00033582

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


1三ノ倉から番屋のコル  / 2栃木福島県境尾根 三ノ倉から番屋のコル   / 3六林班峠西の古道跡? (1) / 4大滝不動尊 (1) / 5今年のアカヤシオ (1) / 6白根山 (1) / 7大菩薩嶺 (1) / 8本年も、 (3) / 9谷倉山(747.4m)の南東キレット (2) / 10生瀬富士 (4) / 11平川丸山 (2) / 12平滝古道 (5) / 13高原越え (5) / 14根名草-手白 (1) / 15HPアドレス変更のお願い (1) / 16平滝古道‥ (6) / 17ナイトハイク! (1) / 18南ア北部烏帽子岳(2594m)から見た奥日光 (1) / 19帝釈山北尾根 (2) / 20北アルプス蝶ヶ岳から見た奥日光〜足尾 (1) / 21西沢右岸尾根で大倉山-流石山-大峠 (1) / 22引馬峠 (4) / 23どこかな? (1) / 24アイゼンの故障 (3) / 25ど阿呆春団治には笑ってしまいました (3) / 26古賀志馬蹄形 (1) / 27編笠山は今の時期もそこそこ楽しめるのですね (1) / 28烏ケ森さんの武甲山は珍しいというか (1) / 29黒髪山 (1) / 30WINDOWS10にアップグレード (2) /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ 中倉山 投稿者:足尾のRR  引用する 
冬の中倉山、いいですよね。自分も毎冬に1回は行きます。あの寒々とした風景がたまらなくすきです。ちなみに林道の踏みあとは前日にかみさんと散歩した跡です。これからも冬の山歩き、気を付けて頑張って下さい。

2013/01/27(Sun) 17:32:39 [ No.71 ]
◇ Re: 中倉山、塔の峰 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
足尾のRRさん おはようございます。

仁田元沢林道の踏跡はRRさんご夫妻のものとは夢にも思いませんでした。超バリエーションルート歩きをされるRRさんもご夫妻でノンビリと歩かれることもあるのですね。
無雪期は登山道歩きよりは、展望があまり期待できない藪尾根歩きがメインです。でも、冬山だけは展望の尾根歩きが大好きです。中倉山と大平山、阿世潟から社山、那須岳からの展望が特に気に入っています。
中倉山から見た塔の峰(写真の左端)へ行ってみたくなり調べていたら、たそがれさんのブログにRRさんも行かれる予定だったことを知りました。積雪期の塔の峰はwebでヒットしないので、不安に思っていました。登る人がいるのを知って意を強くしました。今シーズン中には、と思っています。


2013/01/28(Mon) 07:38:20 [ No.72 ]
◇ Re: 塔の峰 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
足尾のRRさん  こんばんは。

今日も性懲りなく那須岳へ行くつもりでした。早朝に起きて那須岳ロープウェイ付近の風速をネットで調べたら、那須岳ライブは故障なのか、「ページが見つかりません」とつれない返事。
那須岳は諦めて(三週連続)、丸石沢右岸尾根から塔の峰を急遽トライするとにしました。
自宅発4時(那須岳へ行くつもりいたでいたので、この時刻になってしまった)では、鈍足故に時間切れの可能性大と覚悟して出発しました。
案の定、明るいうちに下山は無理と判断し、日ケ峠で退却しました。もう2時間早く出発していたら往復できたのではと思います。
私よりも足の早い人なら、明るいうちに往復は充分可能だと思います。ワカンは持参したが使いませんでした。使いたい箇所(ツボ足で膝下ラッセル)は三箇所ほどありました。


2013/01/29(Tue) 18:47:17 [ No.73 ]

◆ 新年 投稿者:雪田爺  引用する 
明けましておめでとうございます.

昨年もお会いする事は叶いませんでしたが、いろいろ情報等ありがとうございました.

本年も宜しくお願いいたします.

昨年暮れ、自分の中で何となく恒例になってしまった様な夕日岳に、東大芦川から支沢を詰めて又登ってきました.今回は前日(その又前日?)の雪のせいか、他の人の足跡は皆無でしたね.登ってる途中は晴れだったのに頂上に着いたら曇ってきて風が強く雪も舞ってきて寒く休憩もせずとんぼ帰りでした(笑)

帰路の夕日岳新道は難所の岩場が凍っていて、緊張しました.1294P(オオ○ッチ?)から大滝の卍へ下りる計画でしたが1120尾根分岐をミス.827Pを経て芦沢(滝マーク)右岸を下降し林道へ.しかし、車を大滝駐車場に駐めておいた為、結果オーライでした.


2013/01/02(Wed) 20:32:35 [ No.62 ]
◇ Re: 新年 投稿者:ノラ  引用する 
烏が森さん 雪田爺さん あけましておめでとうございます。この掲示板も新年早々調子悪そうでしたがもう大丈夫のようですね。
烏が森さんは大きくなったお孫さんと正月を楽しくお過ごしと思います。昨年は烏が森さんの古い記録をいくつか後追いしましたが,又今年もいくつか実行しそうです。烏が森さんが歩いておられない尾根が少ないのでどうしても後追いになるのですが。今年も面白いコースを紹介して下さい。
雪田爺さんの記録は私は真似のしようがないので読むだけですが。滝の様々な姿を見て感心しております。昨年の大佐飛山の記録は凄かったです。
本年もよろしくお願いします。

2013/01/02(Wed) 21:11:56 [ No.63 ]
◇ Re: 新年 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
ノラさん 雪田爺さん  明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
孫達も大きくなると、受験勉強だとかそれぞれ都合があって、以前のように一堂に集まることがなくなりました。もう3、4年もすれば寄り付かなくなってしまうのではと危惧するようになりました。
年末年始の休暇も終え、山に行く人が少なくなる明日は初歩きを考えています。鹿沼の尾根をノラさんの跡追いです。
今年は、無雪期の大佐飛山と日光三界岳の山頂を踏むのが最大の目標です。これができないようなら、以降は歳相応の山歩きにグレードダウンすることになるでしょう。
夕日新道は帰路の岩場が嫌らしいですね。岩場が凍結しているとなおさらです。「オオ○ッチ」懐かしい名称です。標識の一部が剥がれて「オオホノチ」と読めたので、暫くはそう思っていましたが。「「オオボッチ」の一部が剥がれたのだと解明されて、がっかりした覚えがあります。オオボッチなんてありふれていますが、オオホノチは意味不明でロマンがあっていいですね。私は今でもオオホノチと思っています。
今年も元気に山や沢歩きを楽しみましょう。


2013/01/03(Thu) 05:53:53 [ No.64 ]
◇ Re: 新年 投稿者:雪田爺  引用する 
ノラさん 新年おめでとうございます.

滝ばかり見て、その撮影したフイルムをどうしようか整理整頓の私は頭を悩ませております(笑) 大佐飛山は(私には)ちょっと無謀で、あれでは日帰りと言えませんね.
奥鬼怒イノマタ沢、ノラさんともうお一方の記録を何度も読み、今年の撮影計画を考えている所です.

烏ヶ森さん こんにちは オオ○ッチ=オオボッチなのですね.意味不明な名称に出合うと、想像が膨らみ結構楽しいものがあります.
昨日は、飛駒(黒沢西川)から野峰〜丸岩岳を登ってきましたが、遅く出た為奈良部山まで届かず、林道終点から847Pを通り尾根を下りましたが、踏み後(ペンキマークは少しテープはなし)があって思ったより楽でした.画像:その尾根、760m付近


2013/01/05(Sat) 17:19:38 [ No.65 ]
◇ Re: 新年 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
雪田爺さん おはようございます。
野峰、丸岩岳や奈良部山は懐かしい山です。数年前には冬場には盛んに栃木南部の尾根歩きを楽しみました。
一昨日は久しぶりにノラさん等の記録を参考に鹿沼の笹目倉山から石尊山を縦走し、その南東尾根を下ってきました。久しぶりの地形図読みは楽しめました。でも写真のような作業道があちこちで尾根直下まで登ってきているので緊張感に欠けます。
最後は植林の尾根でうす暗くて地形図が見えなく弱りました。老眼鏡を忍ばせとけばよかったのですが、低い山歩きとなめてははいけませんね。


2013/01/06(Sun) 08:24:25 [ No.67 ]
◇ Re: 新年-笹目倉山-石尊山 投稿者:ノラ  引用する 
烏が森さん こんにちは。笹目倉山から石尊山ー南東尾根縦走ご苦労様です。烏が森さんならではのロングコース頭がさがります。私の2回に分けたコースを1回でこなしてしまうのですから凄いです。笹目倉から石尊山の間は随分と作業道が出来てますね。私が歩いた五年前にはあまり来てなかった記憶があります。石尊山の南東尾根は降ると難しいでしょうね。植林が枝払いされてない所が多く顔に枝がこすれて不快ですし,尾根の途中で分岐するような所も多く私では歩き通すのは無理だなっておもってました。そこを暗くなりかかりで行かれるのだからさすがですね。

2013/01/06(Sun) 12:12:19 [ No.68 ]
◇ Re: 新年-笹目倉山-石尊山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
ノラさん  こんばんは。
ノラさんが鶏鳴山分岐からの落葉の積もった急勾配尾根を下っていたので、これで勇気付けられました。この記録がなかったら、今の時期に下る気になったか疑問です。
笹目倉山〜石尊山間は作業道だらけです。今はトラクターでいとも簡単に作業道を作ってしまうようです。
石尊山南東尾根は下るには難しかったですが、そのかわり久しぶりに地形図読みを楽しめました。
今までは、老眼鏡はテントの中でしか使ったことがなかったのですが、最近視力がだいぶ落ちたようです。翼状片の影響もあるのかもしれません。医者によると、翼状片になると乱視がひどくなるようです。これからは老眼鏡はサングラス同様に必ず持参することにします。

2013/01/06(Sun) 17:16:18 [ No.70 ]

◆ 鹿沼石尊山 投稿者:たそがれオヤジ ホームページ  引用する 
遅ればせながら明けましておめでとうございます。
本年もまた烏ケ森さんのお歩きを参考にさせていただきます。よろしくお願いいたします。
さて、低山とはいえ、正月早々にすごい歩きをされていますね。笹目倉から石尊山への通しの歩きは目にしたことがないような気がします。やはり、下の車道歩きが長くなる懸念があるためでしょうか。なるほど、唐沢付近に車を置けばいいだけの話ですよね。そんな単純なこと、思いもつきませんでしたよ。
石尊山からの下り、ノラさんのコメントでは、あのつぶれた石祠のすぐ脇に踏み跡があるとのことでしたが、私には気がつかずに素通り。また、栃木の山紀行氏はそこまで下っていないようです。おそらく、烏ケ森さんと同じルートだったのではないでしょうか。
いずれにせよ、今回のお歩き、えらく参考になりましたよ。

2013/01/06(Sun) 08:16:35 [ No.66 ]
◇ Re: 鹿沼石尊山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
たそがれオヤジさん  明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。
石尊山からの下りは、栃木の山紀行氏の地図を出掛け前に見ておきました。それで、朽ちた石祠を見る前に南尾根から離れてしまいました。帰ってから再度チェックすると同氏の別の記録で石祠の位置がもう少し下であることを知りました。初めての下りでは踏跡を見つけるのは非常に難しいですね。初めての一発勝負なら石尊山の社のあたりからコンパス頼りに急斜面を下ったほうが、所定の尾根に早くたどり着けるような気がします。同氏は事前に林道・殿の入線(私の記録では名称を知らなかったので鍛冶谷林道としています)から登っているので作業林道を把握できたのだと思います。
楽しみたいなら、一発勝負での下りをリコメンドします。
三角点625〜笹目倉山間は625〜石尊山よりは地形が単純でどちら廻りでもルートキーピングは変わりないと思います。ただ、今の時期は鶏鳴山分岐からの下りは落葉で滑りやすいので注意が必要です。

2013/01/06(Sun) 15:25:19 [ No.69 ]

◆ 大平山 投稿者:たそがれオヤジ  引用する 
烏ケ森さん、こんにちは。
今年最後のお歩きでしたか。私は、年内はまだ、低山をいくつか歩いてみるつもりでおります。
チェーンスパイクの長短、しかと確認させていただきました。
実は、烏ケ森さんのチェーンスパイク導入を知り、私も早速、購入いたしましたが、今の段階で未使用です。どうも、大平山記事を拝見する限り、今季は使えそうもないようですね。烏ケ森さんに実証していただいた感じで恐縮しております。
少し早いですが、来年もまた、烏ケ森さんのお歩きを期待させていただきます。

2012/12/25(Tue) 08:37:14 [ No.60 ]
◇ Re: 大平山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
たそがれオヤジさん  こんばんは。
年内に、まだ歩かれるとのこと羨ましいです。 残念ながら私は大平山で今年はお仕舞いです。
チェーンスパイクの最適用途は夏場の雪渓歩きや冬場の低山歩きとされています。webで検索するとメリットについては多数見かけます。全くそのとおりなんですが、デメリットについてはあまり見かけません。
自分なりの結論を以下に述べてみます
最大の長所は表面が凍結している場所での使用です。例:1.凍結した林道歩き・・・轍の上を歩ける(足の沈みがなく楽)。凍結箇所が断続する場所・・・舗装路を歩いても不快感が少ない(長時間については不明)。2.冬場の低山で凍結が断続する場所・・・着けたり脱いだりしないで済む。3.凍結していれば軽アイゼン(4〜6本爪)よりは雪面をよくとらえてくれる。
最大の欠点は気温が上がると団子になり易い。新雪でも腐れ雪でも。(写真参照:12年2月20日=大丸温泉から茶臼岳の復路、12月21日の大平山でも復路で団子成長)
小さな欠点としては表面が緩んでいるとアイゼンに比べると上滑りしやすい。生靴(生足なる言葉があるのだから生靴があっても良い???)に比べたら上滑りは少ない。
重さはチェーンスパイクは400グラム、6本爪軽アイゼンは500グラムでほとんど差がないが、装脱着の容易さは、断然チェーンスパイクに分があるので、軽アイゼンよりはチェーンスパイクを持参する。


2012/12/25(Tue) 17:58:32 [ No.61 ]

◆ 大平山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
安蘇沢林道から大平山に登って来ました。先週(12/13)は安蘇沢林道の積雪は35cmもあり、大平山は断念しました。昨日リベンジに出かけ、なんとか大平山の山頂を踏むことができました。
林道の残雪は薄く、歩行の支障にはなりませんでした。これなら尾根歩きも楽勝と思ったのもつかの間、積雪は予想よりもはるかに多く、向う脛程度のラッセルの連続でした。
ワカンを持参すべきでした(アイゼンは不要、軽アイゼンくらいは持参したほうが良い)。


2012/12/22(Sat) 07:15:56 [ No.59 ]

◆ 山部藪人氏の地図測量、標石拓本展 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
地形図記載の栃木の山283座全踏破と特徴ある山名板でお馴染みの山部藪人さんの地図測量、拓本展に行って来ました。
過去数年間の地図測量標石の調査研究の一環で蒐集された標石拓本は見事なものです。標石や地図に興味のある方にお薦めします。
場所 : 小山氏文化センター一階
日時 : 11月23日(金)〜25日(日)
詳細は: 
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/3266/in-index-107.html 参照


2012/11/24(Sat) 15:49:06 [ No.56 ]
◇ Re: 山部藪人氏の地図測量、標石拓本展 投稿者:山部薮人 ホームページ  引用する 
烏ケ森の住人さん、こんにちは。

ご来場、ありがとうございました。おかげ様で無事終了できました。未だ疲れがとれません。3日間で120名を越える方が見えられ1人での対応で皆様には行き届かぬ対応になってしまったように思っています。ノラ氏との引馬峠から標石Gに入りこだわりの標石拓本です。
私も後に知ったのですが、地図黎明期から栃木は関係し「不・几号水準点」「御料局」「山林局・主」「那須西原基線」「河川の基標」「旧省庁の標石」など豊富な種類の標石のデパートです。
これからもよろしくお願いいたします。

2012/11/27(Tue) 12:13:53 [ No.58 ]

◆ 大佐飛山 投稿者:タカハシ  引用する 
烏ヶ森の住人様、はじめまして。

豊富な山歩きのレポート参考にさせていただいております。
黒滝山〜大長山の記事を読ませていただき、五万人(?)の中の一人として投稿させていただきます。
少し前ですが、11/3に百村山登山口から大佐飛山の日帰りをしてきました。

参考になる情報や写真がなく申し訳ないですが、私の行動記録です。

百村山登山口(3:40)− 百村山(4:20)− 三石山(4:50)− サル山(5:30)− 山藤山(6:00)
− 黒滝山(6:50)− 西村山(7:35)− 大長山(9:10)− 大佐飛山(11:00)− 大長山(13:00)
− 西村山(14:15)− 黒滝山(15:10)− 山藤山(15:50)− サル山(16:10)−三石山(16:30)
− 百村山(16:50)− 百村山登山口(17:30)

レポート中にありましたが、大長山〜大佐飛山の尾根の藪密度はそれまでとは比較できないくらいに上がります。
特に大長山を過ぎて大佐飛山へと進路を変えてからは針葉樹とシャクナゲの藪が壁の様になっており10mの直進も不可能な程の密藪です。
地形的に斜度が緩めの北側斜面を進むことになると思いますが、想像するよりも長くコメツガの枝が伸びているのでよけながら進むのに苦労するかもしれません。
密藪の突破以外は難しい場所もほとんどないと思われます。

レポートを読むと3:7で挑戦しないとのことですが、黒滝山へ明るくなる頃に到着できればチャンスは十二分だと思われます。
ぜひ挑戦していただき、詳細なレポートしていただければと思います。

2012/11/14(Wed) 21:14:07 [ No.54 ]
◇ Re: 大佐飛山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
タカハシさん はじめまして。
この時期に黒滝コースでの大佐飛山日帰りは快挙ですね。敬意を表します。
私自身が栃木百名山に挑戦もせずに、過日はHPで厳しいことを書きました。栃木百名山の全踏破に12.7.16の雪田爺さんや今回のタカハシさんのようなチャレンジングな方がいるのを知って勇気付けられました。(注:ざっと数えたら90近くは登っていますが、羽黒山、鷲子山、松倉山等県東部の山々は自分の山歩きの対象には今のところなっていないからです。)
お二方の記録を参考に、来年の5月、稜線上の残雪が消える頃に再挑戦します。脚力が年々衰えているので来年が最後のチャンスになるかもしれませんが。
またの訪問をお待ちしています。

2012/11/15(Thu) 07:01:15 [ No.55 ]
◇ Re: 大佐飛山 投稿者:山部薮人 ホームページ  引用する 
タカハシさん、初めまして。
烏ケ森の住人さん、先日はありがとうございました。

私も、『この時期に黒滝コースでの大佐飛山日帰りは快挙ですね。敬意を表します。』同感です。それを成し遂げられるには地図読みや地形読みは勿論、体力と精神力そして全てをコントロールする冷静さでしょう。タカハシさんはそれを持っている事を証明されました。
必ずしも、全山歩いたとか、難しい山へ行けたなどはそれぞれの山歩き目標であり貴重と思っておりますが、これはこだわり方でそれぞれの目標の階段。この時期の大佐飛山日帰りはそれうちの階段の上の方、これからもいろいろなこだわりの山の挑戦を楽しみにしています。快挙、快挙、バンザイ、すばらしい。

2012/11/27(Tue) 11:57:01 [ No.57 ]

◆ 長平沢と中禅寺山南西尾根 投稿者:たそがれオヤジ ホームページ  引用する 
こんにちは。早速、両方ともに挽回されましたね。
長平沢登りは、ある意味、新ルートの開拓ですね。沢登りは無理でも、何とか、自分でも歩けそうな気がしてまいりました。もう、この時期ですので、来季にでも後追いさせていただくことにいたしましょう。
中禅寺山の南西尾根も、無事に下られたようで。想像だけでしたが、やはり、利根倉沢林道に出会うようですね。前回は、確かに右寄りに下りましたから、分岐にはまったく気づきませんでしたが、心持ち左寄りに下れば大丈夫ということですね。納得です。

昨日、笹ミキ沢の東側の尾根から塔の峰に行ってきました。右岸尾根ほどの這いつくばっての急斜面ではなかったのですが、やはり、下はなかなか急でしたね。帰路は烏ケ森さんのルートをそのまま使わせていただきました。微に入り細に入りの解説記事でしたので、本当に助かりましたよ。ありがとうございます。

2012/11/11(Sun) 18:54:28 [ No.48 ]
◇ Re: 長平沢と中禅寺山南西尾根 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
笹ミキ沢左岸尾根〜塔の峰〜丸石沢右岸尾根周回お疲れ様でした。笹ミキ沢左岸尾根の下部は岩ありで結構厳しかったですね。丸石沢右岸から1286経由で三角点(1455)を通る方が一般的なように思います。
丸石沢と笹ミキ沢の間はまだまだ楽しめるルートはありそうですね。
長平沢の遡行は藪山を歩いている人なら誰でもできますね。トレッキングシューズで全然問題ありませんでした。
苦労は最終の滝(二条20m)を越して社山南東尾根に登る間の急登だけです。社山南東尾根の最上部(登山道直下)よりは厳しいです。写真は標高1230の沢筋・・・こんな感じのところが多い。
中禅寺山南西尾根の標高1400で尾根が分岐しています。尾根幅がひろいので、ぼんやり歩いていると分岐しているのを見逃してしまいそうです。


2012/11/11(Sun) 20:12:09 [ No.49 ]
◇ Re: 長平沢と中禅寺山南西尾根 投稿者:雪田爺  引用する 
こんばんは 長平沢〜社山、お疲れ様でした.相変わらずの詳細なレポにより、遡行した時の記憶が蘇ります.又、動画も良く撮れていて、動画を殆ど撮ったことのない私には驚きで、私も今度から撮ってみようかなと思い始めています.ところで、30m階段状滝手前に1本のカエデがあったと思いますが、その紅葉は終わっていたのでしょうか?

昨日は安蘇沢上流のカラ沢にある滝を見て南尾根〜社山と登ってきました.予定では南尾根を下ろうと思ってましたが、滝撮影などで時間を費やしてしまい、社山(14:00)で暗くなってしまうと、初めての南尾根はちょっと不安と言う事で幾度か通った事のある阿世潟から林道のルートとしました.

それにしても、煙害のせいもあるのでしょうが南尾根に登る際の展望の良さは南尾根も同様に、素晴らしかったです.


2012/11/11(Sun) 20:53:51 [ No.50 ]
◇ 長平沢と中禅寺山南西尾根 投稿者:たそがれオヤジ ホームページ  引用する 
なるほど。お写真を拝見する限り、何とか自分でも…。ですね。早いとこ歩いてしまおうかな、なんて愚かなことを考えてしまいましたよ。

2012/11/11(Sun) 21:58:18 [ No.51 ]
◇ Re: 長平沢と中禅寺山南西尾根 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
雪田爺さん おはようございます。
長平沢の階段状30m滝手前にカエデがあったかどうか、全く記憶がありません。色づいていたという印象は残っていません。。
社山南尾根は低いので、展望範囲は限られますが、足尾の山々が楽しめます。ルーファンもそれほど難しくはなく、尾根末端に近い雨量観測所(1012)まで下ろうとすれば要注意箇所は二箇所のみ。いつの日にか下りに利用してください。

2012/11/12(Mon) 09:04:13 [ No.52 ]
◇ Re: 長平沢 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
たそがれオヤジさん おはようございます。
10以上の滝があっても、靴を濡らすこともなく歩ける沢はあまりないと思います。
いつの日にか、ぜひ歩いてください。

2012/11/12(Mon) 09:07:58 [ No.53 ]

◆ 湯西川の紅葉 投稿者:雪田爺  引用する 
笹ミキ沢右岸尾根、お疲れ様でした.今度、笹ミキ沢の(撮影)遡行の際に、帰路として使用してみようかと思っています.

昨日は、栗山沢本流を(撮影)遡行してきました.沢、1100m付近で打ち切り左岸尾根から1452m付近の稜線に上がりました.1383Pから降りる途中の(紅葉)景色は素晴らしかったです.堂々した日向明神、優しい山容の明神ヶ岳から落ちる斜面は正に錦秋.ただ、左岸尾根の登りがきつく思ったより時間がかかってしまったため、明るくありません.

樹林の下から見上げる紅葉はさほどでないと思っていたので、滝撮影に時間を多く費やしてしまいました.しかし、こうして遠望する景色は素晴らしくもう少し早い時間だったらと、悔やまれました.

モノレール軌道線跡から一つ石への下降点が今回も見つからず適当に降りたので今回もイバラ藪に突っ込み痛い思いをしました.学習能力の乏しさを露見した次第です(笑)あそこに下降点の目印とか、あるのでしょうか?


2012/11/05(Mon) 14:29:29 [ No.46 ]
◇ Re: 湯西川の紅葉 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
雪田爺さん  こんばんは。
笹ミキ沢右岸尾根は、ヤブも岩もなく、笹ミキ沢遡行の復路として楽に歩けるとおもいます。
明神ヶ岳は奥深い山ですね。05年5月に高土山から日向明神(1518)、明神ヶ岳(1594)、湯西明神1574)と歩き1192からは一ッ石に降りる予定でしたが、モノレイルに引きずられえて、北西尾根でフリウギ沢橋の袂に下りてしまいました。地形図から見ると、1192で三つに別れる尾根筋で一ッ石へ下る東尾根が一番わかりづらそうですね。
05年当時も1383の東から1192経由でフリウギ沢橋(旧道)まで設置してありました。今でもレールは残っているようですね。撤去するよりは放置したほうが費用がかからないからでしょうかね。
紅葉前線はかなり下がって来ましたね。1200メートル程度まで下がっているようです。
貼付写真は先日の丸石沢右岸尾根の1100mで写した隣の尾根の様子です。


2012/11/05(Mon) 18:04:46 [ No.47 ]

◆ 1455メートル三角点 投稿者:足尾のRR  引用する 
はじめまして、おはようございます。何時もレポート楽しく拝見させていただいております。
昨日塔の峰から1455メートル三角点の尾根を下降した際、三角点を探しましたらありました。場所は峠から100メートル南、例のブリキマークから10メートル南、周りの枝が鋸で切られたピークの笹の中にありました。さらに下には何カ所かマーキングがありましたが庚申川に近づくにつれ無くなりました。(また熊にも会いました)
足尾のレポートは何時も参考にさせていただいております。次回のレポート楽しみにしております。

2012/11/05(Mon) 07:41:37 [ No.43 ]
◇ Re: 1455メートル三角点 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
足尾のRRさん  はじめまして。たそがれオヤジさんのブログでRRさんのコメント拝見しています。足尾周辺に関して造形が深いですね。いつも感心しながら読ませていただいてます。
三角点の件、ご指摘ありがとうございました。三角点付近を唯歩いたに過ぎず、丁寧に探さなかったことを反省しています。ないと思いながら歩いたので、例のブリキマークや踏跡に関心が移り、肝心な点が抜けてしまいました。
よく熊に遭いますね。私は11年の山歩きで一度も熊を見かけたことがありません。鈴を鳴らしながら、ガサガサとやかましく歩いているせいでしょうか。出会い頭はクワバラクワバラですが、一度くらいは遠くから姿を見てみたいと思っています。

2012/11/05(Mon) 12:58:16 [ No.45 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -