00032000

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


1大滝不動尊 (1) / 2今年のアカヤシオ (1) / 3白根山 (1) / 4大菩薩嶺 (1) / 5本年も、 (3) / 6谷倉山(747.4m)の南東キレット (2) / 7生瀬富士 (4) / 8平川丸山 (2) / 9平滝古道 (5) / 10高原越え (5) / 11根名草-手白 (1) / 12HPアドレス変更のお願い (1) / 13平滝古道‥ (6) / 14ナイトハイク! (1) / 15南ア北部烏帽子岳(2594m)から見た奥日光 (1) / 16帝釈山北尾根 (2) / 17北アルプス蝶ヶ岳から見た奥日光〜足尾 (1) / 18西沢右岸尾根で大倉山-流石山-大峠 (1) / 19引馬峠 (4) / 20どこかな? (1) / 21アイゼンの故障 (3) / 22ど阿呆春団治には笑ってしまいました (3) / 23古賀志馬蹄形 (1) / 24編笠山は今の時期もそこそこ楽しめるのですね (1) / 25烏ケ森さんの武甲山は珍しいというか (1) / 26黒髪山 (1) / 27WINDOWS10にアップグレード (2) / 28愛宕山は桜の名所です (1) / 29好天の塩見岳 (1) / 30平滝集落 (1) /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ 大佐飛山 投稿者:Yoshi  引用する 
烏ヶ森の住人さん こんにちは。

22日の大佐飛山の写真拝見しました。何枚か自分の写真(2004年4月10日撮影)と比較してみたところ、雪の量が全く同じでした。まさに、今が絶好のチャンスですね。

このまま推移するのであれば、雪の少なかった2009年ほどではないにせよ、少なくとも栃木県では残雪歩きを楽しめる期間が例年より短そうです。

2013/03/23(Sat) 16:26:17 [ No.93 ]
◇ Re: 大佐飛山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
Yoshiさん  こんばんは。

元気にご活躍の様子何よりです。
ヤマレコ記録を見て、今が大佐飛山の適期と判断して行って来ました。本当は、鴫内山ー西村山−大佐飛山ー黒滝山の周回を考えていたのですが、腰の調子が悪く、急遽計画変更で黒滝山経由の大佐飛山ピストンになりました。コースコンディションは最高で往路では靴底が沈む程度でした。復路では気温上昇で、膝までの踏み抜きは数回ありましたが、トレースを追っている限り踝まで沈むようなことはありません。04年4月16日に、Yoshiの記録を見て初めて大佐飛山に行ったときは、復路では踏み抜きに悩まされた記憶が残っています。
今年は、降雪は多かったのかもしれませんが、その後の気温上昇で解けるのが早まっているようです。
参考までに大佐飛山山頂の積雪状況の写真を貼付しておきます。同じ角度から撮っていれば良いのですが、性格が大雑把なので撮影アングルはまちまちですが積雪の多寡は推測できると思います。


2013/03/23(Sat) 18:36:27 [ No.94 ]

◆ 下郷町北西部の山 投稿者:仕事人  引用する 
 今週末も花粉を避けて南会津へ行きました。先週の高温とは打って変わって平年並みの気温推移で、朝方の雪の締まりは最高で、大型連休を思わせる雪質でスノーシュー不用でした。午後は雪が緩んでワカンは使いましたが、この時期でつぼ足でほぼ沈まないとは思いませんでした。先週の高温の雪解けが効いているのかもしれません。稜線の雪庇が大きく割れている個所がありました。

 土曜日は高倉山〜横山〜立岩山と周回し、日曜日は三引山〜焼山〜大滝山と変形周回でした。高倉山では平成8年の私が見た中では一番新しいM大標識がありました。横山の西のピークでは巨大雪庇が発達し大展望。その時の写真を貼り付けます。日焼けしそうな(たぶんしたと思います)天気でした。

 これだけ天気がいいと熊が冬眠から起きだすかもしれません。まだ今シーズンは熊さんの足跡は見ておりません(カモシカの足跡は多数あり)。

 今回の標高でも雪が解けて地面が見える個所では藪は無さそうでした。高倉山でも南の肩で笹があっただけで、横山に延びるなだらかな尾根の笹は薄かったので、やっぱり標高1300mくらいまでは藪は薄いようです。横山は濃いかも。近くの神籠ヶ岳は激笹藪でしたから。


2013/03/18(Mon) 11:52:58 [ No.86 ]
◇ Re: 下郷町北西部の山 投稿者:ノラ  引用する 
仕事人さん こんばんは。それにしても凄いですね。残雪期だと高倉山−横山−立岩山と周回できるのですか。相当距離ありますね。仕事人さんならではではないでしょうか?水引高倉山は夏に行った時はM大プレートは見れませんでした。確かに山頂付近は籔すくないですが,そこまでが結構ありました。写真是非見せてください,お願いします。

2013/03/18(Mon) 21:44:07 [ No.87 ]
◇ Re: 下郷町北西部の山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
仕事人さん ノラさん  おはようございます。

いつもながら遠望写真に見とれます。これを楽しみにしています。雪景色は夏景色に比べて雄大に見えるから大好きです。
今シーズンは残雪歩きが短そうですね。先週、前黒山から明神岳を歩いた時に、雪が予想よりも少なく、しかもよく締まっているのにはびっくりしました。
ヤマレコには大佐飛山の記録も載っていました。例年よりも1週間以上は早いようです。
行きたい山が多すぎて、どこにするか迷ってしまいます。県外にも足を伸ばしたいのですが、スタッドレスに難があるので残念です。

2013/03/19(Tue) 05:29:15 [ No.88 ]
◇ Re: 下郷町北西部の山 投稿者:仕事人  引用する 
 さすがノラさん、高倉山は無雪期に登られたのですね。ご苦労様でした。ブログ見ましたが無雪期なら当然のルート取りかと思います。私の場合、まだ時期的に残雪期として早く、日当たりがより良くて雪の締まりが期待できる南向きの尾根を選択しました。過去の経験として籔は雪庇部分を除いて雪の残りが多い方が濃く、東向きの尾根は最後まで雪が残るので籔が濃かったのではと想像しています。

 少なくとも私が登った南尾根は、地面が見えていた部分が大半でしたが籔は最後の1250mの急な尾根から1270m肩しかありませんでした。ここは左に迂回して笹の島を避け、稜線に接近すると残雪でした。GPSの軌跡と高倉山までのいくつかの写真を貼り付けます。

 所要時間はこんな感じでした。

 沢口集落−(2時間11分)−高倉山−(1時間41分)−横山−(1時間28分)−立岩山−(1時間ちょうど)−沢口集落


2013/03/19(Tue) 05:44:35 [ No.89 ]
◇ Re: 下郷町北西部の山 投稿者:仕事人  引用する 
 烏ヶ森さん、おはようございます。このままの気温で推移すると、今年の積雪は多かったのに雪解けは早いかもしれません。桜の開花も記録的な早さらしいですし。今年は東京は4月に入ったら葉桜かもしれません。

 南会津の道路ですが、たぶん早朝でなければ凍結は無いと思います。先週で集落の最低気温は-6℃。朝だけは日中に溶けた雪の水が路面上で凍っていました。大きな道路だとほとんど心配はないと思われます。ただし、今の時期は冬型の気圧配置になるとまだ雪が降るので天候だけは要注意ですね。私の場合、今年購入の最新型スタッドレスに4WD(といっても2WD車ベースなので本格的なやつではありませんが)なので、凍結についてはかなり助かっています。今シーズンは長野で1回だけ凍結した急坂が登れなくてチェーン装着しました。もう手慣れているので10分くらいしかかかりません。

 しかし、先々週、先週の2回の南会津では夏タイヤでも大丈夫な状態でした。凍結個所は先週末のみで数か所、しかも平地でしたので、ゆっくり走れば古いスタッドレスでも大丈夫かと思います。一番安全なのは気温が低下する真夜中までに現地に入って仮眠して、早朝に動き出して下山は気温が落ちる夜までとし、車を使うのは真夜中から朝を避けることでしょうか。

2013/03/19(Tue) 05:46:34 [ No.90 ]
◇ Re: 下郷町北西部の山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
仕事人さん アドバイスありがとうございます。

早朝に山に出かけるスタイルが身についてしまったので、前夜のうちにというのは仲々難しいです。
来年は、車を買い換えるか、タイヤを何とかするか・・考えてみたいです。
近所の寒桜(写真左)と緋寒桜(写真右)が開花しています。ソメイヨシノは現在蕾ですから、あと1週間先くらいかと思います。


2013/03/19(Tue) 13:23:59 [ No.91 ]
◇ Re: 下郷町北西部の山 投稿者:ノラ  引用する 
仕事人さん 烏が森さん こんばんは。仕事人さんルートマップと写真ありがとうございます。南尾根は登ってないので今度はこれを使って何処まで行けるか4月ごろにトライしてみようかと思います。神籠ゲ岳はまだ宿題で残してますのでまずそれが先でしょう。
烏が森さん 桜の写真ありがとうございます。小佐飛,長者も今年は雪が少ないようなので大佐飛も5月の連休は薮が出てしまうかもしれません。

2013/03/19(Tue) 21:53:15 [ No.92 ]

◆ 松倉山、家老岳 投稿者:仕事人  引用する 
 黒滝股山の翌日は松倉山と家老岳へ。天気予報は寒冷前線の通過で北に行くほど悪く、南会津でも後天が予想され、天候によっては松倉山のみと考えていましたが、松倉山到着時点で暑いくらいの晴れだっため続行。松倉山へは羽塩沢沿いの雪に埋もれた林道を歩いて南西尾根末端から。計算通り山頂付近まで尾根上の西側は雪が消えて楽できました。松倉山山頂付近では古い足跡の痕跡がありました。たぶん1週間以上前でしょう。

 その後は部分的に地面が出ている個所もありましたが、家老岳まで概ね残雪。地面が見える個所に藪はありませんでした。標高1300m以上は残雪の連続で、この付近で寒冷前線の通過に遭遇、ガスって視界が低下、気温も14℃から0℃まで急降下。家老岳山頂もガスの中。標識が2つあり、予想外に昨日のものと思われる単独の足跡が。往路の林道歩きで足跡があったのを思い出し、まさかと思いましたがその通りでした。下りは1218m峰から北西尾根を計画していましたが、足跡の主もここを往復していました。

 家老岳から西尾根を歩いている間は雪が締まって快適。先人はつぼ足でしたがスノーシューの私と同じくらいしか沈んでいませんでした。北斜面に入って雪が緩むとつぼ足の苦労の跡があちこちに。下りならまだいいでしょうけど登りはきつかったでしょう。林道歩きが一番沈み込みがひどかったようです。


2013/03/11(Mon) 16:20:39 [ No.80 ]
◇ Re: 松倉山、家老岳 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
家老岳は無雪期の08年5月16日に登っていますが、松倉山は登ってません。
家老岳のM大プレートとやまな板は健在ですね。
家老岳も積雪期にと思っていたのですが、いつの間にか沙汰止みになってしまいました。
賞味期限はとっくに切れて消費期限も怪しいスタッドレスでは不安で遠出ができないのも一因かな? それとも歳のせいかな?


2013/03/13(Wed) 08:29:45 [ No.83 ]
◇ Re: 松倉山、家老岳 投稿者:仕事人  引用する 
 会津田島から東側の山は残雪期にほとんど登ったことがないのですが、今回の経験からすると標高1300mくらいまでなら無雪期の方が楽に登れるような気がします。来週は藪が深そうなもう少し奥地まで行こうかと思案中ですが、冬型になると奥に行くほど悪天の確率も高く悩むところです。

 私は花粉症なので、4月いっぱいは関東の山(北部を除く)は登れませんので、必然的に残雪の山ばかりとなります。昨年は花粉が少なく楽だったのですが、今年はひどいですね。外に出ると目が痒いのではなく痛いです。花粉が無い場所に移動して目を洗ってアレルギーの目薬をさしても2時間くらいは痛いまま。部屋、布団をいくら掃除しても24時間空気清浄機を回しっぱなしにしても完全に花粉を除去できないようで、特に寝ている間に目が痒く、熟睡できないのがつらいです。その点、先週末は天国でした。会津田島でも少しは花粉を感じましたが関東と比較したら別世界でした。

2013/03/13(Wed) 18:50:22 [ No.84 ]
◇ Re: 松倉山、家老岳 投稿者:ノラ  引用する 
仕事人さん,烏が森さんこんばんは。おっしゃる通り南会津は1300m以下は薮が少ない山が多いようです。2007年11/7に行った時の三角点です。山名板は無かったようです。

2013/03/13(Wed) 21:06:20 [ No.85 ]

◆ 黒滝股山 投稿者:仕事人  引用する 
 お久しぶりです。やっと烏ヶ森さんの活動範囲に足を伸ばせたので軽く報告します。烏ヶ森さんが登ったことがあるのは知っていましたが、今回は久々の残雪の山で力試しの意味もあり事前調査なしで地形図を見ただけでルートを考えました。ただし、結果的に烏ヶ森さんが撤退した時と同じルートになってましたが。

 天気予報で気温が高いとなっていたので覚悟していきましたが、予想通りスノーシューでも踏み抜き多発でした。しかも北尾根から攻めたのでただでさえ日当たりが悪いし、予想外の展開で途中からアスナロ樹林で日影になるとは・・・。でも烏ヶ森さんが登った時期より早かったため雪はそこそこ多く、時々穴に落ちたり雪の締まりがなく段差乗り越えに苦労しましたが、どうにか我慢の限界を超えずに済みました。

 黒滝股山山頂は低いアスナロだけで展望良好、M大標識は雪面ギリギリでした。県境までは痩せた雪庇の連続でしたが籔は全て埋もれていました。県境も雪が付いていましたが、顔を出した石楠花等から無雪期の藪の程度を垣間見ることができました。


2013/03/11(Mon) 14:58:52 [ No.78 ]
◇ 黒滝股山県境からの展望 投稿者:仕事人  引用する 
黒滝股山南側の県境からの展望写真です。この時期に県境を縦走できたら気持ち良さそうです

2013/03/11(Mon) 15:01:40 [ No.79 ]
◇ Re: 黒滝股山 投稿者:ノラ  引用する 
仕事人さん こんばんは。烏が森さんより先に返信を書くのは気がひけますが,黒滝股山に行ったという久しぶりの記録を見ると黙っていられません。M大のプレートはまだありますね。でも黒滝股山は県境の山としては薮はひどくないですから。残雪期は展望いいでしょうね。薮の無い時とは解放感が違うと思います。こういう写真見ると又行ってもいいかなって思いますから不思議ですね。

2013/03/12(Tue) 22:37:23 [ No.81 ]
◇ Re: 黒滝股山と家老岳 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
仕事人さん 久しぶりです。そろそろ書き込があるのではと期待していました。
黒滝股山は07年11月8日に大川林道から登りました。今回の仕事人さんのルートでは08年3月16日にトライして、途中で吹き溜まりをスノーシューで越えられず断念してしまいました。大概のヤブは突破する気概はあるのですが、吹き溜まりの突破(特にスノーシューでは)すぐに諦めてしまうようです。大川林道側から残雪期にと、当時は思っていたのですが、最近はあまりファイトがわかなくなってしまいました。
黒滝股山のM大プレートは、健在ですね。県境尾根も無雪期よりは、雪景色の方がはるかに見栄えがしますね。
積雪期に県境尾根を歩けたら楽しいでしょうね。臆病なせいか雪庇歩きが苦手で、とてもじゃないがというところです。大川峠からから那須岳までは、つなぎつなぎで無雪期にごく一部を除いては歩いています。ヤブは思ったほどではありません。ただし、ピークを越すときは、薮密度が高いです。


2013/03/13(Wed) 08:19:21 [ No.82 ]

◆ 蓼科山 投稿者:みー猫  引用する 
こんばんわ、鳥ケ森さん。
初めてコメントさせていただきます。
雪山は足跡をつけて登るが好み・・・というのは
実に同感です。楽しみは人それぞれなのでトレースを
期待することも否定はしませんが・・・爽快な展望があっても
・・・自己満足なんでしょうね。静かな歩きも・・。
私の場合別の日に懲りずに天狗にまで行きましたが(笑)
色々なアイテムを使いこなされている記事も楽しみに
しております。今後とも色々と参考にさせてくださいね。

2013/02/26(Tue) 23:25:18 [ No.76 ]
◇ Re: 蓼科山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
みー猫さん はじめまして。みー猫さんのブログやたそがれさん等々のブログへのコメントを毎日のように目にしていますので、初めてという感じはありません。
みー猫さんの広範囲の活動と健脚には感心しながら読ませていただいています。
自分は性格が少しばかり変わっていますから、人があまり歩かない場所を好むようです。でも最近は脚力が落ちて、思ったような歩きができなくなりつつあるのが残念でたまりません。あと何年、今のような歩きができるか、わかりませんが年寄りの冷や水になるぬ程度に頑張ってみようと思ってます。
今シーズンは、どういうわけか那須岳に行きたい日(行ける日)と天気がマッチしません。来週もマッチしなければ、天狗岳もありうるかもです。
写真は蓼科山頂から北八ケ岳と南八ケ岳


2013/02/27(Wed) 18:13:41 [ No.77 ]

◆ 塔の峰 投稿者:足尾のRR  引用する 
慣れないスマホでのメールの為、乱文失礼しました。

2013/01/29(Tue) 21:25:03 [ No.75 ]

◆ 塔の峰鳥 投稿者:足尾のRR  引用する 
鳥ケ森さんこんばんは。行動が早いですね。
自分も早くかたずけたいのですが休みが月4日程度しかない為なかなかチャンスをつかむのが難しいです。次回の休みは先日の事故処理になりそうです。塔の峰南面は意外と雪が少ないのですね、自分は舟石新道からを狙っていたのですが南面のほうが良いのかも。
自分も足は遅いほうなので特に景色が良いとしょっちゅうタバコを吸ってしまいます。
日ケ窪峠の雪景色いいですね。雪の舟石新道も歩いてみたく

2013/01/29(Tue) 21:18:37 [ No.74 ]

◆ 中倉山 投稿者:足尾のRR  引用する 
冬の中倉山、いいですよね。自分も毎冬に1回は行きます。あの寒々とした風景がたまらなくすきです。ちなみに林道の踏みあとは前日にかみさんと散歩した跡です。これからも冬の山歩き、気を付けて頑張って下さい。

2013/01/27(Sun) 17:32:39 [ No.71 ]
◇ Re: 中倉山、塔の峰 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
足尾のRRさん おはようございます。

仁田元沢林道の踏跡はRRさんご夫妻のものとは夢にも思いませんでした。超バリエーションルート歩きをされるRRさんもご夫妻でノンビリと歩かれることもあるのですね。
無雪期は登山道歩きよりは、展望があまり期待できない藪尾根歩きがメインです。でも、冬山だけは展望の尾根歩きが大好きです。中倉山と大平山、阿世潟から社山、那須岳からの展望が特に気に入っています。
中倉山から見た塔の峰(写真の左端)へ行ってみたくなり調べていたら、たそがれさんのブログにRRさんも行かれる予定だったことを知りました。積雪期の塔の峰はwebでヒットしないので、不安に思っていました。登る人がいるのを知って意を強くしました。今シーズン中には、と思っています。


2013/01/28(Mon) 07:38:20 [ No.72 ]
◇ Re: 塔の峰 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
足尾のRRさん  こんばんは。

今日も性懲りなく那須岳へ行くつもりでした。早朝に起きて那須岳ロープウェイ付近の風速をネットで調べたら、那須岳ライブは故障なのか、「ページが見つかりません」とつれない返事。
那須岳は諦めて(三週連続)、丸石沢右岸尾根から塔の峰を急遽トライするとにしました。
自宅発4時(那須岳へ行くつもりいたでいたので、この時刻になってしまった)では、鈍足故に時間切れの可能性大と覚悟して出発しました。
案の定、明るいうちに下山は無理と判断し、日ケ峠で退却しました。もう2時間早く出発していたら往復できたのではと思います。
私よりも足の早い人なら、明るいうちに往復は充分可能だと思います。ワカンは持参したが使いませんでした。使いたい箇所(ツボ足で膝下ラッセル)は三箇所ほどありました。


2013/01/29(Tue) 18:47:17 [ No.73 ]

◆ 新年 投稿者:雪田爺  引用する 
明けましておめでとうございます.

昨年もお会いする事は叶いませんでしたが、いろいろ情報等ありがとうございました.

本年も宜しくお願いいたします.

昨年暮れ、自分の中で何となく恒例になってしまった様な夕日岳に、東大芦川から支沢を詰めて又登ってきました.今回は前日(その又前日?)の雪のせいか、他の人の足跡は皆無でしたね.登ってる途中は晴れだったのに頂上に着いたら曇ってきて風が強く雪も舞ってきて寒く休憩もせずとんぼ帰りでした(笑)

帰路の夕日岳新道は難所の岩場が凍っていて、緊張しました.1294P(オオ○ッチ?)から大滝の卍へ下りる計画でしたが1120尾根分岐をミス.827Pを経て芦沢(滝マーク)右岸を下降し林道へ.しかし、車を大滝駐車場に駐めておいた為、結果オーライでした.


2013/01/02(Wed) 20:32:35 [ No.62 ]
◇ Re: 新年 投稿者:ノラ  引用する 
烏が森さん 雪田爺さん あけましておめでとうございます。この掲示板も新年早々調子悪そうでしたがもう大丈夫のようですね。
烏が森さんは大きくなったお孫さんと正月を楽しくお過ごしと思います。昨年は烏が森さんの古い記録をいくつか後追いしましたが,又今年もいくつか実行しそうです。烏が森さんが歩いておられない尾根が少ないのでどうしても後追いになるのですが。今年も面白いコースを紹介して下さい。
雪田爺さんの記録は私は真似のしようがないので読むだけですが。滝の様々な姿を見て感心しております。昨年の大佐飛山の記録は凄かったです。
本年もよろしくお願いします。

2013/01/02(Wed) 21:11:56 [ No.63 ]
◇ Re: 新年 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
ノラさん 雪田爺さん  明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
孫達も大きくなると、受験勉強だとかそれぞれ都合があって、以前のように一堂に集まることがなくなりました。もう3、4年もすれば寄り付かなくなってしまうのではと危惧するようになりました。
年末年始の休暇も終え、山に行く人が少なくなる明日は初歩きを考えています。鹿沼の尾根をノラさんの跡追いです。
今年は、無雪期の大佐飛山と日光三界岳の山頂を踏むのが最大の目標です。これができないようなら、以降は歳相応の山歩きにグレードダウンすることになるでしょう。
夕日新道は帰路の岩場が嫌らしいですね。岩場が凍結しているとなおさらです。「オオ○ッチ」懐かしい名称です。標識の一部が剥がれて「オオホノチ」と読めたので、暫くはそう思っていましたが。「「オオボッチ」の一部が剥がれたのだと解明されて、がっかりした覚えがあります。オオボッチなんてありふれていますが、オオホノチは意味不明でロマンがあっていいですね。私は今でもオオホノチと思っています。
今年も元気に山や沢歩きを楽しみましょう。


2013/01/03(Thu) 05:53:53 [ No.64 ]
◇ Re: 新年 投稿者:雪田爺  引用する 
ノラさん 新年おめでとうございます.

滝ばかり見て、その撮影したフイルムをどうしようか整理整頓の私は頭を悩ませております(笑) 大佐飛山は(私には)ちょっと無謀で、あれでは日帰りと言えませんね.
奥鬼怒イノマタ沢、ノラさんともうお一方の記録を何度も読み、今年の撮影計画を考えている所です.

烏ヶ森さん こんにちは オオ○ッチ=オオボッチなのですね.意味不明な名称に出合うと、想像が膨らみ結構楽しいものがあります.
昨日は、飛駒(黒沢西川)から野峰〜丸岩岳を登ってきましたが、遅く出た為奈良部山まで届かず、林道終点から847Pを通り尾根を下りましたが、踏み後(ペンキマークは少しテープはなし)があって思ったより楽でした.画像:その尾根、760m付近


2013/01/05(Sat) 17:19:38 [ No.65 ]
◇ Re: 新年 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
雪田爺さん おはようございます。
野峰、丸岩岳や奈良部山は懐かしい山です。数年前には冬場には盛んに栃木南部の尾根歩きを楽しみました。
一昨日は久しぶりにノラさん等の記録を参考に鹿沼の笹目倉山から石尊山を縦走し、その南東尾根を下ってきました。久しぶりの地形図読みは楽しめました。でも写真のような作業道があちこちで尾根直下まで登ってきているので緊張感に欠けます。
最後は植林の尾根でうす暗くて地形図が見えなく弱りました。老眼鏡を忍ばせとけばよかったのですが、低い山歩きとなめてははいけませんね。


2013/01/06(Sun) 08:24:25 [ No.67 ]
◇ Re: 新年-笹目倉山-石尊山 投稿者:ノラ  引用する 
烏が森さん こんにちは。笹目倉山から石尊山ー南東尾根縦走ご苦労様です。烏が森さんならではのロングコース頭がさがります。私の2回に分けたコースを1回でこなしてしまうのですから凄いです。笹目倉から石尊山の間は随分と作業道が出来てますね。私が歩いた五年前にはあまり来てなかった記憶があります。石尊山の南東尾根は降ると難しいでしょうね。植林が枝払いされてない所が多く顔に枝がこすれて不快ですし,尾根の途中で分岐するような所も多く私では歩き通すのは無理だなっておもってました。そこを暗くなりかかりで行かれるのだからさすがですね。

2013/01/06(Sun) 12:12:19 [ No.68 ]
◇ Re: 新年-笹目倉山-石尊山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
ノラさん  こんばんは。
ノラさんが鶏鳴山分岐からの落葉の積もった急勾配尾根を下っていたので、これで勇気付けられました。この記録がなかったら、今の時期に下る気になったか疑問です。
笹目倉山〜石尊山間は作業道だらけです。今はトラクターでいとも簡単に作業道を作ってしまうようです。
石尊山南東尾根は下るには難しかったですが、そのかわり久しぶりに地形図読みを楽しめました。
今までは、老眼鏡はテントの中でしか使ったことがなかったのですが、最近視力がだいぶ落ちたようです。翼状片の影響もあるのかもしれません。医者によると、翼状片になると乱視がひどくなるようです。これからは老眼鏡はサングラス同様に必ず持参することにします。

2013/01/06(Sun) 17:16:18 [ No.70 ]

◆ 鹿沼石尊山 投稿者:たそがれオヤジ ホームページ  引用する 
遅ればせながら明けましておめでとうございます。
本年もまた烏ケ森さんのお歩きを参考にさせていただきます。よろしくお願いいたします。
さて、低山とはいえ、正月早々にすごい歩きをされていますね。笹目倉から石尊山への通しの歩きは目にしたことがないような気がします。やはり、下の車道歩きが長くなる懸念があるためでしょうか。なるほど、唐沢付近に車を置けばいいだけの話ですよね。そんな単純なこと、思いもつきませんでしたよ。
石尊山からの下り、ノラさんのコメントでは、あのつぶれた石祠のすぐ脇に踏み跡があるとのことでしたが、私には気がつかずに素通り。また、栃木の山紀行氏はそこまで下っていないようです。おそらく、烏ケ森さんと同じルートだったのではないでしょうか。
いずれにせよ、今回のお歩き、えらく参考になりましたよ。

2013/01/06(Sun) 08:16:35 [ No.66 ]
◇ Re: 鹿沼石尊山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
たそがれオヤジさん  明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。
石尊山からの下りは、栃木の山紀行氏の地図を出掛け前に見ておきました。それで、朽ちた石祠を見る前に南尾根から離れてしまいました。帰ってから再度チェックすると同氏の別の記録で石祠の位置がもう少し下であることを知りました。初めての下りでは踏跡を見つけるのは非常に難しいですね。初めての一発勝負なら石尊山の社のあたりからコンパス頼りに急斜面を下ったほうが、所定の尾根に早くたどり着けるような気がします。同氏は事前に林道・殿の入線(私の記録では名称を知らなかったので鍛冶谷林道としています)から登っているので作業林道を把握できたのだと思います。
楽しみたいなら、一発勝負での下りをリコメンドします。
三角点625〜笹目倉山間は625〜石尊山よりは地形が単純でどちら廻りでもルートキーピングは変わりないと思います。ただ、今の時期は鶏鳴山分岐からの下りは落葉で滑りやすいので注意が必要です。

2013/01/06(Sun) 15:25:19 [ No.69 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -