00031511

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


1大菩薩嶺 (1) / 2本年も、 (3) / 3谷倉山(747.4m)の南東キレット (2) / 4生瀬富士 (4) / 5平川丸山 (2) / 6平滝古道 (5) / 7高原越え (5) / 8根名草-手白 (1) / 9HPアドレス変更のお願い (1) / 10平滝古道‥ (6) / 11ナイトハイク! (1) / 12南ア北部烏帽子岳(2594m)から見た奥日光 (1) / 13帝釈山北尾根 (2) / 14北アルプス蝶ヶ岳から見た奥日光〜足尾 (1) / 15西沢右岸尾根で大倉山-流石山-大峠 (1) / 16引馬峠 (4) / 17どこかな? (1) / 18アイゼンの故障 (3) / 19ど阿呆春団治には笑ってしまいました (3) / 20古賀志馬蹄形 (1) / 21編笠山は今の時期もそこそこ楽しめるのですね (1) / 22烏ケ森さんの武甲山は珍しいというか (1) / 23黒髪山 (1) / 24WINDOWS10にアップグレード (2) / 25愛宕山は桜の名所です (1) / 26好天の塩見岳 (1) / 27平滝集落 (1) / 28黒五と水晶 (1) / 29黒部五郎岳 (1) / 3019.5時間の登山っていうのは初めて聞きます (1) /

[ 指定コメント (No.488) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ 平滝古道 投稿者:@宇都宮  引用する 
烏ヶ森さん、こんばんは。
足尾から大きく歩きましたね。茶屋跡は見てみたいです。
同じ日、平滝を歩きました。最高のお天気、こだわりすぎ、かなりの時間をロス、原動所まで届きませんでした。
おまけにSDカードの不具合、520枚の写真を復元するのに結構手間暇がかかりました。
11:43で28.3キロメートル歩きました。駐車場5.25発〜退却点11:30〜駐車場17:08着でした。

真ん中の写真は、尾根上で出会った尾根回りの旧道痕跡、美しい‥と思います。
右は、烏ヶ森さんもキリンコさんも乱れなく通過しましたが、私は尾根に逃げた1199尾根西側斜面です。
念のため、キリンコさんに確認しましたら、「そんなとこ、ありましたっけ?」でした。
今年もう一度、歩きたいものです。しかし、遠い‥‥


2016/10/28(Fri) 23:49:49 [ No.484 ]
◇ Re: 平滝古道 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
@宇都宮さん おはようございます。
平滝古道歩きお疲れさまでした。
平滝集落跡までの林道歩き、長いのがネックですね。
復路ではかなり寄り道をされていますね。新情報を期待しています。
1199の枝尾根は往路と復路で軌跡が異なっています。往路ではルートを外しているのですが、特に苦労した記憶はありません(全体に藪は殆ど無視できるので)。
@宇都宮さんの折り返し点から約5分で津室沢左俣でしたね。ここから津室原動所跡までは地形が複雑で、悩まされます。コンパスを合わせて歩いて行けば、なんとなく津室にたどり着いてしまいました(時々赤テープや踏跡を拾う)

深沢古道は数年前とあまり変わっていないですね。途中のネットを巻いた幼木が育っているだけの違い。
茶屋跡はいつもうす暗いうちの通過で、石仏はいつも見逃しです。
阿世潟峠からのくだりも注意して歩けば迷うことはないでしょう。赤テープが増えているような感じ。今回は少しロストしました。そのおかげで石積みと石畳みを見かけました(上部に道筋があるような感じもしましたが、追いませんでした)。


2016/10/29(Sat) 06:28:22 [ No.485 ]
◇ Re: 平滝古道 投稿者:@宇都宮  引用する 
烏ヶ森さん、こんばんは。平滝のルートのマップができたのでアップします。
平滝〜退却点までの詳細図はできたら貼らせていただきます。
延間ピストン、私の足でこの時期に可能なのか、思い悩んでいますが、行かなければ落ち着かないような‥‥

阿世潟峠からのくだり、「石積みと石畳み」は素晴らしい写真です。
そういえば昔どこかで見たような、忘れていました。石畳の手触り、ならぬ目触りは、日光四十八滝の雲隠滝落ち口のそれを思い出しました。


2016/10/30(Sun) 21:36:32 [ No.486 ]
◇ Re: 平滝古道 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 

詳細なマップありがとうございます。
自分がこれだけ特記事項を拾っていたら、平川林道駐車地から平滝から津室まで行くには二日がかりでもできません(もっともズボラな自分にはとても真似できませんが)。
林道歩きが長すぎるので、昼時間の短い今は避けておいた方がよろしいのでは?
今回の折り返し点までは特記事項を拾わずに行ったとしても、@宇都宮さんの几帳面な性格では、いろいろな特記事項を拾うでしょうから、延間峠まではかなり苦しいでしょう(平川林道歩きが往復とも暗闇であったとしても)。

栗原根利林道〜八丁峠〜栗原川林道〜延間峠〜中小屋〜津室の往復の方がやりやすいかも。ただし、栗原川根利林道が整備される来春ですが。

阿世潟峠下りで見かけた石積みと石畳みについては、今思うと少し追ってみればよかったのに残念です。@宇都宮さんなら、どこまで続いているか突き詰めたでしょうに。

2016/10/31(Mon) 14:24:08 [ No.487 ]
◇ Re: 平滝古道 投稿者:@宇都宮  引用する 
烏ヶ森さん、こんばんは。
平滝古道の詳細図ができたので貼らせて頂きます。
いつも貼らせて頂き有り難うございます。貼って私のひとつの山行が終わります。

さて平滝古道‥‥色々と御助言、有り難うございます。ご指摘通り、確かに拾っていますので、撮影だけで2時間弱?
実は、高原越えは久しぶりの山行、後半は右足靴づれ、アキレス腱の根元が腫れて泣きが入りました。2週間おいてすっかり忘れ平滝へ、今度は、はじめっから痛くて、しかも両足、話にならない (笑) テーピングなど大昔の持ち物、手を尽くし、あげくはずるずると靴を引きづるように歩きました。テーピングを買いましたのでこの次は大丈夫でしょう、か?

行ってみて、延間よりも次々と繰り返す尾根越え沢越えが印象的でした。特に、露出根だらけの尾根回り、谷底に一本、屹立していたマルバカエデのV字谷、そして角月頭蓋骨の沢川原、最後に、あまりにも近かった焼き場、その南隣にあった怪しすぎるおぞましい木、平滝古道、この山は面白かった。
いろいろと考えています。気分は今、なのですが何しろ遠〜い山、男体山も冠雪したことですので‥‥


2016/11/01(Tue) 21:31:02 [ No.488 ]
◇ Re: 平滝古道 投稿者:烏ケ森の住人  引用する 
こんばんは。 詳細マップありがとうございます。
このマップを見ていて、記憶に残る特記事項が何ケ所も出てきますが、記憶していない場所の方が圧倒的に多いです。
八丁峠〜栗原川〜延間峠〜津室は、地形図を見ていても平滝から津室に比べたらら変化に乏しそうですね。
今年内に実行するか、悩むところですね。ドンドンが昼時間が短くなっているので、来春にされてはいかがでしょう。@宇都宮さんの脚力なら、ただ単に平滝〜津室を日帰り往復なら問題ないでしょう。でも、@宇都宮さんの几帳面な性格ではそれは許さないでしょう。

2016/11/02(Wed) 16:29:52 [ No.489 ]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -