00021977

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


1マギーの走行  / 2マリーフェリング  / 3D51  / 4新設レイアウトにて  / 5JGR運転会  / 6お花見運転会  / 7春のお花見運転会  / 8富士山を背景に  / 9シルビアをレスキュ-  / 10国鉄南武線  / 11特急つばめ  / 12S2の走行  / 13D52 70号復活運転  / 14YLSC  / 15王禅寺走航会最終日  / 16タックルベリー王禅寺2回目  / 17タックルベリー王禅寺  / 18真岡9600館  / 19JGR運転会  / 20新造船「セグイン」進水式  / 21新造船「セグイン」進水式  / 22JGR運転会  / 23AMEGの走行会  / 24林試の森公園運転会  / 25タグボート ヘラクレス  / 26YSBM走行会  / 27FEF-3の試験走行  / 28ありがとうございました。  / 29久々のシルビア  / 30運転会の昼食  /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ Rubyのバーナーについて 投稿者:  引用する 
松島様、Rubyを入手されていましたが、火が安定するように
少々お節介をーーー。バーナー根元の空気取り入れ口の丸穴
を半分くらい塞いで見てください(リングを被せるなど)。
どうも空気過剰のようなので、結構効果があります。私の
Rubyはご存知かと思いますが、2台を背中合わせに連結し、
イタリアの古典双頭機関車に改造しました。当然?ながら
2台分のバーナーの火を安定させるのに四苦八苦で、某所で
見ていたポーランド人がこの方法のアドバイスをくれました。

2012/02/27(Mon) 20:22:00 [ No.21 ]
◇ Re: Rubyのバーナーについて 投稿者:松島  引用する 
KDB様
有益なアドバイス有難うございます。
効果を期待しています。

2012/02/28(Tue) 14:56:56 [ No.22 ]

◆ メルクリンのガス焚き1番ライブ 投稿者:NRR  引用する 
KDB様

確か1992年だったと思いますが小生もシンスハイムに行った際に買い求めてNRRで試験走行をしました。
結果はおっしゃる様に当方でも(ピストンロッドのハンダが溶けたり、プラのカプラーやダイカストの煙室扉が溶解したり)がありました。

私の見解は以下のようです、

ガスはキャンプ用に用いる物も含めて国内外ほとんど同じ組成ではないかと思います、私はキャンプ用と卓上コンロ用ともに用いています。

以下の点は完全に設計が稚拙な結果と思っています。
1)まずガスのジェット噴射のまずさ、炎がまっすぐに煙室に向かってきて煙室扉やオイルのタンクや循環用チューブにまともにぶつかっています、ジェットノズルの穴も大き過ぎるのではないかと感じます。確認はしていませんが途中何もなしで炎が直進しているのではないでしょうか?、アスターやRUBYなどに採用されている燃焼筒などはないのだろうと思います。
好意的に考えれば、ヨーロッパの気候に合わせて低温でも働くようにしたか? でも販売先はドイツだけではないよね。
2)ピストンロッドが半田付けなど論外です、たとえ高温用半田を用いたとしても2〜3気圧の蒸気の温度とかかる応力には耐えられません、私はばらして銀蝋で接合しなおしました。
これは燃焼系の問題とは別ですね。
3)潤滑オイルのタンクは下部へ移しエンジンの横に置きました。
4)煙室扉には防炎処置をしました。
5)ガス注入ノズル部分の出来が悪いので日本製のノズルに換えフィッテングも作り直しました。 

しかし、改造後は試運転以外には運転したことはありません、いずればらばらにして各部分は何かに転用されるかもしれません。


2012/02/26(Sun) 10:12:24 [ No.19 ]
◇ Re: メルクリンのガス焚き1番ライブ 投稿者:  引用する 
NRR様、KDBです。
情報ありがとうございます。
やはり苦労されておられますね。写真を見ると蒸気菅が赤熱
していますね。これでは銀蝋も危ないでしょう。ドイツの製品
でも以前のBeckのものは火が弱くてそのままでは碌に走ら
ず、色々調整してOKになりましたが、まるで全力運転中の
ディーゼル機関車の様な轟音が出て蒸気の音は全く聞こえず、
諦めて処分してしまいました。その点、ASTERのガスだき
機関車はよく改良されていると思いますね。
結局、メルクリンにしてみれば殆ど半世紀ぶりのライブ製品
でしたから、つめが甘かったのでしょうね。

2012/02/26(Sun) 17:23:13 [ No.20 ]

◆ RUBYを手に入れました 投稿者:松島  引用する 
 ヤフーのオクションでRUBYを手に入れました。このRUBYは
1年前に和田さんのところで買った人が出品したものでした。
 ガスの注入口が既に改造されており、和田さんのところで
ガスバーナーノズルのメズまり等を直していただき快調に動
くことを確認しました。
 26日の運転会にはこれを持参する予定です。

2012/02/25(Sat) 15:32:55 [ No.18 ]

◆ ガスだきの燃料 投稿者:  引用する 
NRR様今晩は。KDBです。
ガスだきボイラーに使用する燃料ですが、日本国内では
安価な机上コンロ用カセットボンベが多く、主成分は
ブタンガスです(これはNRR様も同じと思いますが)。
ところが、ヨーロッパで使用されるガスは成分が異なり、
カロリーが低いのでしょうか?メルクリンが発売した
ガスだき1番ライブを何両か見てきましたが、大抵は日本
国内のガスで運転すると、明らかに熱量過剰で故障して
しまいます(ピストンロッドのハンダが溶けたり、プラの
カプラーやダイカストの煙室扉が溶解したり)。さすがに
最近はカタログ落ちしているようですが、中古が出回って
おり(パシクラスで15万円位)、気になります。

2012/02/22(Wed) 19:57:58 [ No.17 ]

◆ ガスバーナー その2 投稿者:NRR  引用する 
一度にはUPできそうにないので二回に分けました、
その2 はバーナーです。


2012/02/15(Wed) 22:13:13 [ No.16 ]

◆ ガス化 投稿者:NRR  引用する 
前に失敗したものに再挑戦してみます。

2012/02/15(Wed) 22:07:21 [ No.15 ]

◆ 鈴木元会長 投稿者:  引用する 
当YLSCの一代目会長で、我国ライブスチーム界の
大御所でもある鈴木馨様ですが、先月来、心臓を悪く
されて暫く入院されておりました。数日前、心臓に
ペースメーカーを付けて退院した旨、私の所に連絡が
ございました。今年で94歳になられます。電話で
お話ししたところではお元気そうでしたが、ご自分の
膨大な作品、所有品の後継者が居られないとかで
(良く車の運転で同行されているご子息は興味がない
そうです)、悩んでおられます。正直、一部を処分
されることも考えておられるようで、その場合は私の
所にリストが来る予定ですので、会員各位皆様とも
ご相談したいと思います。
もっとも、私も後継者は居りませんし(息子は全く興味
なし)、YLSCの発足当時、市が尾のレイアウトに
初めて行き、お会いした時の鈴木馨様のお歳と、今の私
が同じ歳になってしまいました。これからどうなるやら。

2012/02/11(Sat) 10:55:54 [ No.10 ]

◆ 無題 投稿者:@inoue  引用する 
画像添付の方法は既にsmzさんに連絡済みですが、
参照で自分のパソコンの中にある画像ファイルを選択して
新規投稿をしてみてください、(念のため画像ファイル名は
英文で)

2012/02/10(Fri) 00:10:24 [ No.9 ]

◆ 無題 投稿者:hp 作成者  引用する 
画像を添付して見ます、
C57


2012/02/09(Thu) 23:36:51 [ No.8 ]

◆ 枕木の火事 投稿者:NRR  引用する 
当方の「温水鉄道」はアスータ社の屋上で新しく採用したサンセットバレーの線路と枕木を約10年前から使用しています。
その経験を意見としてアスータ社の藤井社長にもメールをしましたが見解は一致していません。
サンセットバレーの線路は一本が長く、安定性や敷設しやすい点がありますが、一方で枕木の火事はサンセットバレーの枕木の弱点のひとつかと思っています。
そのほかに線路のグリップが弱い、耐候性が弱い、点が上げられます。
アルコール焚きの時にはどうしても細心の注意が必要です。
そのためには”線路上ではアルコールの継ぎ足しはしない、再走行、始動はしない””始動は引き込み線上でやる””引込み線で出来ないときは地べたでやる”などが考えられます。
昔、池辺町で和田さんがアルミ板でアルコール受けを持ってきて据え付けましたが、どのような理由かはわかりませんが何時の間にかなくなってしまいました。今回はそうならないように願っています。
当「温水鉄道」は原則アルコール焚きは禁止です。
やむおえずアルコールを使うときは上記の項目を厳守するか、
金属板上に敷設した引込み線を使うか、金属の枕木を用いた場所での取り扱いとしています。
そのようなわけで各SL共ガス化を積極的に推進中です。
アスターDR96022、マレーの燃焼バーナーの3種類の製作をしたたのですがどうやら写真のUPは出来ないようです。

2012/02/09(Thu) 13:53:18 [ No.7 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -