたので、逆コースとしまして雷電山からは、テープに沿って一旦西進下り(画像中上)突き当たった林道分岐をそのまま西進、尾根状地形(画像右上)から北進すると、右手から林道が現われそこが林道の最終点でした。そこもさらに北上し鬼山へ着きました。ところどころテープがありました。兜山は、大岩に植物がからんで独特の雰囲気でした(画像左下)。また、本山からはななころびさんが登られた記録を参考に北尾根を降りましたが、小ヤブの薄い踏み跡有り(画像中下)で、地図にマークがない神社(画像右下)に降りました。詳細情報に大感謝!本当にありがとうございました・・・・って烏ケ森さんも行かれたのですね!記事を楽しみにしております。


2014/01/12(Sun) 20:17:48 [ No.229 ]
◇ Re: 篠井富屋連峰 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
みー猫さん おはようございます。
土曜日にしようか、日曜日にしようか迷ったのですが、より天気の良さそうな日曜日にしました。土曜日だったら途中ですれ違っていたかもですね。
10人いたら9人以上は時計回りですが、さすがはみー猫さんですね。低い方の藪山から高い方を目指すなんて。
12年前に歩いた時は、兜山と鬼山をスキップしてしまい、@宇都宮さんのマップを見て、毘沙門山と大網山も追加しました。久しぶりの低山ハイキングと低山藪こぎを堪能しました。
ざっくり言って、篠井連峰は展望を楽しみながらのハイキング向き、富屋連峰は信仰の山が多いよう感じました。

写真は本山からのパノラマ


2014/01/13(Mon) 09:14:03 [ No.231 ]

◆ 大木戸の好展望地 投稿者:雪田爺  引用する 
こんにちは 雪歩き、とても楽しそうです.夏山と違った光景を堪能出来るのが良いですね.私はスノーシューを持ってないので羨ましいです.昨年、友人から借りて奥日光の庵滝へ行き、快適な歩き易さに驚き手に入れようと思っていましたが、どれが良いのか未だに購入できていません(笑)

昨日は、ヒノキガタア沢でただ一つ未訪だった三段滝へ行って来ました.今回はその沢を詰めずに、手前支沢を薬師〜三の宿稜線の1221Pと1159P間の鞍部(壊れた祠が一つと祠が2つある所)に詰め上げ、3年前の間違いを確認すべく三の宿山を目指しました.
稜線は人跡トレースはありませんでしたが、獣が多く踏んでいてくれ雪は良く締まっていて固く、沈む所でも踝程度まで、小雪はちらほらでしたが風も殆ど無く中々快適でした.大木戸山ではワカンをつけた数日前の踏跡があり、非常に楽でしたがそれにつられて南東に下りてしまい、気が付いた時は(標高差)100m位下りてしまっていました.
この時点で登り返す気力はなく三の宿を諦め、本沢林道へ下りましたが、途中ススキの開けた場所に出「画像」の様な見晴らしが出来ました.奥に(多分)夕日岳新道はじめ大芦川に落ち込む尾根群が良く見えました.又、画像にはありませんが、右に夕日岳、左に六郎地山、後ろに三の宿山などが一望でした.
目的は又後回しになり、一時落胆しましたがそれに勝るご褒美を貰い、さい先の良い今年のスタートとなりました(勝手に思い込み--笑)
以前”山きち”さんが、大木戸からの夕日岳は素晴らしいと述べていたことを思い出し、この場所がそうではないかと感慨ひとしおで風景を堪能してきました.


2014/01/12(Sun) 15:11:10 [ No.228 ]
◇ Re: 大木戸の好展望地 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
雪田爺さん おはようございます。
素晴らしい写真ですね。こんなのを見ると行ってみたくなりますね。
夕日岳〜薬師岳〜三の宿山稜線の南側には登ってみたい枝尾根がたくさんあります(まだごく一部しか登っていない)。
沢筋では棒滝しか行ったことがありません。沢遡行と岩登りはやらないと決めていますので、三滝へゆくことはありませんが、写真の場所はいつかたどってみたいです。

スノーシュはワカンに比べたら足の沈みは確かに小さいですね。吹き溜まり部や段差のある場所では、先端が反り返っているので、登りづらいこともあります。ワカンのほうが自由度があるので、こちらのほうが使用頻度は多いです。

2014/01/13(Mon) 08:46:35 [ No.230 ]

◆ 謹賀新年 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
昨年は弊HP及びBBCに訪問いただき、情報を賜りましたことをお礼申し上げます。皆様のHPやブログにはちょくちょく訪問させて頂いてはいますが、横着な性分で書き込みすることが少ないことをお許し下さい。
年々思ったような活動ができなくなってきました。これも定め仕方ないことでしょう。これからはノンビリ山行をと思うのですが、果たしてどうなりますやら。
本年の活動は写真の場所からと考えています。
皆様のご健勝とご活躍を祈ってます。


2014/01/01(Wed) 07:17:14 [ No.220 ]
◇ Re: 謹賀新年 篠井富屋連峰・初・歩き 投稿者:@宇都宮  引用する 
烏ヶ森さん、皆さん、明けましておめでとうございます。

・今年は早々に、久しぶりの山、篠井富屋連峰を初めて歩いてきました。

・毘沙門橋駐車地発(鬼山南西の橋)06:22発、中篠井登山口07:38、榛名山、男山、本山、飯盛山、高舘山、黒戸山、兜山、鬼山、雷電山、毘沙門橋駐車地着14:11でした。

・気持ちよく歩けました。特に高舘山前後のルートは、雰囲気が違い、逆光で笹やカシの緑がとても美しかったです。
・鬼山(山名板がひとつもない!)から雷電山への南東斜面下りが、何重にも重なった間伐材とトゲ薮ツル薮に閉口しました。雷電山頂上にある石祠の御神体は、可愛らしい雷神でおもしろかったです。
・マップガできたら貼らせて頂きます。作れるかな?

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

写真は、本山西側直下の篠井金山・金坑入口跡です。深さは10m位、覗くのが精一杯でした。


2014/01/03(Fri) 23:15:04 [ No.222 ]
◇ Re: 謹賀新年 篠井富屋連峰・初・歩き 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
@宇都宮さん 明けましておめでとうございます。

久しぶりに元気な山行の様子が窺えて何よりです。真似のできない@宇都宮さんのマップを待っています。
今年はぜひとも山に復帰してください。楽しみにしています。
篠井富屋連峰は、12年程前に歩きましたが、二・三抜けているようです。そのうち補いたいと思っています。

年末年始と絶好の天気が続いたのですが、例によって寝正月でした。初登りは明日か明後日となるでしょう


写真:近所の調整池に白鳥が7羽飛来しています。


2014/01/04(Sat) 08:20:22 [ No.223 ]
◇ Re: 謹賀新年 投稿者:仕事人  引用する 
 明けましておめでとうございます。

 本日、渋滞が激化する前に毎年恒例の三重県から帰ってきました。年末年始は有給休暇消化のため自主的に11連休で、そのうち8日間を三重での山登りに使いました。低山ばかりですが計29山。尾鷲市以南の地形図記載の山は完全制覇、南伊勢町や志摩市の山もほぼ制覇できました。

 あちらの薮はシダの類が強烈です。関東地方では見られない種類で、冬でも枯れず高密度で根元が絡み合って蔓薮と同等の厄介さです。おまけにダニがいるとの話も地元民に聞きました。どこに蔓延るのか事前予測が困難で出合うと最悪です。北斜面の方が無い確率が高いですが絶対に無いわけではなく。

 元日に登った馬山(まやま)の山頂標識を貼っておきます。干支の山を意識して登ることはないのですが、今回は偶然にも干支の山があり、巡回ルートの関係上、元日に登れました。山頂標識は和歌山県新宮市に本拠地がある山岳会のものらしいです。熊野の山ではよく見かけましたが、南伊勢では初めて見ました。東海や関西では関東と違って個人で付けた山頂標識が賑やかです。山頂標識皆無の山は非常に珍しいです。今回は2山だけだったかな。


2014/01/04(Sat) 15:30:41 [ No.224 ]
◇ Re: 謹賀新年 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
仕事人さん あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。
栃木や神奈川の山が終了間近で今度は三重の山ですか。すごい馬力ですね。年末年始の8日間で29座を登るなんて私には考えられません。
蔓も嫌ですが、この時期にダニがいるのもいやらしいですね。
ダニ感染症での死亡例は西日本に偏っているのはどうしてでしょう。記憶では東日本ではまだ死亡例ないようです。

今日は本年の活動開始で、那須岳の南月山(茶臼岳や朝日岳は登る人は多いが、こちらは少ないので)に登るべく大丸温泉に行きましたが、強風のため駐車場滞在5分で諦めました。
その代わりに鶏頂山に登ってきました。トレースがしっかり残っていたので、年末年始のぐうたら生活にもかかわらず比較的楽に登れました。


2014/01/05(Sun) 19:27:08 [ No.225 ]
◇ Re: 謹賀新年 マップアップ 投稿者:@宇都宮  引用する 
烏ヶ森さん、こんばんは。

‥‥大丸温泉駐車場(気温マイナス6度)に着くと先着車は10台程度。登山準備をしている姿は認められない。車内待機しているらしい。念の為に車から降りて見ると、強烈な風で山の姿は見えない。毎年一度はこんな事を経験しているので潔く諦めて次の目的地に向かう‥‥
読んでいるだけで震えましたよ。さらっと書いていて、本当に気力充分ですね。こちらは、ちょっと軟弱になりました。

マップができたので貼らせて頂きます。ちょっと大きく作ってしまいました。久しぶりの山行は満足でした。
それにしても、兜山は驚きです。宇都宮アルプス中で最も魅惑的な山です。あんな巨岩がなぜ、山頂にゴロゴロと‥あるのだろう?


2014/01/07(Tue) 23:25:28 [ No.226 ]
◇ Re: 篠井富屋連峰 マップアップ 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
@宇都宮さん  篠井富屋連峰のマップありがとうございます。
久しぶりのマップに感激です。以前のマップよりもはるかに見やすくなっていますね。現在の掲示板は2メガまでOKです。
以前歩いた時は、黒戸山から林道を下りてしまったので、兜山、鬼山と雷電山が抜けてしまいました。これ等を補うべく、@宇都宮さんのマップを春までにはトレースしてみます。

雪山はいいですね。同じルートを歩いても積雪状況によっては、全く違う山を歩いているような感じがします。
那須岳は天気(風)が読めなくって困ります。大丸温泉から南月山は、行く人が少ないようでネットでは殆どヒットしません。牛ケ首から日の出平先の鞍部までは雪が深く、展望もよくラッセルで汗をかくのが楽しみです。
写真は11年2月20日 南月山から茶臼岳を望む


2014/01/08(Wed) 12:33:06 [ No.227 ]

◆ 高山 投稿者:みー猫  引用する 
こんばんわ。
年忘れ山行お疲れ様でした。雪の高山は未踏なのですが、帰りの平坦地がどうしてもつらいようですね。自分も過去に軽いワカンを選択したくて失敗してます。あと数日ですが、未練がましく里山にゆるい歩きなど・・・出来れば社山にも休み中に行けるといいんですが・・・今年は刺激を一杯いただきましてありがとうございました。また来年もゆったりも含め(笑)お願いいたします。

2013/12/27(Fri) 22:49:43 [ No.216 ]
◇ Re: 高山 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
みー猫さん  おはようございます。
私の山行が、みー猫さんほどの方に少しでも刺激を与えているなら大変嬉しく思います。私にはどう頑張っても真似できないような歩きをされるみー猫さんに、逆に刺激を受けています。特に印象に残るのは、黒滝山〜大佐飛山〜瓢箪峠、笠ケ岳・双六岳、柳沢右俣・錫ケ岳等々・・・来年も刺激をくださるものと期待しています。

高山は、トレースがあれば大したことはないですが、降雪後のトレースなしはけっこうくたびれます。
特に危険箇所(主稜線まで夏道を通ると雪崩の危険性あるかも)はなく、特別の準備もいりません。みー猫さんならいつでもOKですね。
高山北の平坦地は、照準(男体山)を定めてまっすぐに歩く訓練になりました。


2013/12/28(Sat) 05:50:20 [ No.217 ]
◇ Re: 高山でも雪が有ると苦労するのですね 投稿者:ノラ  引用する 
烏ケ森さん こんばんは。本年は枯木山の時に色々情報ありがとうございました。
高山から降りてきてトレースないと雪で苦労するんですね。雪は恐るべしですね。いつまでも烏ケ森さんの真似が出来るように有りたいものです。
来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎えください。


2013/12/31(Tue) 20:46:44 [ No.218 ]
◇ Re: 高山 投稿者:雪田爺  引用する 
今年は(烏ケ森さんにとって)大変充実した年ではなかったでしょうか.で、締めは深雪.私もノラさん同様、烏ケ森さんの真似事を来年から頑張ってみようかな、、、と(出来るか?)

今日はここ3年ばかり続いている晦日の夕日岳を踏んできました.本沢(ナル滝のある沢)本流から成り行きでダイレクトに登ってしまいましたが、雪が深くかなり難儀でした.夕日岳へのトレースはなく、昨日今日は誰も登ってない感じでした.

又、来年も宜しくお願い、いたします.

2013/12/31(Tue) 21:58:21 [ No.219 ]

◆ 男体山 投稿者:みー猫  引用する 
おはようございます。
今年はやっぱり、雪が少ないようですね。先週、今週と雪を踏みに行ったつもりが、地面のほうが多かったように思います。このくらいだと、アイゼンだと歩きにくいので、チェーンスパイクが良いのですね。自分ではどのくらい使うのか?でしたので買うのを躊躇してましたが、スパイク付き長靴では距離が長い歩きだと懸念がありましたので◎かも。写真は昨日、赤城から遠望する日光方面です。話は変わりますが先日の社山の南西尾根、面白そうです。正直には、大ナギ右岸尾根から見て上部の傾斜が一部きつそうに見えたので懸念でした。先取りしていただいてありがたいところです。


2013/12/08(Sun) 07:00:44 [ No.214 ]
◇ Re: 男体山 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
みー猫さん こんばんは。
赤城山は霧氷の名所のようですね。昨年の1月に登った時の写真を探したら霧氷の写真も残っていました。志津からの男体山は針葉樹ばかりで、綿菓子状になってしまい霧氷は期待できないです。

チェーンスパイクは爪が約10mm(アイゼンは25mm)と短いので、使い方に注意が必要です。多少勾配がきつくても表面が締まっていればスリップしないが、急斜面の下りでは不安。積雪と地肌が交互に現れるような場所でも脱着する必要がなくて便利。さすがに舗装道歩きは足底に違和感があるので、路側の残雪部や、草付き部を歩いたりします(あくまでも距離が短い場合)。
メーカー(モンベル)の注意事項にあるように、本格的な雪山登山には避けるべきでしょう。

大平山南西尾根は標高1765への登りが急ですが、大ナギ沢右岸尾根に比べたら勾配は緩いです。
南西尾根にたどりくまでの急斜面は40度近いですが、地肌が軟らかいので靴底が沈む程度で登りやすいです。ウメコバ沢対岸の痩せ岩稜だけは要注意です(なれた人ならどうということはないのかも)。

写真は1765への尾根筋


2013/12/08(Sun) 17:14:56 [ No.215 ]

◆ 大平山南西尾根 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
足尾のRRさん ななさん  こんばんは。

松木川から南西尾根で大平山に登ってきました。
RRさんがななさんのブログに書き込んだsuggestionを先取りしてしまい申し訳ありません。
特別危険な箇所はありませんでしたが、ウメコバ沢対岸の尾根先端は痩せ岩稜(最も苦手)のため、安全第一で東隣りの藪小尾根に変えました(藪は最も得意)。
皇海山方面の展望は大ナギ沢右岸尾根よりも良好でした。

RRさんのケルンを二箇所で見かけました。写真は標高1480のケルン


2013/11/29(Fri) 21:01:16 [ No.211 ]
◇ Re: 大平山南西尾根 投稿者:足尾のRR  引用する 
鳥ヶ森の住人さんこんばんは。
大平山南西尾根行かれましたね。自分に感謝とは大変恐縮です。
実はウメコバ沢の対岸尾根は今年の9月に沢入山山頂から眺めて簡単に行けそうに見えたもので10月に行ったのですが、予想以上に簡単に南西尾根に出られたものですから。南西尾根、結構変化にとんだ良い尾根だと思うのですがいかがだったでしょうか?
末端から取り付くと完全に冒険ですが(自分もめったに行かない。過去に取り付いている方を見て自分の方が緊張しました。その方は実は自分以上に足尾のチャレンジャー)


自分の今年の足尾詣では先々週の沢入山北面が最後になりました。次回は正月以降になりそうです。
写真は沢入山北面の岩頭上のケルン


2013/12/01(Sun) 19:51:23 [ No.212 ]
◇ Re: 大平山南西尾根 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
足尾のRRさん おはようございます。
RRさんの写真は毎度のことですが、迫力がありますね。
その写真から分かりますように、南西尾根は大ナギ沢右岸尾根に比べて勾配が緩やかですね。尾根上はザレあり笹あり、樹木はリョウブからコメツガへの変化があります。展望としては松木川からオロ山に向かう岩稜や沢筋を間近にできます(貼付写真参照)。反面、松木川下流方面の展望は、大ナギ沢右岸尾根より劣るのはしかたないですね。
大平山へ登るルートはたくさんありますが、南西尾根と大ナギ沢右岸尾根は双璧と考えます。
注意:南西尾根ルートは痩せ岩稜の苦手な人は、松木川からの取付き部は工夫が必要です。


2013/12/02(Mon) 06:25:51 [ No.213 ]

◆ 旧栗山村/旧藤原町の山は一区切り 投稿者:仕事人  引用する 
 先々週と先週末の登山にて旧栗山村の地形図記載の山の残りは大日向山のみ、藤原町は高原山周辺のみとなり、やっかいな山は無くなりました。そろそろ夜間早朝の路面凍結の心配が出てきたので今年の栃木シリーズはおしまいにしようと思います。

 事前予想では標高が一番高い平五郎山が一番笹が深いと思いきや、持丸山〜横瀬山間の籔が断トツで酷かったです。県境以外は残雪期に登る必要が無いことがよくわかりました。南部に住んでいた私にとっては意外でした。

 私の場合、県南、旧日光、旧上都賀郡は完全制覇、県東部もそれなりに登っていて、残りは県北部の中低山、高原山周辺、前日光の一部と宇都宮、旧今市の低山で、この調子で登り続ければ半年くらいで県内全山終わりそうです。再来年春までに神奈川県の全山制覇狙っている都合もあるのでこれから花粉が飛び始めるまではそちらを優先したいです。

 栃木県の残りの山で一番面倒なのは長者岳ですかね。難しいというよりアプローチが悪い山になってしまったのでどう料理するか考えないと。


2013/11/25(Mon) 15:37:34 [ No.208 ]
◇ Re: 旧栗山村/旧藤原町の山は一区切り 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
仕事人さん  こんばんは。
栃木の山全座踏破もまもなくですね。(土・日)の間に栃木の低山なら10座位軽いので、全座踏破も僅かな回数で済んでしまいますね。
平五郎山は、09年10月に南側の楡の木沢林道終点付近から尾根に取付き、北側の無砂谷林道へ下山しました。確かに思ったよりは藪は薄く、山頂南の1600あたりだけ背丈程度の笹が濃かったように記憶しています。無砂谷林道へは踏跡とピンクリボンが付いていました。
長者岳は、05年4月1日の残雪期に萩平から小佐飛山経由で
14時間半で日帰り往復しました。仕事人さんなら楽々ですね。無雪期に長者岳を目指す人は、塩原側から塩那道路を利用するようです。これは面白みは全くありません。山登りは短時間で、長い林道歩)。
10年以上前に、萩平〜小佐飛山〜長者岳〜鹿又山〜瓢箪峠〜大佐飛山〜鴫内山〜萩平を確か2泊3日で周回した報告もあったように記憶しています。仕事人さんならその気になれば1泊2日も可能ではと推測します。


2013/11/25(Mon) 18:11:20 [ No.209 ]
◇ Re: 旧栗山村/旧藤原町の山は一区切り 投稿者:仕事人  引用する 
 今回の旧栗山村/藤原町シリーズは烏ヶ森さんをはじめ栃木籔山のベテラン皆さまの情報を参考にしています。あまり詳細を知ると楽しみが無くなるので、どこから入ってどの尾根を登ったか程度をざっくりと読んで頭に入れてプリントアウトせず。それでも登山道や明瞭な踏跡があるのを知らなかった山がいくつもあったので、もし事前情報収集していなければ南平山のように籔漕ぎして山頂に出たら立派な道があってガックリなんてことが何回もあったでしょう。私の場合、とにかく山頂に立てればいいので楽ができる方法を考えてます。籔漕ぎよりも登山道ですね。ただし効率が悪い道の場合は大幅ショートカットとかしますが。

 今回のエリアだと山頂標識が「掃除」されている山頂がいくつもありました。針金で取り付けられている3D標識は取るのも簡単なので影も形も無くなりますが、栃木の山紀行の山頂標識は真ん中を残して無残に引きちぎられているものばかりでした。個人で取り付ける山頂標識に関しては意見は人それぞれ、何が正しいと言える問題ではありませんが、私としては行政が標識を取り付けることが考えられないようなマイナーな山には1つは標識を残してほしいです。何らかのトラブルで現在位置が分からなくなった場合、標識で場所が確認できると安全度が高まりますので。


 今の段階では長者岳は雪がある時期に小佐飛山経由で往復しようと考えています。他の山が未踏なら周回でもやるのですが、あの界隈では長者岳のみが残りです。


2013/11/26(Tue) 19:51:11 [ No.210 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -