00033473

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


1三ノ倉から番屋のコル  / 2栃木福島県境尾根 三ノ倉から番屋のコル   / 3六林班峠西の古道跡? (1) / 4大滝不動尊 (1) / 5今年のアカヤシオ (1) / 6白根山 (1) / 7大菩薩嶺 (1) / 8本年も、 (3) / 9谷倉山(747.4m)の南東キレット (2) / 10生瀬富士 (4) / 11平川丸山 (2) / 12平滝古道 (5) / 13高原越え (5) / 14根名草-手白 (1) / 15HPアドレス変更のお願い (1) / 16平滝古道‥ (6) / 17ナイトハイク! (1) / 18南ア北部烏帽子岳(2594m)から見た奥日光 (1) / 19帝釈山北尾根 (2) / 20北アルプス蝶ヶ岳から見た奥日光〜足尾 (1) / 21西沢右岸尾根で大倉山-流石山-大峠 (1) / 22引馬峠 (4) / 23どこかな? (1) / 24アイゼンの故障 (3) / 25ど阿呆春団治には笑ってしまいました (3) / 26古賀志馬蹄形 (1) / 27編笠山は今の時期もそこそこ楽しめるのですね (1) / 28烏ケ森さんの武甲山は珍しいというか (1) / 29黒髪山 (1) / 30WINDOWS10にアップグレード (2) /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ 笹ミキ沢右岸尾根 投稿者:たそがれオヤジ ホームページ  引用する 
こんにちは。
すごいところを歩かれましたね。舟石新道の南側から庚申林道にかけての部分はまったく手つかずで、ネット記事も、ほとんどの方が沢歩きで、烏ケ森さんの今回の記事は、すごく役立ちました。そうですか、あちこちに踏み跡有りですか。いずれ、歩いてみることにいたします。
さて、1455.9m三角点。昨年の1月に行った際には、確認できたのですが。雪がかぶっていたので、掘り起こして写真を撮りました。なくなってしまうとは思えないのですが。三角点の南側には、確かに赤テープがあって、歩く人もいるんだなぁと感心したものです。
取りあえず、三角点の写真を添付いたします。私のブログにも写真は載せていますが、そちらの方がはっきりするでしょうか。


2012/11/04(Sun) 19:38:09 [ No.41 ]
◇ Re: 笹ミキ沢右岸尾根 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
たそがれオヤジさん おはようございます。
三角点1455.9のコメントありがとうございます。
この三角点は見つからなかったという記録(先刻、探してみたが見つからなかった。)が頭に残っていたので、尾根の中心部を往復しただけで、真剣に探すことはしませんでした。下草がないので、あればすぐに目に付くはずくらいの感覚でした。
先ほど再検索してみましたら、やまの町桐生の方の記録が見つかりました( http://akanekopn.web.fc2.com/soran/tonomine.html )。これによると、いつもは落ち葉に隠れている・・・とありました。当日はあまり落ち葉はなかったように記憶しているのですが、隠れていたのかもしれません。何れにしても、いい加減な調査でご迷惑をかけました。
笹ミキ沢右岸尾根は、ところどころ踏跡が残っていますが、最近ではあまり歩く人はいないようです。見かけたマーキングは一個のみ。人間が捨てたゴミ等は皆無でした。
舟石新道の下部には作業道があるようです( http://riko.ooban-koban.com/funaisi_09.htm )。
以前は林業関係者や、ハイカーがこの山域に入ることが多かったものとおもいます。

2012/11/05(Mon) 06:17:50 [ No.42 ]
◇ Re: 笹ミキ沢右岸尾根 投稿者:たそがれオヤジ  引用する 
早速のご返信ありがとうございます。
地形図で右岸尾根を眺めながら、取り付きの場所の状況はさておき、左岸尾根も歩けやしないかと思っておりましたが、上記のRRさんのホットな情報によると、こちらもマーキング有りのようですね。おそらく、沢ではなく尾根を歩かれたのでしょう。
雪の降る前に歩いてみたいとは思っているのですが。

2012/11/05(Mon) 12:24:48 [ No.44 ]

◆ 三本松から男体山へ 投稿者:宮田  引用する 
初めてメイルします。茨城県筑西市に住む、山好きジョッカー宮田です(57歳男)。
今日11月4日、三本松ルートより男体山を登りました。風もなく終日快晴。これだけ好天の日光連山は初めてです。燧岳や富士山、筑波山もよく見えました。先日の情報があったため、不安なく登れ、林道経由で駐車場に13時には着き、渋滞に巻き込まれず帰宅できました。降りてから読み返しても、極めて正確な記載です。いつも貴重な報告ありがとうございます。

2012/11/04(Sun) 18:12:24 [ No.39 ]
◇ Re: 三本松から男体山へ 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
宮田さん  はじめまして。 
私の記録が少しでも役だったようで嬉しく思います。今日は天候に恵まれて本当に良かったですね。一昨日は寒気襲来で風は強く降雪もあったようです。今日は雪も多少は残っていたかと思います。
三本松コースは廃道になって久しいのですが、未だ何とか踏跡を追うことはできますし、なんといっても静かなのが良いです。
今日くらいの天気なら展望を充分楽しむことができたと思います。条件が良いと北アも見えます。
13時に林道経由で三本松に帰着とは健脚ですね。
写真は10月5日に太郎山神社付近からのパノラマ(燧ケ岳も写っているようです)


2012/11/04(Sun) 19:19:18 [ No.40 ]

◆ 新掲示板 投稿者:山部  引用する 
烏ケ森の住人さん、こんばんは。山部です。
ご無沙汰しています。 掲示板が新しくなっていたのを知りませんでした。 先日、三本松ルートの記事を読みました。 男体山の上りは、三本松が一番快適ですね、道はしっかり残っているし、何んと言っても最後に火口壁を歩く快適さは最高です。

最近、風邪で2週間前から調子悪く床についていました。 今日から少し動きまわれるようになりました。

2012/11/02(Fri) 00:43:39 [ No.33 ]
◇ Re: 新掲示板 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
山部さん こんばんは。 
風邪で2週間もダウンですか。かなり無理されたのではありませんか。風邪は万病のもとといいますから、しっかり養生してから活動を始めてください。
今日は、足尾の笹ミキ沢右岸尾根から舟石新道経由で塔ノ峰に登り、丸石沢右岸尾根を下りました。寒気襲来で、風が強く塔ノ峰山頂では吹き飛ばされそうでした。袈裟丸山の斜面には雪がついていました。
庚申川沿いの紅葉は見頃でしたが、今日歩いた尾根筋は、パットしませんでした。
写真の紅葉は、舟石新道の笹ミキ沢付近・・・見るべきはこれだけ


2012/11/02(Fri) 19:37:12 [ No.34 ]
◇ Re: 新掲示板 投稿者:山部  引用する 
まだ、紅葉見物には出掛けていません。舟石林道には、紅葉する木は少ないのですか。 本当に寒くなってきました。 以前は寒さなんて何でも無かったのに無念です。烏ケ森の住人さんには、通用しませんが最近`歳なのかなー"なんて考えるようになりました。 早く風邪を治して歩きたいです。 赤薙山北方の三角点が二個残っているのが気がかりで、、、。 今年は無理になってきました。 舟石林道先もまだ残っているし、皆さんの元気な行動力を見ているのが楽しみです。 

2012/11/02(Fri) 23:23:21 [ No.35 ]
◇ Re: 新掲示板 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
おはようございます。
昨日歩いた範囲では、ミズナラ、リョウブ、ダケカンバ等が多く、紅葉という点ではパットしませんでした。それと紅葉前線は庚申川沿いまで下がってしまったように思われます。
舟石新道先の三角点とは? もし、塔ノ峰南東の三角点1455.9のことなら、これは亡失してしまったようです。昨日、見当たりませんでした(他のHPでも見当たらなかったとの記録があったので、確認に行ってみた)。

2012/11/03(Sat) 06:16:50 [ No.36 ]
◇ Re: 新掲示板 投稿者:Yoshi  引用する 
おはようございます。
山部さん ご無沙汰しております。

風邪が流行っていますね。私も性質の悪い風邪をひいて、会社を休みこそしませんでしたが2週連続で週末は家に引籠り状態でした。まだ完全に癒えていないので今週も紅葉狩りはお預けです。

赤薙山北方の三角点とは、1758.8と1329.6のことでしょうか。今年ある場所に行く途中で1758.8 を見ましたが、山部さん確認済みであろうと思い報告していませんでした。紅葉と違って三角点は待っていてくれますので、しっかりご養生なさってください。


2012/11/03(Sat) 08:46:09 [ No.37 ]
◇ Re: 新掲示板 投稿者:山部  引用する 
烏ヶ森の住人さん、こんにちは。

その点です有りませんか、掘り出す事はないので埋もれてしまっているようですね。 後日、ゾンデ棒(ジュラルミン製)で周囲を刺して探してみます。 中禅寺湖畔の黒檜岳三角点は二度通って突き当てました。薮をくぐりやっと到達しても標石が無いなんてことは沢山ありますが、最近は感が働き結構見つけられます。 ポイントは、今は朽ちてありませんが、三角点には必ず覘標(測標)が有って測量ではその覘標を測っていました。標石の周囲は櫓を立てるそれなりのスペースが必要で、なるべく平らな所を選んだようです。情報ありがとうございました。

yoshiさん、ご無沙汰しています。

山歩きを止めた訳でもありませんが、今年は鬼怒川の標石を探したりであまり歩いていませんでした。 烏ヶ森さんの赤薙山のページを見て、残っている点は忘れていませんので妙に気になったのです。

Yoshiさんの言う『赤薙山北方の三角点とは、1758.8と1329.6』です。私は、赤薙山から下るか、大笹牧場から沢を超えるか上栗山からか迷っています。上栗山のスキー場計画地にも1点残っています。それで尾根と鬼怒川の間完了です。

この赤薙山-女峰山の尾根と鬼怒川間の「滝沢」「高山2」「熊の沢」は、栃木の人の少ない度NO.1で今でも鮮明に覚えています。

さて、11/23 - 25の3日間、地図測量・標石拓本展を小山市文化センター・ギャラリーで開催します。(小さな所で個展)、ぜひ、皆さんの来場をお待ちしています。

http://www.geocities.jp/yabuhito_yamabe/in-index-107.html

2012/11/04(Sun) 09:17:44 [ No.38 ]

◆ 長平沢から社山 投稿者:たそがれオヤジ  引用する 
こんにちは。長平沢遡行の記事、拝見いたしました。
私も、ちょっと興味があって、以前、調べてみたのですが、皆さん沢登りのようで、尾根歩きをからめた歩きの記事がなく、自分には縁がないところかなと思っていましたが、再認識いたしました。尾根に逃げるというルートも考えれば、ある程度は楽しめるようですね。
南東尾根の取り付きの先が崩壊していましたが、この先は無理かと思ってもいました。林道は、多少、続いてはいるのですね。
さて、烏ケ森さんが、何で無料駐車場に車を置かれたのか、冒頭から気になっていました。最後には解決いたしましたが、やはりですね。先日も、展望台あたりから云々とおっしゃっていましたから。
私は、昨日、烏ケ森さんがおっしゃった、その展望台周辺のことが気になっていて、取り急ぎ、偵察だけは済ませてきました。結果は隣の尾根歩きでの撤退でした。記事の中では「RR氏尾根」としておりますが、あのキャン沢左岸尾根、取り付きは確認しておりませんが、キャン沢を少し登って、ダムを2つほど越えれば、簡単に取り付けそうなを踏み跡を目にしました。
遠くから見ると、初めのうちはザレ尾根の案配ですが、近くで見ると、意外にしっかりしているようにも見えましたよ。樹林帯に入るのも早いようでした。上はなだらかです。

2012/10/28(Sun) 16:53:56 [ No.29 ]
◇ キャン沢から赤倉山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
たそがれオヤジさん こんばんは。
一昨日昨日と連チャンお疲れ様でした。
貴ブログへのRR氏コメントのキャン沢は無料駐車場の北側の沢を指しているのではないでしょうか。一昨日、阿世潟峠からの帰路で確認したのですが、駐車場のすぐ北側(親水公園側)の橋の欄干に「キャン沢」の標識がついていました。
私は、RR氏のコメント「自分はキャン沢を挟んだ右手(上下に巨大な岩塔が見える)の尾根に取り付きましたが、出だしはフェンスの張った斜面にいばら混ざりの草のやぶ(自分にはここが核心でした。)岩稜の下部は簡単、上部の垂壁は左側から簡単にまいて岩塔の上に出られます。その先で工事現場の尾根と合流し疎林の細尾根が赤倉山山頂まで続いてます。」・・・キャン沢を挟んだ右手の尾根は無料駐車場の尾根で、たそがれオヤジさんがとりつかれた尾根だと解釈しています。RR氏の言う垂壁(は、貴ブログの写真にある撤退箇所で、RR氏はここを左に巻いて岩塔(これは私の掲示板の写真と推定)の上にでたのではないでしょうか。


2012/10/28(Sun) 20:00:33 [ No.30 ]
◇ キャン沢から赤倉山 投稿者:たそがれオヤジ ホームページ  引用する 
ご指摘ありがとうございます。
RR氏からのコメントもいただき、私の「キャン沢」の位置の認識が誤っていたことも分かりました。
ただ、あの周辺では、大畑沢の左岸尾根は取り付きもきついし、私が歩いたキャン沢の左岸尾根しかないようで、それも、工事現場の尾根となると、登るのはかなり厳しいですね。

2012/10/28(Sun) 21:28:02 [ No.31 ]
◇ Re: キャン沢から赤倉山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
おはようございます。
たそがれオヤジさんのブログへのRR氏書き込みと私の書き込みがほぼ同時刻で、昨日はRR氏コメント気づきませんでした。先刻読んでよくわかりました。「キャン沢を挟んで右手の尾根・・・」を私は右手は見る方向からと判断して左岸尾根と考えました。
弊掲示板のナンバー26の写真右側は、撮影時刻とGPSを照らし合わせると、撮影場所はキャン沢よりもひとつ北側の沢に架かる橋の親水公園側からのものです。キャン沢左岸尾根でなく右岸尾根(RR氏取付き尾根)の間違です。間違いを訂正してお詫びします。なお、ナンバー26の写真左側はキャン沢左岸尾根を松木橋上(キャン沢)から撮影したものに間違いありません。
写真: キャン沢右岸尾根  (右は○部をズーム撮影・・・岩塔らしいものが写っている) 


2012/10/29(Mon) 06:20:40 [ No.32 ]

◆ 社山 投稿者:雪田爺  引用する 
こんばんは 足尾側から、半月山、社山と精力的に歩かれていますね.どちらも紅葉の光景が見られた様で、羨ましいです.

先週、実は(皇海での)ニゴリ小屋にデポしてきてしまった荷物の回収に行ってきたのですが、帰りの三川ダム駐車場では午後3時にいました.上から登山者男性一人、男女一組が下りてきたのを覚えています.文章を読むと、烏ヶ森さんだったのですね.
 又、上の道路で工事用車両が4台程駐まっていた辺りではやはり男性登山者が摩当駅方向に歩いて行くのを(車で)追い越しましたが、、、「たそがれおやじ」さんだったのでしょうか?

長平沢から社山へは、2度行っててますがどちらも沢源頭から左岸尾根を登ってでした.地図拝見しましたが、滝左手斜面は相当厳しかったのではないでしょうか.
左岸尾根から望む南尾根は雄大に延びており、1564Pの下部には水平道と思われるものが見えます.(貼付画像2010年5月)旧営林署林道があったということですが、それでしょうか.
どちらの尾根も展望に優れているので、今度は南尾根経由で社山に登ってみようかと思っています.


2012/10/27(Sat) 17:25:22 [ No.27 ]
◇ Re: 社山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
雪田爺さん  こんばんは。
20日に銅親水公園にいらしたのですか。間違いなく私とたそがれオヤジさんです。お話しができなくて残念です。
私の目印は、首からコンパスと地形図のコピーを入れた小さなビニールケースをぶら下げています。
次には上記目印を見たら声をかけてください。
雪田爺さんの同行者が書かれた長平沢遡行記録を読んだ記憶があるのですが、出かける前に探したのですが見つかりませんでした。次の機会にはもう少し遡って見ようと思います。いざとなれば、今回のように尾根に逃げます。滝上から社山南尾根への小尾根の登りはきつかったです。這うように登った場所も多いです。鹿道は、比較的ゆるやかにジグザグについていました。沢筋から主稜線に逃げるときは、いつも急登です。この年になっても、これで身体が鍛えられると思えばこれまた楽しです(かなり痩せ我慢かな)。
1564Pの道筋は雪田爺さんの写真では明瞭ですね。私の写真では、道筋などあるとは思っていなかったので、アングルが悪く写っていません。
最近、この尾根筋を歩かれた三人の記録を読みましたが、この道筋についての記述はないようです。実際に歩いていると、獣道などと見誤ってしまうのかもしれませんね。


2012/10/27(Sat) 18:25:20 [ No.28 ]

◆ 赤倉山 投稿者:たそがれオヤジ  引用する 
先日は、奇遇にも烏ケ森さんに出会い、中禅寺山からの下りでご一緒させていただき、楽しくも、あっという間の2時間を過ごさせていただき、大変、ありがとうございました。これを機に、ちょくちょく、掲示板にも書き込みさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
さて、今回のGPSルートを拝見いたしました。バラクラ沢というのですか。何だか、興味がそそられますね。ただ、自分には、ちょっとザレ場有りの、南側の尾根末端からの登りに興味がそそられましたね。いずれ、やってみたいところです。
私のブログにコメントをいただく、足尾の山専門のRR氏が、キャン沢沿いのコースを歩かれているようですが、情報ご存じですか?岩場続きのような気がしないでもないのですが。

2012/10/23(Tue) 23:18:08 [ No.24 ]
◇ Re: 赤倉山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
たそがれオヤジさん  こんばんは。
先日はご一緒できて大変楽しかったです。
バラクラ沢なる名称は、現地の立看で初めて知りました。たそがれオヤジさんの記録に1514ピークが茨鞍山とありましたが、漢字で書くと茨倉沢らしいです(日光〜足尾山系図による・・・HPで検索)。
キャン沢なる名称は初めて聞きました。「キャン沢 足尾」で検索してみると、「中禅寺湖と間藤を結ぶ二つの峠道に挟まれた赤倉山」( http://www.shorebook.jp/ashi/yamaakakura.html )の写真から推測して、無料駐車場のすぐ先で橋を渡ったような記憶があります。これがキャン沢とおもいますが自信はありません。
足尾のRR氏はキャン沢の右手の尾根に取り付いたと記しています。もしそうだとしたら無料駐車場から取り付けるのでは?
あるいはもうひとつ南の沢かもしれません。

2012/10/24(Wed) 19:28:01 [ No.25 ]
◇ Re: 赤倉山 キャン沢 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
たそがれオヤジさん  こんばんは。
キャン沢は無料駐車場のすぐ北側の沢です。これに架かる橋が松木橋です。
本日、長平沢の最初の滝まで遡行し、高巻いて滝を越した地点で、沢遡行は次回によく調べてからということで社山南尾根に急登し、社山から阿世潟峠で戻って来ました。
写真は、キャン沢左岸尾根 (右はズームで岩塔が見えています)


2012/10/26(Fri) 20:07:08 [ No.26 ]

◆ 半月山 投稿者:ハイトス ホームページ  引用する 
初めて投稿いたします。
ハイトスと申します。
烏ヶ森の住人さんの記事は山歩きを始めた頃からずっと愛読いたしております。
又、何度参考にさせていただいたか判りません。

土曜日の半月山の頂上に先着してベンチを使っていた2人組の一人です。
今回烏ヶ森の住人さんの記事を読んで、あのときの単独行の方がそうだったのかと思い当たっております。
判っていれば単なる挨拶だけでなく、色々お話を伺えたのにと残念です。(その点たそがれさんがうらやましいですね。)
GPSがチラッと見えたのが印象的でした。(たぶん同じ機種だと思います。)
これも何かの縁と思い、自分のHPに烏ヶ森の住人さんのHPをリンクしたいのですがよろしいでしょうか。
またどこぞの群馬や栃木の山でお会い出来ることを楽しみにしております。

2012/10/22(Mon) 23:29:22 [ No.22 ]
◇ Re: 半月山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
ハイトスさん おはようございます。
半月山の記録を昨日読んだ際、時間から推測してハイトスさんご夫妻だと思いました。やはりそうだったのですね。あまりにも楽しそうに語り合っておられたので、話しかけるのを遠慮しました。お話しできるチャンスを逃してしまい残念です。休日にはあまり山行しないので、チャンスは少ないかもしれませんが、きっとどこかの山でお会い出来ると信じています。
相互リンクということでよろしくお願いします。

PS : ハイトスさんのHP記録にあるようにコンデジでズームすると色が薄いですね。デジイチはズームレンズ付きで約2kg・・・これではなかなか持ち運びできませんね。ミラーレスは未だレンズの種類が豊富でないので買う気になれません。


2012/10/23(Tue) 06:12:10 [ No.23 ]

◆ 赤倉山〜半月山〜中禅寺山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
奥日光の交通渋滞を避けて、足尾のバラクラ沢左岸尾根で赤倉山に登り、半月山展望台で紅葉を楽しみ、中禅寺山(1655)南西尾根で長手沢林道(利根倉沢林道に降りるはずでしたが私のミスで)に無事下山。
中禅寺山で追い越した方が南西尾根を下りはじめたので、声をかけたところ、ブログでいま話題沸騰中のたそがれオヤジさんでした。南西尾根をご一緒させていただきました。
偶然、たそがれオヤジさんも赤倉山〜半月山〜中禅寺山と同じルートを歩いてこられたとのこと。

中禅寺湖周辺の紅葉、特に八丁出島周辺は写真で見る限り昨年の同時期に比べて幾分遅れているようです。
写真 : 上段は12.10.20  下段は11.10.19


2012/10/20(Sat) 20:49:58 [ No.19 ]
◇ Re: 赤倉山〜半月山〜中禅寺山 投稿者:ノラ  引用する 
烏ゲ森さん こんばんは。八丁出島の紅葉は遅れているようですね。今年は1週間以上遅れているようです。私も本日,大野さん,蔵前さんと芹沢から安ゲ森山へ登り湯坂峠へ降りました。
紅葉は山頂周辺ぐらいでやっといい感じという状況でした。周りを見てもちょっと早いかなっていう感じでした。たそがれオヤジさんに偶然会われたようですが,烏ゲ森さんとたそがれおやじさんは志向が似ているので時間の問題だったのでしょうね。


2012/10/20(Sat) 21:52:53 [ No.20 ]
◇ Re: 赤倉山〜半月山〜中禅寺山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
ノラさん おはようございます。
芹沢から安ケ森山、安ケ森峠そして南尾根を下って湯坂峠というルートですか。写真は安ケ森峠付近から撮ったもので、左が土倉山、中央が1549 右手前が1418と推測しました。間違のようですね。カシミール3Dで見るとちょっと様相が異なるようです。追記 :安ケ森山からの写真と知ってカシミールで調べると良き一致しています。左から土倉山、1418、1549ですね。

土曜日に歩いたルートは前日に歩くことにしていましたが、その前夜に雨がけっこう降ったので延期しました。土日曜日等休日には原則山行はしないのですが、月曜日の天気が読めないので、一日遅れで土曜日にしました。
平日にしかも人の来ないような場所を歩くので、山での出逢いが少ないのです。たそがれオヤジさんとの出逢いは本当にラッキーでした。
今年は八丁出島の紅葉遅いですね。観光客というのはそのあたりをよく知っているのですね。駐車場の車が少ないようです。


2012/10/21(Sun) 08:21:17 [ No.21 ]

◆ 鋸山から皇海山 投稿者:雪田爺  引用する 
こんばんは、5〜7日と鋸山から皇海山へ行ってきました.宿泊はニゴリ小屋で、修復後もしっかりしており、床なども頑丈.雨漏りもなく、ややかび臭ささを我慢すれば誠に快適です.すぐ近くに沢もありますから水の心配もないんですね.

6日に松木沢を遡行し、三段の滝を見学しながらトクサ沢(左支沢)に入って駒掛山に登り、鋸山〜皇海山〜国境平〜モミジ尾根〜ニゴリ小屋(泊)と回りましたが、体力のなさで予定時間を軽くオーバー.モミジ尾根の中腹辺りで真っ暗(笑)意外にもヘッデンの強い光は標識の金属板を遠くから識別出来る程明るく照らしてくれて何の不安もなかったです.

ヘトヘトになって帰ってきましたが、道中あまり感激も湧かなかったのに、家に帰ってビールを飲みながら思い出していると何だか、嬉しい実感が沸々と.

私の場合栃百だけですが、これで困難とされる山は何とか克服出来た気がし、後は、来年のんびり登ろうと思ってます.

紅葉は、上の方が少しだけ.まだ早かったですね.


2012/10/08(Mon) 18:31:50 [ No.15 ]
◇ Re: 鋸山から皇海山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
雪田爺さん  こんばんは。
栃木百名山も雪田爺さんのように困難なコースを選んで登られるのを見ると感激です。大佐飛山は倣えますが、今回のコースで皇海山は真似できないですね。
10年10月23日に、皇海山沢(松木川の上流部)を詰めて鋸山の北側の不動沢コールに突き上げようとしたのですが、沢歩きの経験がなく、三段滝(貼付写真、シナノキ沢のすぐ先)を見て、運動靴(松木川を歩くときはいつも)では越せないと判断し(今になってみるとトライして見ればよかった)、右手を高巻いたのですがロープを持参していなかったので沢に下りられなくなり、惨めにも退散しニゴリ沢モミジ尾根、国境平、三俣山とコース変更してしまいました。
松木川を歩くときは、いつも早朝に歩くので、ニゴリ沢小屋はよったことがありません。こんな小屋を利用できるような歩き方ができるようになると、もっと面白みが出るのでしょうね。
モミジ尾根の紅葉見頃は来週から再来週のようですね。


2012/10/08(Mon) 19:09:48 [ No.16 ]
◇ Re: 鋸山から皇海山 投稿者:雪田爺  引用する 
こんばんは 烏ヶ森さんの画像は紅葉が進んでいますね.

一応、(将来の為に?)松木の上流を見ておきたいのもあって、どうせ登るのなら鋸山から周回出来るルートを検討した結果実行しましたが、危なくとしょりの冷や水になる所でした(笑)

さて、三段の滝ですが左の岩陵(といっても2m位)をよじ登りますがつま先程度の足掛かりが2ヶ所あり、これで上に上がります.滝、二段目の上には楽に下りられ後は水線を遡って行けます.

画像:フイックスロープが設置されていますので、補助的に使用出来る事で安心ですが、手掛かりも豊富なので使わなくてもOKです.

ただ、やはり運動靴は底が滑るのではないでしょうか.沢靴はそんなに重くありません.いつの日か是非試みて下さい.驚く程安心して(って過信は禁物ですが・・)歩けます.

↑ 余計な事であればお詫びします.

しかし、皇海沢を詰めて不動沢コルに登るという、、鋸山から見た限り、あの険しさでは検討もつきません.


2012/10/09(Tue) 20:44:06 [ No.17 ]
◇ Re: 鋸山から皇海山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
雪田爺さん  おはようございます。
三段滝の越し方と沢靴のアドバイスありがとうございます。
沢靴を使わない理由 :性格がカッパエビセン的ですから、沢靴を使い出すと、専門の尾根歩きに沢歩きにまで染まってしまいそうだからです。11年前に山歩きを始めたときは、絶対に雪山はやらないと誓ったのですが、アイゼンを買ったら次にピッケルとなりました。その果てに12月から5月上旬の間は殆どの山行が雪のあるところ。その二の舞を恐れるからです。
沢を歩くときは、ネットで調べて記録のない沢を選んでいます(記録がないということは、滝がなくて沢屋さんの対象にならない)。その場合、登山靴で歩きます。ザブザブする必要がある場合は引き返します。松木川(ニゴリ沢まで)は例外で、岩にコケがついていないから、運動靴でジャブジャブしています。
皇海沢を登りつめようとしたのは、極めて単純で沢屋さんが下りに使ったという記録(詳細の記述なし・・・難しい滝はなしと推測)を見て、それなら登ってみようとしたわけです。
もしも、皇海山を再チャレンジすることがあったら、地下足袋プラス草鞋(どう言うわけか、これだけは所持)でなんて考えたこともあります。でも、幸か不幸かその気力と体力はなくなりつつあります。
写真は、06年10月16日、モミジ尾根から。前回の写真は10年10月23日  年によって、紅葉の時期は結構バラついていますね。


2012/10/10(Wed) 06:42:47 [ No.18 ]

◆ 掲示板は新しくなってますね,臨時ですか? 投稿者:ノラ  引用する 
烏ケ森さん こんにちは。掲示板が新しくなってますね。前のは一時期両方とも調子悪かったようですね。笠ゲ岳といい今回の男体山といい相変わらず,烏ケ森さんらしいロング山歩きでなかなか真似が出来る例ではないのですが,奥日光は思い出したように私も後を追っています。次はツメタ沢ルートもいいかななんて。その前に三俣山がありました。男体山に人に会わないルートがあるとは。三本松から昔はルートがあったことは聞いてことがあったのですが。今回それが確認できました。

2012/10/08(Mon) 12:29:23 [ No.13 ]
◇ Re: 掲示板は新しくなってますね,臨時ですか? 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
ノラさん こんばんは。
従来の掲示板は、不調で書き込みの修正ができない状態になっています。この掲示板は、2、3年前にも不調になり、一時閉鎖しました。このプロバイダーは修正するまでに時間がかかります。無料だから文句も言えませんが。
新掲示板は山部さんが使っているものと同じです。画像が2MBまで貼れるので、暫くはこれを使う予定です。
だらだらと長時間歩くのが、大好きで10時間以下で済んでしまうと、物足りない感じです。
男体山の三本松廃ルートは、三角点2397付近から太郎山神社までが面白いです。それ以外は、鬱蒼とした針葉樹林の単調なコースでルーファンや藪漕ぎは楽しめません。
白根隠山の南東尾根歩きましたね。この尾根筋は場所的には外山南尾根とそれほど違わないのに、ヤブ密度は比較にならないほど少ないですね。奥日光のあちこちの尾根を歩いているとこんな例は多いですね。
ツメタ沢は左俣も右俣も登山靴で濡れるようなことはないです。強いて言うならば右俣の方が滝があったりで面白みはあります。美祢古滝が地形図よりも300メートルも標高が高いこともわかりました。左俣は水量はなしといっても過言ではありません。
写真は美祢古滝(標高2030、8メートル)


2012/10/08(Mon) 18:25:45 [ No.14 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -