00031577

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


1大菩薩嶺 (1) / 2本年も、 (3) / 3谷倉山(747.4m)の南東キレット (2) / 4生瀬富士 (4) / 5平川丸山 (2) / 6平滝古道 (5) / 7高原越え (5) / 8根名草-手白 (1) / 9HPアドレス変更のお願い (1) / 10平滝古道‥ (6) / 11ナイトハイク! (1) / 12南ア北部烏帽子岳(2594m)から見た奥日光 (1) / 13帝釈山北尾根 (2) / 14北アルプス蝶ヶ岳から見た奥日光〜足尾 (1) / 15西沢右岸尾根で大倉山-流石山-大峠 (1) / 16引馬峠 (4) / 17どこかな? (1) / 18アイゼンの故障 (3) / 19ど阿呆春団治には笑ってしまいました (3) / 20古賀志馬蹄形 (1) / 21編笠山は今の時期もそこそこ楽しめるのですね (1) / 22烏ケ森さんの武甲山は珍しいというか (1) / 23黒髪山 (1) / 24WINDOWS10にアップグレード (2) / 25愛宕山は桜の名所です (1) / 26好天の塩見岳 (1) / 27平滝集落 (1) / 28黒五と水晶 (1) / 29黒部五郎岳 (1) / 3019.5時間の登山っていうのは初めて聞きます (1) /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ 大平山 投稿者:雪田爺  引用する 
こんばんは 今年は花(ヤシオ)も今ひとつの様ですが、三の宿辺りは如何だったでしょうか?

今日は、丹平治沢で滝見をしそのまま大平山に登ってきました.
滝撮影しながらでしたので、頂上に着いたのは午後3時頃という遅さそこで何と、登山者一人と遭遇.足尾のRRさんでした.
もう少し年配の方かな、と思っていたんだけどかなり若い人でした.
帰路、RRさんはオオナギ沢右岸尾根、私は安蘇沢の方へ下りましたが、途中尾根分岐まで一緒でいろいろお話を伺ったりして良い一日ではありました.
雨量計から下降中、1557三角点の手前で熊とも遭遇(汗)
足尾では、初めてでした.


2013/05/04(Sat) 22:21:32 [ No.110 ]
◇ Re: 大平山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
雪田爺さん こんにちは。

今月末か来月初めにロング藪漕ぎを計画しています。そのための足腰の強化という考えで、火戸尻山〜鳴虫山〜三ノ宿山〜六郎地山を歩きましたが、脚力(それ以上に根性が)が衰えていないのに少しばかり安心しました。
アカヤシオは予想通り、鳴虫山は名残りの花がチラチラ。合峰手前は鳴虫山よりは少し多い。三ノ宿への尾根筋は写真程度の花がぽつりぽつり。六郎地山尾根ではみかけませんでした。
大プロジェクト前にもう一二度、15時間程度の歩きが出来れば良いのですが、金精道路が開通になって白根山あたりにも行きたしでどうなりますか。
貴掲示板をみました。かなり近くで熊に遭遇したようですね。こんなに明瞭な写真を見たことがありません。クワバラクワバラです。
写真は三ノ宿山周辺で見かけた名残りのアカヤシオと滝ヶ原峠を見つめる石像。


2013/05/05(Sun) 11:56:01 [ No.111 ]
◇ Re: 大平山 投稿者:雪田爺  引用する 
済みません、間違えました.

1557三角点→1179三角点でした.

2013/05/05(Sun) 20:42:38 [ No.112 ]
◇ Re: 大平山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
了解しました。1356から1179を通る尾根(この部分も松木尾根というらしい)ですね。
この尾根筋は最近ブログで話題になっています。1179の先きはどこに下りられたのでしょうか。この尾根筋はネットが多く、枝尾根にもネットが多いので運が悪いとネットを何度も通過する破目になるようです。

2013/05/06(Mon) 15:18:36 [ No.113 ]
◇ Re: 大平山 投稿者:雪田爺  引用する 
こんばんは 1179三角点から左の尾根に下りました.松木側はちょっと急な感じがしたので、単純に選んだだけですが、急な所や危険個所もなく踏み後もしっかりしていて、問題なく林道に下りる事が出来ました.途中、林道が見えたので尾根から南に外れて下降し、このカーブミラーの所に出ました.尾根をそのまま下りても問題はないと思います.
やや、林道歩きが長いかも知れませんけど.


2013/05/06(Mon) 23:00:43 [ No.114 ]

◆ 白湯山御宝前 投稿者:素人山歩き  引用する 
烏ケ森の住人さん
初めて書き込みさせていただきます
5月に三斗小屋泊で那須周遊を考えています。

 その時に 白湯山に行ってみたいと
考えています。
ネットで下記の 記事をめにしました。


 「アキ爺さん、こんばんは。
 先日、シズノ平〜御寶前まで歩きました。
 参考までにシズノ平の位置を書き込みます。
 私のGPS(WGS測地系)では、北緯37度07分57.3 9秒、東経139度55分45.98秒
 アキ爺さんの(日本測地系tokyo)では、ネットの測地系変 換ソフトを使い、北緯37度07分46.31秒、東経13 9度55分57.84秒となりました。
 後日、烏ヶ森さんの「日光連山ひとり山歩き」の掲示板にル ートマップを貼らせて頂きますので、参照して下さい。
      以上引用
 @宇都宮さんの記事です。
ホームページを更新されたため 古い掲示板は参照できない
様です。このルートマップを拝見できたらと考えているのですが 可能でしょうか
以上 ぶしつけなお願いでまことに 恐縮ですが
御考慮のほど よろしく お願いいたします。 

2013/04/14(Sun) 04:58:52 [ No.106 ]
◇ Re: 白湯山御宝前 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
おはようございます。

ご要望の@宇都宮さんのマップは数が多いので、弊HPの写真集に臨時掲載しておきました。併せて、小生が歩いたマップも記載しておきます。

https://skydrive.live.com/?cid=B97619E96127A4D9#cid=B97619E96127A ..... 4D9%211726

貼付写真は弊HPのひとり山歩き359参照


2013/04/14(Sun) 07:01:52 [ No.107 ]
◇ Re: 白湯山御宝前 投稿者:素人山歩き  引用する 
早速の回答ありがとうございます。
貴重な資料 ありがとうございます。

2013/04/14(Sun) 07:51:02 [ No.109 ]

◆ 日留賀岳 投稿者:野球親爺  引用する 
烏ケ森の住人さん こんばんは。
初めて書き込みさせていただきます。
先だっては拙ブロクにコメントを寄せて下さり有難うございました。枯木山は自分としては今年は時期を逸してしまったように思いまして、来年の宿題となりました。
今週初めにこの週末には残雪期の日留賀岳に登ろうと思っていた矢先、烏ケ森の住人が歩かれたと知り、記事にされるのを心待ちにしておりました。記事を拝見しルートマップを拝借して今日行ってまいりました。
県北の山沿いは昨日一昨日と雪が降ったので少し心配していましたが、どうにか登ることができました。大変参考になりました。有難うございました。
今後もよろしくお願いします。

2013/04/13(Sat) 23:25:21 [ No.105 ]
◇ Re: 日留賀岳 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
野球親爺さん おはようございます。
日留賀岳お疲れ様でした。ご丁寧に連絡頂きありがとうございます。多少とも小生の記録が役立てば幸いです。9日に登った時には、もう今年は降雪はないだろうと思ったのですが、その後に予想外の降雪で、かえって歩きづらっかたのではと推測します。
南肩(1750)からの雪堤歩きと、山頂からの展望は楽しめたかと思います。
貼付写真(木の鳥居付近から撮影)の雪堤に藪が現れるず連続していれば、より快適なんでしょうが。その時は雪に締まりがなく別の苦労も?

湯西川からの枯木山は、その年の降雪状況にもよると思いますが、3月中旬から下旬が適期ではと思います。昨年は4月10日でも雪はたっぷりありました。


2013/04/14(Sun) 07:25:23 [ No.108 ]

◆ 魚沼の山(灌木籔漕ぎありでした) 投稿者:仕事人  引用する 
土曜日の天候が崩れる前に登ってきました。豪雪地帯の魚沼市旧湯之谷村の芋川沢源流部の山を周回です。事前情報収集はやりませんでしたが、最高峰の笠倉山とその西側の黒禿の頭は夏道があってちょっと残念でした。他にも夏道があるようですが、地形図に出ていないと・・・・。

 豪雪地帯でも標高が1000m以下と高くないため、全体の2割くらいは灌木藪漕ぎでした。この日は南風で気温が高く、長袖では汗だくになってしまうためTシャツで籔漕ぎしたら腕が傷だらけでした。ズボンを履いていたのに足も傷だらけです。気温が高い割に踏み抜きは無く、ワカンもアイゼンも使いませんでした。もう4月下旬の雪質です。2月から車に積みっぱなしのスノーシューを下ろそうかと思います。今年は1回しか出番がありませんでした。こんなのは初めてです。

 雨が降り始める前に下山できたので天気は大丈夫でしたが、新潟では今が杉花粉のピークで強風が吹くと杉植林から黄色い煙が上がっていました。東京ではかなりマシになった花粉症があちらの下界では酷かったです(山の上は快適でした)。

 天気が荒れる前に東京に戻ろうとしましたが、高速道路に乗ってすぐに眠くなり記憶が途切れるほどで危険と判断、塩沢石内SAで寝ているうちに雨になり、越後湯沢では滅茶苦茶風が強く暴風雨でした。関越トンネルを抜けてからは風はマシになりましたが雨が強かったです。

 かなり気温が高かったので結構な標高の山でも雨だったと思います。雪解けがさらに進んでしまったかも。低気圧が抜けて一時的に冬型になって山では新雪が積もったかもしれませんが、この時期の雪はスカスカでちょっと暖かくなればすぐ溶けて消えてしまうでしょう。籔を隠すほどの働きは2,3日くらいかな。

 写真はトヤの頭からの展望です。ここまで来ると越後三山や荒沢岳が高すぎて栃木県内の山を見ることはできませんでした。


2013/04/07(Sun) 19:09:36 [ No.103 ]
◇ Re: 魚沼の山(灌木籔漕ぎありでした) 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
仕事人さん こんにちは。

週末の爆弾低気圧の影響前に山行されるのはさすがですね。今日は晴天なので、山にゆくつもりでしたが、風が強いようで行かなくて正解だったかも。
残雪期の展望は素晴らしいの一言です。カシミールで作図してみると写真どおりの山姿が得られます。無雪期では樹木に邪魔されて、カシバード通りとはいきませんね。
仕事人さんは杉花粉症に悩まさているようですね。幸い私は花粉症はないので全然問題になりません。でも、山から帰って玄関を入った途端に、女房がくしゃみをするのには参ります。

2013/04/08(Mon) 16:04:16 [ No.104 ]

◆ 谷川エリア 小出俣山 投稿者:仕事人  引用する 
 烏ヶ森さん、こんばんは。

 天狗岳、ご苦労様でした。展望がイマイチだったのは残念ですね。私はこの時期のアルプス級の山は未経験です。いつかは行ってみたいですが今のところ藪山優先です。

 今週末は南会津を離れて標高がある谷川エリアに向かいました。万太郎山南方にある小出俣山へ十二社ノ峰のある尾根から登り、1720m峰北の1642m峰を往復して小出俣山に至り、オゼノ尾根(小出俣山南東尾根)を下りました。下山後、ネットで調べたらこのルートはねくらハイカーさんが逆回りで無雪期に登られていましたが(1642m峰を除く)、やはり籔は酷いようです。今回でも1481m峰から1720m峰(三尾根岳)間の痩せた稜線は全て雪が落ちてしまい、エビノシッポがびっしりついた灌木藪を漕いで頭から氷雪を浴びつつ籔漕ぎでした。三尾根岳から小出俣山がガスの境界線で、南は展望がありましたが北の谷川連峰は見えませんでした。

 小出俣山はそこそこメジャーどころなので、貴重な残雪期の土曜日は賑わうかと思ったら私の他に1人しか来ませんでした。阿能川岳から往復した足跡でした。通常使われるオゼノ尾根には当日の足跡はありませんでした。

 写真は小出俣山から見た南側の展望です。北側がガスで何も見えませんでした。


2013/03/31(Sun) 19:08:16 [ No.99 ]
◇ Re: 谷川エリア 小出俣山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
仕事人さん おはようございます。

谷川エリアは馴染みのない山ですが、小出俣山(オイズマタヤマ)に記憶があったので、webで検索して見たらよく訪問するブログの記録に出ていました。その他にも残雪期の記録を多数見かけました。でも、仕事人さんのような周回ルートの記録はないようです。
ねくらハイカーさんはルート設定が素晴らしく、記録も詳細で興味ふかいのですが、最近は殆どHPに山行録画追加されていないのが残念です。
仕事人さんが今の時期にアルプス方面が未経験とは知りませんでした。私は栃木の山専門ですが、時には県外へ出かけます。今季は初めて長野の雪山へ出かけてみました。先月の蓼科山も今回の天狗岳も初級クラスの山といった感じでした(大勢が入山し、トレースが付いているからでしょうが)。
生憎のガスで充分な展望は得られませんでしたが、赤岳がなんとか見れたので満足としています。


2013/04/01(Mon) 06:14:18 [ No.100 ]
◇ Re: 谷川エリア 小出俣山 投稿者:仕事人  引用する 
 烏ヶ森さん、こんばんは。

 天狗岳の写真拝見しました。南アルプスは鋸岳がかろうじて見えているだけで、その奥の雲に隠れた白いのはたぶん仙丈ヶ岳かと思います。私が天狗に登ったのはもう10年以上前だったと思います(もちろん無雪期)。天候が下り坂なのを覚悟で登ったため、山頂に到着したころはガスに巻かれて何も見えず。麦草峠に戻る途中から雨に降られました。天狗は2回ほど登った記憶がありますが2回ともガスって展望がありませんでした。

 北八ヶ岳は冬山初心者の入門編として人気が高いですが、天狗周辺はそこから1ステップアップした位置付けといったところでしょうね。厳冬期でもそれなりの人数の人が入るのでトレースができていてラッセル不要なのが一番ありがたいかと思います。

 小出俣沢源流部の山脈は、群馬の藪山の中ではそこそこ登られている方だと思います。馬蹄形に十二社ノ峰から仏岩トンネル間を1泊2日で縦走する人もいるようです。今回の山行でも烏帽子岳北側鞍部にテントを張った跡がありました。その主が仏岩トンネルまで行ったのか、オゼノ尾根から下山したのかまでは分かりませんが、雪の溶け具合からして前日のものかと思います。オゼノ尾根から小出俣山往復よりは入山者は格段に減ると思いますが、残雪期にはテントを背負って縦走する人も稀ではないようです。ただ、このコースを残雪期に日帰りするのはネットの記録でも見たことは無いような。私が歩いたルートでも通常は1泊です。それを考えるとこのルートを無雪期日帰りしたねくらハイカーさんは凄すぎます。たぶん、大佐飛山無雪期日帰りよりきついと思います。私はいつか黒滝山経由で大佐飛山無雪期日帰りは挑戦したいですね、涼しくなってから。

2013/04/01(Mon) 20:35:06 [ No.101 ]
◇ Re: 谷川エリア 小出俣山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
仕事人さん  おはようございます。

コメントありがとうございまし。ヤマレコを見ていると、八ケ岳では北八の北横岳・縞枯山(初級)が一番多いようです。次に南八の赤岳(上級)という感じですね。天狗岳の記録数は両者の中間でしょうか。レベル的にも中間なのでしょう。
ねくらハイカーさんは、私よりも山域がかなり広いですが、同じようなルートで比較するとその凄さがよく分かります。


2013/04/03(Wed) 06:14:52 [ No.102 ]

◆ 無題 投稿者:hosoya  引用する 
烏が森さん、こんにちは。
20日に大佐飛山歩きました。ヤマレコの記事を見て今年は急がないとヤブになってしまいそうということで、急きょ出かけました。登りから踏み抜きにてこずり悪戦苦闘しました。
黒滝山からシューをつけましたが、大きな穴に落ちて足がぬけなくて掘り出してもらったりと、今までに経験ないくらい大変でした。暖かい日続きの弊害にばったりであってしまったようです。でも大佐飛山を歩いてくると、まだまだ私も大丈夫だなと安心します。{何が大丈夫か、笑われそうですが}
2010年に烏が森さんにお会いした時より雪はかなり少なかったですね。

2013/03/25(Mon) 19:27:59 [ No.97 ]
◇ Re: 無題 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
hosoyaさん  おはようございます。

大佐飛山直下でお逢いしてから、もう3年も経ってしまったのですね。つい先日のような気がしています。
20日とその前は3月とは思えぬ気温が続いたので、雪が緩んだのですね。
私が歩いた前日は、強風と低気温で雪が締まったものと思われます。それで、22日の日中は気温が上がりましたが、復路で多少の踏み抜きをする程度で済みました。22日に歩いた時に、けっこう踏み抜いた跡が残っていたので、苦労された方もいるのだとなア、と思っていました。hosoyaさん達の踏み抜き跡だったのかもしれません。
23日に歩いた人の記録をみても、沈みはなかったようです。これからは気温が上がってきますが、20日前のようなことはないので、今年は大佐飛山適期は例年よりも1、2週間は早いと思われます。
写真は、黒滝山直下の様子


2013/03/26(Tue) 05:48:16 [ No.98 ]

◆ 大沼郡昭和村の山 投稿者:仕事人  引用する 
 今週も南会津(ちょっと外れてる?)に行ってきました。土曜日は舟鼻トンネルより白森山、舟鼻山、御前ヶ岳。日曜日は大沼郡昭和村の館の腰山と鍵金山でした。どこも標高が標高なので樹林に覆われ周囲に同じような高さの山が連なり、展望は楽しめませんでした。楽しめたのは雪質だけかな。いや、花粉ゼロだったのも良かったです。

 土曜は朝から雪で最初からテンション上らず。日中はいったん日差しが出たのですがその後また雪。気温は-2〜-6℃で雪が緩むことはなくちょっとだけワカンを使っただけでした。急斜面が2か所ほどあり、今シーズン初めて12本爪アイゼンを使いました。3か所の山頂とも山頂標識無し。しかし御前ヶ岳は夏道があるのを下山後知ってがっくり。昭和村の中を車で通ったら国道沿いに「御前ヶ岳」の案内標識がありました・・・・。でも舟鼻山から御前ヶ岳は今の時期しか歩けないからいい経験と言えるかな。途中、低いブナに絡みついた蔓がまん延する地帯がありましたので、いくらノラさんでも古町丸山並みの苦労になるかと思います。今回は籔は苦労しませんでしたが、なだらかな地形にガスでルートファインディングに苦労しました。白森山は西尾根は笹が出てしまっていましたが、結構な濃さでした。でも距離が短いので無雪期でも行けそうな。

 今日(日曜日)は館の腰山と鍵金山。国道400号線の喰丸トンネル東口から1022m峰経由でそれぞれのピークを往復しました。今日は天気最高&雪質最高でワカンの出番は皆無でした。所々雪が消えているところがありましたが、無雪期でも問題ない籔のレベルでした。わざわざ今の時期に行って損したような。もっと高い所か、もっと雪が深いエリアに行くべきだったとちょっと後悔です。


2013/03/24(Sun) 18:10:11 [ No.95 ]
◇ Re: 大沼郡昭和村の山 投稿者:ノラ  引用する 
仕事人さん こんばんは。船鼻山は頂上部は平らなので雪原ですね。無雪期は薮の原です。三角点は見てません。御前ゲ岳は登山道があり無雪期でも楽に登れます。登山道の周りに有った笹薮は相当なものでした。白森山は行ったことありません。昨年大仏山に登って帰りに鍵金山への尾根を見たのですが,一見薮は薄そうでしたが,大仏山へ行くのと同じで辛いものがありそうと考えてました。それにしてもどんどん行かれますね。凄い。

2013/03/24(Sun) 20:43:43 [ No.96 ]

◆ 大佐飛山 投稿者:Yoshi  引用する 
烏ヶ森の住人さん こんにちは。

22日の大佐飛山の写真拝見しました。何枚か自分の写真(2004年4月10日撮影)と比較してみたところ、雪の量が全く同じでした。まさに、今が絶好のチャンスですね。

このまま推移するのであれば、雪の少なかった2009年ほどではないにせよ、少なくとも栃木県では残雪歩きを楽しめる期間が例年より短そうです。

2013/03/23(Sat) 16:26:17 [ No.93 ]
◇ Re: 大佐飛山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
Yoshiさん  こんばんは。

元気にご活躍の様子何よりです。
ヤマレコ記録を見て、今が大佐飛山の適期と判断して行って来ました。本当は、鴫内山ー西村山−大佐飛山ー黒滝山の周回を考えていたのですが、腰の調子が悪く、急遽計画変更で黒滝山経由の大佐飛山ピストンになりました。コースコンディションは最高で往路では靴底が沈む程度でした。復路では気温上昇で、膝までの踏み抜きは数回ありましたが、トレースを追っている限り踝まで沈むようなことはありません。04年4月16日に、Yoshiの記録を見て初めて大佐飛山に行ったときは、復路では踏み抜きに悩まされた記憶が残っています。
今年は、降雪は多かったのかもしれませんが、その後の気温上昇で解けるのが早まっているようです。
参考までに大佐飛山山頂の積雪状況の写真を貼付しておきます。同じ角度から撮っていれば良いのですが、性格が大雑把なので撮影アングルはまちまちですが積雪の多寡は推測できると思います。


2013/03/23(Sat) 18:36:27 [ No.94 ]

◆ 下郷町北西部の山 投稿者:仕事人  引用する 
 今週末も花粉を避けて南会津へ行きました。先週の高温とは打って変わって平年並みの気温推移で、朝方の雪の締まりは最高で、大型連休を思わせる雪質でスノーシュー不用でした。午後は雪が緩んでワカンは使いましたが、この時期でつぼ足でほぼ沈まないとは思いませんでした。先週の高温の雪解けが効いているのかもしれません。稜線の雪庇が大きく割れている個所がありました。

 土曜日は高倉山〜横山〜立岩山と周回し、日曜日は三引山〜焼山〜大滝山と変形周回でした。高倉山では平成8年の私が見た中では一番新しいM大標識がありました。横山の西のピークでは巨大雪庇が発達し大展望。その時の写真を貼り付けます。日焼けしそうな(たぶんしたと思います)天気でした。

 これだけ天気がいいと熊が冬眠から起きだすかもしれません。まだ今シーズンは熊さんの足跡は見ておりません(カモシカの足跡は多数あり)。

 今回の標高でも雪が解けて地面が見える個所では藪は無さそうでした。高倉山でも南の肩で笹があっただけで、横山に延びるなだらかな尾根の笹は薄かったので、やっぱり標高1300mくらいまでは藪は薄いようです。横山は濃いかも。近くの神籠ヶ岳は激笹藪でしたから。


2013/03/18(Mon) 11:52:58 [ No.86 ]
◇ Re: 下郷町北西部の山 投稿者:ノラ  引用する 
仕事人さん こんばんは。それにしても凄いですね。残雪期だと高倉山−横山−立岩山と周回できるのですか。相当距離ありますね。仕事人さんならではではないでしょうか?水引高倉山は夏に行った時はM大プレートは見れませんでした。確かに山頂付近は籔すくないですが,そこまでが結構ありました。写真是非見せてください,お願いします。

2013/03/18(Mon) 21:44:07 [ No.87 ]
◇ Re: 下郷町北西部の山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
仕事人さん ノラさん  おはようございます。

いつもながら遠望写真に見とれます。これを楽しみにしています。雪景色は夏景色に比べて雄大に見えるから大好きです。
今シーズンは残雪歩きが短そうですね。先週、前黒山から明神岳を歩いた時に、雪が予想よりも少なく、しかもよく締まっているのにはびっくりしました。
ヤマレコには大佐飛山の記録も載っていました。例年よりも1週間以上は早いようです。
行きたい山が多すぎて、どこにするか迷ってしまいます。県外にも足を伸ばしたいのですが、スタッドレスに難があるので残念です。

2013/03/19(Tue) 05:29:15 [ No.88 ]
◇ Re: 下郷町北西部の山 投稿者:仕事人  引用する 
 さすがノラさん、高倉山は無雪期に登られたのですね。ご苦労様でした。ブログ見ましたが無雪期なら当然のルート取りかと思います。私の場合、まだ時期的に残雪期として早く、日当たりがより良くて雪の締まりが期待できる南向きの尾根を選択しました。過去の経験として籔は雪庇部分を除いて雪の残りが多い方が濃く、東向きの尾根は最後まで雪が残るので籔が濃かったのではと想像しています。

 少なくとも私が登った南尾根は、地面が見えていた部分が大半でしたが籔は最後の1250mの急な尾根から1270m肩しかありませんでした。ここは左に迂回して笹の島を避け、稜線に接近すると残雪でした。GPSの軌跡と高倉山までのいくつかの写真を貼り付けます。

 所要時間はこんな感じでした。

 沢口集落−(2時間11分)−高倉山−(1時間41分)−横山−(1時間28分)−立岩山−(1時間ちょうど)−沢口集落


2013/03/19(Tue) 05:44:35 [ No.89 ]
◇ Re: 下郷町北西部の山 投稿者:仕事人  引用する 
 烏ヶ森さん、おはようございます。このままの気温で推移すると、今年の積雪は多かったのに雪解けは早いかもしれません。桜の開花も記録的な早さらしいですし。今年は東京は4月に入ったら葉桜かもしれません。

 南会津の道路ですが、たぶん早朝でなければ凍結は無いと思います。先週で集落の最低気温は-6℃。朝だけは日中に溶けた雪の水が路面上で凍っていました。大きな道路だとほとんど心配はないと思われます。ただし、今の時期は冬型の気圧配置になるとまだ雪が降るので天候だけは要注意ですね。私の場合、今年購入の最新型スタッドレスに4WD(といっても2WD車ベースなので本格的なやつではありませんが)なので、凍結についてはかなり助かっています。今シーズンは長野で1回だけ凍結した急坂が登れなくてチェーン装着しました。もう手慣れているので10分くらいしかかかりません。

 しかし、先々週、先週の2回の南会津では夏タイヤでも大丈夫な状態でした。凍結個所は先週末のみで数か所、しかも平地でしたので、ゆっくり走れば古いスタッドレスでも大丈夫かと思います。一番安全なのは気温が低下する真夜中までに現地に入って仮眠して、早朝に動き出して下山は気温が落ちる夜までとし、車を使うのは真夜中から朝を避けることでしょうか。

2013/03/19(Tue) 05:46:34 [ No.90 ]
◇ Re: 下郷町北西部の山 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
仕事人さん アドバイスありがとうございます。

早朝に山に出かけるスタイルが身についてしまったので、前夜のうちにというのは仲々難しいです。
来年は、車を買い換えるか、タイヤを何とかするか・・考えてみたいです。
近所の寒桜(写真左)と緋寒桜(写真右)が開花しています。ソメイヨシノは現在蕾ですから、あと1週間先くらいかと思います。


2013/03/19(Tue) 13:23:59 [ No.91 ]
◇ Re: 下郷町北西部の山 投稿者:ノラ  引用する 
仕事人さん 烏が森さん こんばんは。仕事人さんルートマップと写真ありがとうございます。南尾根は登ってないので今度はこれを使って何処まで行けるか4月ごろにトライしてみようかと思います。神籠ゲ岳はまだ宿題で残してますのでまずそれが先でしょう。
烏が森さん 桜の写真ありがとうございます。小佐飛,長者も今年は雪が少ないようなので大佐飛も5月の連休は薮が出てしまうかもしれません。

2013/03/19(Tue) 21:53:15 [ No.92 ]

◆ 松倉山、家老岳 投稿者:仕事人  引用する 
 黒滝股山の翌日は松倉山と家老岳へ。天気予報は寒冷前線の通過で北に行くほど悪く、南会津でも後天が予想され、天候によっては松倉山のみと考えていましたが、松倉山到着時点で暑いくらいの晴れだっため続行。松倉山へは羽塩沢沿いの雪に埋もれた林道を歩いて南西尾根末端から。計算通り山頂付近まで尾根上の西側は雪が消えて楽できました。松倉山山頂付近では古い足跡の痕跡がありました。たぶん1週間以上前でしょう。

 その後は部分的に地面が出ている個所もありましたが、家老岳まで概ね残雪。地面が見える個所に藪はありませんでした。標高1300m以上は残雪の連続で、この付近で寒冷前線の通過に遭遇、ガスって視界が低下、気温も14℃から0℃まで急降下。家老岳山頂もガスの中。標識が2つあり、予想外に昨日のものと思われる単独の足跡が。往路の林道歩きで足跡があったのを思い出し、まさかと思いましたがその通りでした。下りは1218m峰から北西尾根を計画していましたが、足跡の主もここを往復していました。

 家老岳から西尾根を歩いている間は雪が締まって快適。先人はつぼ足でしたがスノーシューの私と同じくらいしか沈んでいませんでした。北斜面に入って雪が緩むとつぼ足の苦労の跡があちこちに。下りならまだいいでしょうけど登りはきつかったでしょう。林道歩きが一番沈み込みがひどかったようです。


2013/03/11(Mon) 16:20:39 [ No.80 ]
◇ Re: 松倉山、家老岳 投稿者:烏ケ森の住人 ホームページ  引用する 
家老岳は無雪期の08年5月16日に登っていますが、松倉山は登ってません。
家老岳のM大プレートとやまな板は健在ですね。
家老岳も積雪期にと思っていたのですが、いつの間にか沙汰止みになってしまいました。
賞味期限はとっくに切れて消費期限も怪しいスタッドレスでは不安で遠出ができないのも一因かな? それとも歳のせいかな?


2013/03/13(Wed) 08:29:45 [ No.83 ]
◇ Re: 松倉山、家老岳 投稿者:仕事人  引用する 
 会津田島から東側の山は残雪期にほとんど登ったことがないのですが、今回の経験からすると標高1300mくらいまでなら無雪期の方が楽に登れるような気がします。来週は藪が深そうなもう少し奥地まで行こうかと思案中ですが、冬型になると奥に行くほど悪天の確率も高く悩むところです。

 私は花粉症なので、4月いっぱいは関東の山(北部を除く)は登れませんので、必然的に残雪の山ばかりとなります。昨年は花粉が少なく楽だったのですが、今年はひどいですね。外に出ると目が痒いのではなく痛いです。花粉が無い場所に移動して目を洗ってアレルギーの目薬をさしても2時間くらいは痛いまま。部屋、布団をいくら掃除しても24時間空気清浄機を回しっぱなしにしても完全に花粉を除去できないようで、特に寝ている間に目が痒く、熟睡できないのがつらいです。その点、先週末は天国でした。会津田島でも少しは花粉を感じましたが関東と比較したら別世界でした。

2013/03/13(Wed) 18:50:22 [ No.84 ]
◇ Re: 松倉山、家老岳 投稿者:ノラ  引用する 
仕事人さん,烏が森さんこんばんは。おっしゃる通り南会津は1300m以下は薮が少ない山が多いようです。2007年11/7に行った時の三角点です。山名板は無かったようです。

2013/03/13(Wed) 21:06:20 [ No.85 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -