00031570

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


1大菩薩嶺 (1) / 2本年も、 (3) / 3谷倉山(747.4m)の南東キレット (2) / 4生瀬富士 (4) / 5平川丸山 (2) / 6平滝古道 (5) / 7高原越え (5) / 8根名草-手白 (1) / 9HPアドレス変更のお願い (1) / 10平滝古道‥ (6) / 11ナイトハイク! (1) / 12南ア北部烏帽子岳(2594m)から見た奥日光 (1) / 13帝釈山北尾根 (2) / 14北アルプス蝶ヶ岳から見た奥日光〜足尾 (1) / 15西沢右岸尾根で大倉山-流石山-大峠 (1) / 16引馬峠 (4) / 17どこかな? (1) / 18アイゼンの故障 (3) / 19ど阿呆春団治には笑ってしまいました (3) / 20古賀志馬蹄形 (1) / 21編笠山は今の時期もそこそこ楽しめるのですね (1) / 22烏ケ森さんの武甲山は珍しいというか (1) / 23黒髪山 (1) / 24WINDOWS10にアップグレード (2) / 25愛宕山は桜の名所です (1) / 26好天の塩見岳 (1) / 27平滝集落 (1) / 28黒五と水晶 (1) / 29黒部五郎岳 (1) / 3019.5時間の登山っていうのは初めて聞きます (1) /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ 半月山 投稿者:ハイトス ホームページ  引用する 
初めて投稿いたします。
ハイトスと申します。
烏ヶ森の住人さんの記事は山歩きを始めた頃からずっと愛読いたしております。
又、何度参考にさせていただいたか判りません。

土曜日の半月山の頂上に先着してベンチを使っていた2人組の一人です。
今回烏ヶ森の住人さんの記事を読んで、あのときの単独行の方がそうだったのかと思い当たっております。
判っていれば単なる挨拶だけでなく、色々お話を伺えたのにと残念です。(その点たそがれさんがうらやましいですね。)
GPSがチラッと見えたのが印象的でした。(たぶん同じ機種だと思います。)
これも何かの縁と思い、自分のHPに烏ヶ森の住人さんのHPをリンクしたいのですがよろしいでしょうか。
またどこぞの群馬や栃木の山でお会い出来ることを楽しみにしております。

2012/10/22(Mon) 23:29:22 [ No.22 ]
◇ Re: 半月山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
ハイトスさん おはようございます。
半月山の記録を昨日読んだ際、時間から推測してハイトスさんご夫妻だと思いました。やはりそうだったのですね。あまりにも楽しそうに語り合っておられたので、話しかけるのを遠慮しました。お話しできるチャンスを逃してしまい残念です。休日にはあまり山行しないので、チャンスは少ないかもしれませんが、きっとどこかの山でお会い出来ると信じています。
相互リンクということでよろしくお願いします。

PS : ハイトスさんのHP記録にあるようにコンデジでズームすると色が薄いですね。デジイチはズームレンズ付きで約2kg・・・これではなかなか持ち運びできませんね。ミラーレスは未だレンズの種類が豊富でないので買う気になれません。


2012/10/23(Tue) 06:12:10 [ No.23 ]

◆ 赤倉山〜半月山〜中禅寺山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
奥日光の交通渋滞を避けて、足尾のバラクラ沢左岸尾根で赤倉山に登り、半月山展望台で紅葉を楽しみ、中禅寺山(1655)南西尾根で長手沢林道(利根倉沢林道に降りるはずでしたが私のミスで)に無事下山。
中禅寺山で追い越した方が南西尾根を下りはじめたので、声をかけたところ、ブログでいま話題沸騰中のたそがれオヤジさんでした。南西尾根をご一緒させていただきました。
偶然、たそがれオヤジさんも赤倉山〜半月山〜中禅寺山と同じルートを歩いてこられたとのこと。

中禅寺湖周辺の紅葉、特に八丁出島周辺は写真で見る限り昨年の同時期に比べて幾分遅れているようです。
写真 : 上段は12.10.20  下段は11.10.19


2012/10/20(Sat) 20:49:58 [ No.19 ]
◇ Re: 赤倉山〜半月山〜中禅寺山 投稿者:ノラ  引用する 
烏ゲ森さん こんばんは。八丁出島の紅葉は遅れているようですね。今年は1週間以上遅れているようです。私も本日,大野さん,蔵前さんと芹沢から安ゲ森山へ登り湯坂峠へ降りました。
紅葉は山頂周辺ぐらいでやっといい感じという状況でした。周りを見てもちょっと早いかなっていう感じでした。たそがれオヤジさんに偶然会われたようですが,烏ゲ森さんとたそがれおやじさんは志向が似ているので時間の問題だったのでしょうね。


2012/10/20(Sat) 21:52:53 [ No.20 ]
◇ Re: 赤倉山〜半月山〜中禅寺山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
ノラさん おはようございます。
芹沢から安ケ森山、安ケ森峠そして南尾根を下って湯坂峠というルートですか。写真は安ケ森峠付近から撮ったもので、左が土倉山、中央が1549 右手前が1418と推測しました。間違のようですね。カシミール3Dで見るとちょっと様相が異なるようです。追記 :安ケ森山からの写真と知ってカシミールで調べると良き一致しています。左から土倉山、1418、1549ですね。

土曜日に歩いたルートは前日に歩くことにしていましたが、その前夜に雨がけっこう降ったので延期しました。土日曜日等休日には原則山行はしないのですが、月曜日の天気が読めないので、一日遅れで土曜日にしました。
平日にしかも人の来ないような場所を歩くので、山での出逢いが少ないのです。たそがれオヤジさんとの出逢いは本当にラッキーでした。
今年は八丁出島の紅葉遅いですね。観光客というのはそのあたりをよく知っているのですね。駐車場の車が少ないようです。


2012/10/21(Sun) 08:21:17 [ No.21 ]

◆ 鋸山から皇海山 投稿者:雪田爺  引用する 
こんばんは、5〜7日と鋸山から皇海山へ行ってきました.宿泊はニゴリ小屋で、修復後もしっかりしており、床なども頑丈.雨漏りもなく、ややかび臭ささを我慢すれば誠に快適です.すぐ近くに沢もありますから水の心配もないんですね.

6日に松木沢を遡行し、三段の滝を見学しながらトクサ沢(左支沢)に入って駒掛山に登り、鋸山〜皇海山〜国境平〜モミジ尾根〜ニゴリ小屋(泊)と回りましたが、体力のなさで予定時間を軽くオーバー.モミジ尾根の中腹辺りで真っ暗(笑)意外にもヘッデンの強い光は標識の金属板を遠くから識別出来る程明るく照らしてくれて何の不安もなかったです.

ヘトヘトになって帰ってきましたが、道中あまり感激も湧かなかったのに、家に帰ってビールを飲みながら思い出していると何だか、嬉しい実感が沸々と.

私の場合栃百だけですが、これで困難とされる山は何とか克服出来た気がし、後は、来年のんびり登ろうと思ってます.

紅葉は、上の方が少しだけ.まだ早かったですね.


2012/10/08(Mon) 18:31:50 [ No.15 ]
◇ Re: 鋸山から皇海山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
雪田爺さん  こんばんは。
栃木百名山も雪田爺さんのように困難なコースを選んで登られるのを見ると感激です。大佐飛山は倣えますが、今回のコースで皇海山は真似できないですね。
10年10月23日に、皇海山沢(松木川の上流部)を詰めて鋸山の北側の不動沢コールに突き上げようとしたのですが、沢歩きの経験がなく、三段滝(貼付写真、シナノキ沢のすぐ先)を見て、運動靴(松木川を歩くときはいつも)では越せないと判断し(今になってみるとトライして見ればよかった)、右手を高巻いたのですがロープを持参していなかったので沢に下りられなくなり、惨めにも退散しニゴリ沢モミジ尾根、国境平、三俣山とコース変更してしまいました。
松木川を歩くときは、いつも早朝に歩くので、ニゴリ沢小屋はよったことがありません。こんな小屋を利用できるような歩き方ができるようになると、もっと面白みが出るのでしょうね。
モミジ尾根の紅葉見頃は来週から再来週のようですね。


2012/10/08(Mon) 19:09:48 [ No.16 ]
◇ Re: 鋸山から皇海山 投稿者:雪田爺  引用する 
こんばんは 烏ヶ森さんの画像は紅葉が進んでいますね.

一応、(将来の為に?)松木の上流を見ておきたいのもあって、どうせ登るのなら鋸山から周回出来るルートを検討した結果実行しましたが、危なくとしょりの冷や水になる所でした(笑)

さて、三段の滝ですが左の岩陵(といっても2m位)をよじ登りますがつま先程度の足掛かりが2ヶ所あり、これで上に上がります.滝、二段目の上には楽に下りられ後は水線を遡って行けます.

画像:フイックスロープが設置されていますので、補助的に使用出来る事で安心ですが、手掛かりも豊富なので使わなくてもOKです.

ただ、やはり運動靴は底が滑るのではないでしょうか.沢靴はそんなに重くありません.いつの日か是非試みて下さい.驚く程安心して(って過信は禁物ですが・・)歩けます.

↑ 余計な事であればお詫びします.

しかし、皇海沢を詰めて不動沢コルに登るという、、鋸山から見た限り、あの険しさでは検討もつきません.


2012/10/09(Tue) 20:44:06 [ No.17 ]
◇ Re: 鋸山から皇海山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
雪田爺さん  おはようございます。
三段滝の越し方と沢靴のアドバイスありがとうございます。
沢靴を使わない理由 :性格がカッパエビセン的ですから、沢靴を使い出すと、専門の尾根歩きに沢歩きにまで染まってしまいそうだからです。11年前に山歩きを始めたときは、絶対に雪山はやらないと誓ったのですが、アイゼンを買ったら次にピッケルとなりました。その果てに12月から5月上旬の間は殆どの山行が雪のあるところ。その二の舞を恐れるからです。
沢を歩くときは、ネットで調べて記録のない沢を選んでいます(記録がないということは、滝がなくて沢屋さんの対象にならない)。その場合、登山靴で歩きます。ザブザブする必要がある場合は引き返します。松木川(ニゴリ沢まで)は例外で、岩にコケがついていないから、運動靴でジャブジャブしています。
皇海沢を登りつめようとしたのは、極めて単純で沢屋さんが下りに使ったという記録(詳細の記述なし・・・難しい滝はなしと推測)を見て、それなら登ってみようとしたわけです。
もしも、皇海山を再チャレンジすることがあったら、地下足袋プラス草鞋(どう言うわけか、これだけは所持)でなんて考えたこともあります。でも、幸か不幸かその気力と体力はなくなりつつあります。
写真は、06年10月16日、モミジ尾根から。前回の写真は10年10月23日  年によって、紅葉の時期は結構バラついていますね。


2012/10/10(Wed) 06:42:47 [ No.18 ]

◆ 掲示板は新しくなってますね,臨時ですか? 投稿者:ノラ  引用する 
烏ケ森さん こんにちは。掲示板が新しくなってますね。前のは一時期両方とも調子悪かったようですね。笠ゲ岳といい今回の男体山といい相変わらず,烏ケ森さんらしいロング山歩きでなかなか真似が出来る例ではないのですが,奥日光は思い出したように私も後を追っています。次はツメタ沢ルートもいいかななんて。その前に三俣山がありました。男体山に人に会わないルートがあるとは。三本松から昔はルートがあったことは聞いてことがあったのですが。今回それが確認できました。

2012/10/08(Mon) 12:29:23 [ No.13 ]
◇ Re: 掲示板は新しくなってますね,臨時ですか? 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
ノラさん こんばんは。
従来の掲示板は、不調で書き込みの修正ができない状態になっています。この掲示板は、2、3年前にも不調になり、一時閉鎖しました。このプロバイダーは修正するまでに時間がかかります。無料だから文句も言えませんが。
新掲示板は山部さんが使っているものと同じです。画像が2MBまで貼れるので、暫くはこれを使う予定です。
だらだらと長時間歩くのが、大好きで10時間以下で済んでしまうと、物足りない感じです。
男体山の三本松廃ルートは、三角点2397付近から太郎山神社までが面白いです。それ以外は、鬱蒼とした針葉樹林の単調なコースでルーファンや藪漕ぎは楽しめません。
白根隠山の南東尾根歩きましたね。この尾根筋は場所的には外山南尾根とそれほど違わないのに、ヤブ密度は比較にならないほど少ないですね。奥日光のあちこちの尾根を歩いているとこんな例は多いですね。
ツメタ沢は左俣も右俣も登山靴で濡れるようなことはないです。強いて言うならば右俣の方が滝があったりで面白みはあります。美祢古滝が地形図よりも300メートルも標高が高いこともわかりました。左俣は水量はなしといっても過言ではありません。
写真は美祢古滝(標高2030、8メートル)


2012/10/08(Mon) 18:25:45 [ No.14 ]

◆ 三本松からのルート 投稿者:ななころび ホームページ  引用する 
こんにちは、三本松からのルートのレポ参考になります。
ルーファンなど適度の緊張も必要なロングルートのようですので、来年行ってみたいと思います。朝露がさほど不快にならない夏場が狙い目でしょうか。男体山はもう20年近く登頂していないので、楽しみです。私の”行きたい山リスト”へ追加しておきます。
平日の男体山でもそんなに人が来ているのですか、普段誰にも会わないのがフツーの山にいくことが多い自分には不思議な感覚です。登山ブームなんでしょうか。もちろん三本松から山頂部まではだれもいなかったと思いますが・・・

2012/10/07(Sun) 09:23:58 [ No.10 ]
◇ Re: 三本松からのルート 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
ななころびさん  こんにちは。
三本松からのルートは廃道になって20年位(??)は経っているものと思われ、踏跡はかなり薄くなっています。でも立木に記入した赤ペンキは残るものですね。鹿柵内の笹原を除けば、踏跡を見失っても迷うような場所はないです。笹原内も丁寧に赤ペンキを探せば心配するほどでもないです。
笹原の露については雨具上下着用を30分我慢すれば済みます。むしろ夏よりもこれからの時期の方が露の点からも、紅葉面からも良いのではないでしょうか。
このルートで面白いのは三角点2397付近から山頂までです(写真)。その他は鬱蒼とした針葉樹林内の踏跡をたどるだけです。
百名山は平日でも登山者は多いですね。栃木の百名山では、男体山、白根山、那須岳しかりですが、皇海山は平日なら少ないようです。以前、松木川から皇海山に登った時には11時半皇海山着で人には出合ませんでした。百名山65座に登ってますが、百名山で人に出会わなかったのはこの時だけです。


2012/10/07(Sun) 16:11:32 [ No.12 ]

◆ もしかして 投稿者:モモクリ ホームページ  引用する 
今日、旧登山道途中のクリフウセンが一個倒れていたのは、誰かが通ったのだと思ってましたが、前日に通られた跡だったのでしょうか?
三本松からの登山道が閉鎖されてから、熊笹藪の背丈が年々高くなって、藪こぎが大変です。

2012/10/06(Sat) 21:25:17 [ No.8 ]
◇ Re: もしかして 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
モモクリさん はじめまして

クリフウセンがきのこであることを初めて知りました。確かに一昨日、旧道を通ったのは私です。クリフウセンを踏んづけた意識はないのですが、知らない間に踏んでしまったようです。今後はより注意深く歩きたいと思います。
笹薮は鹿柵出口までで、平均で胸丈程度に伸びています。ヤブ慣れしない方には苦痛でしょう。藪やにとってどうということはありません、今の時期は露で濡れるほうがいやらしいです。
写真の左は鹿柵入口付近、右は鹿柵出口付近。


2012/10/07(Sun) 07:19:47 [ No.9 ]
◇ Re: もしかして 投稿者:モモクリ ホームページ  引用する 
鹿柵からの赤ペンキは下山方向を示すために付けたそうですが、昔の道と違ったルートになっているので、あれを辿って降りてくると最後に間違った所に出てしまいます。
昔はしっかりした道があって歩きやすくて、傾斜がきつくなる所からは逆に熊笹があったのですが、鹿の食害で大きく変わってしまいました。
私はキノコ屋でガーミンも持っていないので藪は苦手ですね。

2012/10/07(Sun) 12:11:46 [ No.11 ]

◆ http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mhorie/ 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
ななころびさん はじめまして。訪問有難う御座います。

貴ブログはしょっちゅう読ませていただいているので、初めてという気がしません。栃木のヤブ山や尾根歩きではほんの僅か先行している私の記録を参考にしていただきありがとうございます。
リンクの件ですが、相互リンクということで早速リンクさせていただきました。
高薙山へは、残雪期に一度、無雪期に二度行っています。一番思い出に残っているのは、キャリア二回目の残雪歩きで於呂倶羅山経由でピストンしたことです。そのうち刈込湖から登って見ようかと考えています。
北ア笠ケ岳は、ななころびさんの記録を事前に読んでいたので、様子がわかり暗闇でもなんの支障もなく登ることができました。


2012/10/03(Wed) 18:11:13 [ No.6 ]
◇ リンクありがとうございます。 投稿者:ななころび  引用する 
こんにちは。先日はリンク承認しただきましてありがとうございました、まして相互にリンクを貼っていただけるとは・・・
私の粗ブログを読んでいただいていたとの事、ネットでも研究熱心な烏ヶ森さんなら一度くらいは私のブログに当たってたとしても、素通りくらいかなと思っておりました。まして直近の笠ヶ岳レポを参考にしていただけたとか、本当はほとんど参考になっていないと思いますが、言っていただけるだけで感激でございます。
高薙山はなぜかまた行きたくなる山です。切込湖からの計画とか・・・私がそのルートを登れるか考えてしまいました。西沢金山から金田峠に行った時その先の1971m峰までは行きまして、そこまでは結構道もわかり高薙山へ行けそうな気がしました。高薙山頂上に着けば北東尾根は経験済みなので降りられると思います。金田峠から切込湖へ降りるルートを探しながら歩いたのですが、何ヶ所かそれらしい所ありましたが古道部分ははっきりしませんでした。切込湖から金田峠の鞍部に登るのが私には大変そうだと思います。来年になると思いますが、私も高薙山にどこかのルートから登るような気がします。

2012/10/04(Thu) 22:17:07 [ No.7 ]

◆ 笠ヶ岳、すごい歩きですね 投稿者:ななころび ホームページ  引用する 
こんにちは、はじめまして。今市のななころびと申します。烏ヶ森さんのブログ、尊敬の念と共にちょくちょく拝見させていただております。自分がヤブを全然知らない時期に、白根隠の東側から稜線に直登するようなレポを見て、こんなことしている人がいるんだ、と思ってから烏ヶ森さんのファンになっています。いつぞや拝見した高薙山のレポ、読んでも頭の中がぐちゃぐちゃして理解がまとまらず、一生行けるわけがないと思ったものでした。
今回、笠ヶ岳日帰りレポ読ませていただきました。実は私、今年の9・16,17で笠に山小屋泊で同ルートで行ってまいりましたので、ルートの長さ身をもってわかっております。0時出発の18時間以上のお歩き、はっきり言って驚きです。とても軟弱な自分には真似のできない事ですが、少しでも烏ヶ森さんに近づけるよう精進するという大目標をもっております。今後もあまり無理せず山を続けていただき私に刺激を与えていただきたいと思います。おかげで、高薙山にも何とか登れましたし・・・
最後になりましたが、私めの粗ブログに烏ヶ森さんのブログをリンクさせていただきたいと思います。問題等ございましたら遠慮なく言ってください。烏ヶ森さんのブログ、リンクできたら非常にありがたいことです。なぜなら”日光連山ひとり歩き”は無形文化財級であると感じているからです。(私のブログタイトルは”日光山系 ななころびのあの山の向こうに”です。)

2012/10/03(Wed) 14:54:34 [ No.5 ]

◆ 無題 投稿者:hosoya  引用する 
烏ケ森さん、こんにちは
またまたロングコースですね。私たちも今年は早月尾根を歩きたいと考えていましたが、暑すぎる、日が短くなったなどということで実行できませんでした。言い訳を考えているようではだめですね。
霧ヶ峰は40年余前に友達と行きました。コロボックルヒュッテがぽつんと建っているだけの何にもない高原でした。3年前に行きましたら大観光地になっていてびっくりしました。コロボクルヒュッテも立派なホテルになっていました。深田久弥が
歩いたのは何にもない霧ヶ峰だったと思います。

2012/09/29(Sat) 19:53:31 [ No.3 ]
◇ Re: 無題 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
hosoyaさん お久しぶりです。
元気にご活躍の様子でなによりです。また、どこかの山でひょっこりお逢いしたいものです。
初めて北アへ行ったのは06年9月に早月尾根で劔岳でした。その後も槍ヶ岳、薬師岳、鹿島槍ヶ岳、白馬岳を年一で日帰りしています。今回の笠ケ岳は、苦手の岩道プラス体力の衰えで、もっともきつかったです。新穂高温泉から奥穂高岳の日帰りをいつの日にかと思っていたのですが、今回、笠ケ岳からその急斜面を見て、自分には無理だと諦めました。
霧ヶ岳は現在では立派な道路が敷設されているので、山に登る人より観光客のほうが圧倒的に多いですね。
深田久弥氏は多分(調べないで申し訳なし)かなり低いところから登ったのでしょう。今みたいに道路が敷設されいたら、百名山にしたかどうか、疑問です。
写真は登山口から車山山頂(気象観測ドーム)


2012/09/30(Sun) 09:38:52 [ No.4 ]

◆ 掲示板変更と北アの笠ケ岳 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
従来の掲示板(文字、画像とも)が不調なので、当面この掲示板をご利用ください

年一の北ア訪問の一環で、昨日、新穂高温泉から笠ケ岳をピストンしてきました。天気に恵まれ山頂からは360度の大パノラマを楽しんできました。
写真は笠ケ岳からのパノラマ・・・黒部五郎岳・薬師岳・剣岳・立山・槍ヶ岳・穂高岳・富士山(写真では見えない)・南アルプス等が写っています。
紅葉は杓子平付近の草紅葉が始まりました。


2012/09/29(Sat) 05:55:18 [ No.1 ]
◇ Re: 掲示板変更と北アの笠ケ岳 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
参考までにカシミール3Dで作成した画像を貼付します。

2012/09/29(Sat) 06:09:00 [ No.2 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -