00182083

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


1≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ (41) New!  / 2健康寿命 (1) / 3“横浜界隈ナイトW“下見 (12) / 4≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 (36) / 5≪御正体山(1682m)≫一般向中級 (35) / 6裏高尾・納涼と花のコース 初級 (14) / 7梅雨の晴れ間/連続下見 (8) / 8湘南平〜平塚七夕 (13) / 9三峰神社〜妙法が岳(1329m) (16) / 10無題  / 11<<越生あじさいと城山(466m)ハイク>>一般向初級 (26) / 12北山公園の花菖蒲 (39) / 13北山公園の花菖蒲 (1) / 14飯盛山 バスハイ 一般中級 (12) / 15水元公園〜柴又帝釈天 (12) / 16大岳山/表参道〜海沢探勝路 (31) / 17<<天城山周遊登山(万二郎・万三郎(1406m)>>一般向中級 (39) / 18鷹ノ巣山〜六ツ石山 やや健脚向 (8) / 19パノラマ合成写真 (4) / 20≪雲取山(2,017m)≫健脚向 (78) / 21拝島界隈散策 平地9Km (16) / 22新会員歓迎バーベキューの集い (10) / 23下見登山≪日向沢ノ峰(1356m)〜棒ノ嶺(969m)≫ (11) / 24≪蕎麦粒山(1,472m)≫や々健脚向 (43) / 25日の出山 一般中級 (7) / 26チューリップ畑と羽村秋草丘陵 (11) / 27<<雹留山(264m)〜二条城跡>>一般向初級 (23) / 28桜ウォーク2題 (5) / 29<<バスハイ栃木・みかも山(229m)一般向初級 (33) / 30≪六ツ石山(1,479m)〜狩倉山(1,452m)一般向上級 (49) /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
*「天の配剤か?」「神の与え賜うた試練か?」
週間予報は、ズーッと 50%「確度C」
前日午前5時予報でも、10/50
前日午後5時予報で、20/30 に急変!!
(当日午前5時予報では、再び、30/50 に急落!)
で、急遽、実施に決まってしまった!のです!!!

虫の知らせ?も若干あって、例会後の懇親会を ”抑え気味?”に済ませて、5時半頃帰宅したところ、我が家には、電話やメールが殺到!
「確認ですが、明日はやるんですよね?」
「まだ今からでも、参加できますか?」
「(ダメだと思って)他の予定を入れてしまったので、キャンセルをお願いできますか?」・・・と いろいろ8時頃まで。

*ガス抜き!!
雨にたたられ続けて、山行予定がズタズタになっている人
足慣らしもできずに、次の山行に不安を感じている人
ダラダラ生活で、体調が崩れそうな人・・・・・・

ビシッと歩いて、汗をかいて、身体に溜まったモヤモヤ・ガスを一息に抜き去りたいと思った人たち 12+13=25 が、参集しました!!

*立秋はとっくに過ぎて、もうすぐ処暑!!
暑さももう落ち着く頃ですよネ。

標高が高く涼しく、北面・木陰中心で陽射しは避けられ、苔むした登山道には涼風が通り過ぎ、歩き疲れた頃合いに巡ってくる展望ポイントからは、遠く高い山並みが見えて、ストレス解消ができる・・・という「真夏の山行計画」企画者の目論見。

さて、実績はどうだったかな・・・??


2017/08/20(Sun) 16:10:37 [ No.6834 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
どんよりと薄靄に煙る東京から、笹子トンネルを抜けると、山梨の空には青空がのぞきます!!
集合場所の塩山駅南口バス停に並ぶ早着組の背景にも青空が・・・期待が持てそうです!!


2017/08/20(Sun) 16:14:16 [ No.6835 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
5時半には家を出たのに、皆さんが待ちかねた好天の土曜日とあって、中央線もヤマバスも満員! 延々と乗り継いで、やっと着いた鶏冠山登山口からのスタートは、もう10時です!

遠く高いところまで来たのです!!
近くの気温表示板には、17℃と出ていました。

いつ降り出しても、すぐに取り出せるように、雨具は取り出しやすい所に入れて・・・と注意して、さあ、出発でーす・・・


2017/08/20(Sun) 16:20:50 [ No.6836 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
私の山行には初顔の、奥のお二人。K氏とYさんです。
Yさんは、今日のレベルなら ”超余裕”でしたが、K氏は、日頃の運動不足を痛感<ご本人の弁>されたようでした。


2017/08/20(Sun) 16:24:17 [ No.6837 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
真夏の体力消耗を加味しても、今日の登山道は、幅広で、アップダウンや凹凸も少なく、「中級向」にはピッタリでした。
ただ、その名の由来となった ”トサカ状”の鶏冠山山頂直下の岩場周辺だけは、”力”が要りましたネ。

雨合羽を着ての岩場や、濡れた木の根っ子の滑りを心配しましたが、一日中、一滴の雨にも降られず、幸いでした。


2017/08/20(Sun) 16:30:05 [ No.6838 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
12時前。鶏冠山山頂にある「鶏冠神社」の祠(K氏、H氏の後ろ)前にて。先着組メンバーのみで。

狭い山頂には、約10分後に後続組が。(Oカメラマンの画像を待ちます。)


2017/08/20(Sun) 16:34:03 [ No.6839 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
祠の後ろに、断崖絶壁を覗ける岩場があります。
高所恐怖症のリーダーは遠慮して?登りませんでしたが、メンバーたちは”平気の平左”で・・・・

岩場のステップ幅で苦労した?Aさんも、日頃、ブツブツは言うものの、あまり喜怒哀楽を現さない?例のN氏も、久々に満面の笑顔!! ストレスも何もかも、吹き飛ばしてしまいましたネ。


2017/08/20(Sun) 16:40:00 [ No.6840 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
ザックを残しておいた分岐点まで戻ってきて、遅れて登って行った後続組を待ちます。

まだまだ好天気は続いています。「この分では(悪化予想の)午後も、何とかなるかも・・・?」


2017/08/20(Sun) 16:43:28 [ No.6841 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
分岐点を挟んで、鶏冠山と対面にある黒川山山頂(1716mの三角点があるだけ)にて昼食です。

あれほど毎回持ってくるのは、ただ単に麺類が好きだというだけではなく、余程うまいのではなかろうか・・・?と、自分も ”セブンの冷やし中華”を買ってきました。

イヤーッ 旨い!
汗をかいて、口が渇いたヒルメシには、適度の酸っぱさとサッパリ感がイーイですねえ。お見それしました。 
ヨッ、グルメN氏!!


2017/08/20(Sun) 16:50:52 [ No.6842 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
13時前、今日はチャンとヒルメシ時間を取った上で、下山開始!
下りは良い道ばかりですが、バス時間は気になります。2カ所の絶景展望台も、雲で見通しが効かないのを幸いに? 足早に切り上げざるを得ません。

(1)梅ノ木尾根分岐展望台にて。


2017/08/20(Sun) 16:57:55 [ No.6843 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
(2)折角の2000m級の奥秩父の山並みが、こういう風にしか見えませんでした。残念!

2017/08/20(Sun) 16:59:20 [ No.6844 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
(3)こういう風に、並んでいたはず・・・

2017/08/20(Sun) 17:00:17 [ No.6845 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<左>
下山路は、都水道局が管理する水源林の中を幾筋も走っています。その途中の分岐点「六本木峠」です。
ここで、「丸川峠・大菩薩」方面に別れを告げ、ひたすら「柳沢峠」方面に進み、バス時間を目指します・・・やや遅れ気味です・・・

<右>
柳沢峠手前のブナの巨木に抱き着く下見時のKサブです。
(今日は時間が押していましたので、パス)
水源林は、ブナ、ミズナラが中心でした。


2017/08/20(Sun) 17:09:20 [ No.6846 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
携帯が通じる度に
・小平は雷雨 ・品川が停電 ・西武多摩川線が運転見合わせ
等々。
こちらは、日差しが照りつける下山口の柳沢峠に、15:20到着!
足が攣ったK氏をカバーしてくれた後続組を待って、解散宣言できたのが、15:30!! (たった1本のヤマバスまで、あと10分でした!!!)

僅かの時間でも「お待ちどうさま ビール」を手に入れる人
早目にバス待ち行列に並ぶ人
トイレに急ぐ人・・・

**************************

このところ、”思いやり歩調 ”の出来、不出来に悩まされています。

このバスを逃すと後がない・・・というたった1本の帰りのヤマバス!
その時刻表は「通常ペースでの登山者時間」を目途にしているようなので、団体行動でのゆっくりペースには合っていません。

山行途中で、ペースの遅い人が出たり、トラブルが発生したり、或は、休憩時間やヒルメシ時間をもっとゆっくり取ってあげたいと思ったりした時、
「このままのペースで、バスをミスして、全員を遅らせても良いのか?」「遠方からでも、タクシーは呼べるか?」「もしもの場合、誰と誰を残せるか?」
「なぜ、申込受付時に断らなかったのか?」果ては「この山行計画は、採用すべきではなかったのでは・・・?」・・・・と。

****************************

今日はこの後、天気急変の恐れもありとして、塩山名物ほうとう屋は次回に回し、早目の「ホリデー快速」で、高尾まで戻っての反省会としました。
店のオヤジの話では「先ほどまで停電した」とのこと。
今日の我々の好天山行は、やはり「天の配剤!」だったようです。皆さん良く頑張りましたネ。サブや攣り手当の協力者など、お疲れ様でした。結果的には、全員無事で、時間通り帰着できたのではないでしょうか?

今や、高校野球が真っ盛り! 炎天下で頑張る球児たちを応援したくなります!
多摩ハイの真夏の山行組の頑張りも、応援したくなりました!

ドーしてか、この曲を聞くたびに涙ぐんでしまうのですが・・・

♪ あーあー栄冠は 君に輝く・・・・・とくらあ。


2017/08/20(Sun) 17:36:29 [ No.6847 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:かめさん  引用する    New!
てっきり中止と思っていました。当日朝の降水確率を確認し、空を見上げると青空・・。
これなら実施できたかも・・と思っていたら実施出来たのですネ。
何事もなく無事下山出来た・・良かったですネ と、言わざるを得ません。

参加者は参加して良かった・・リーダーは前日から無事下山まで 終始気をもんだ事でしょう。
気象庁も時にはいたずらをする事があるんですネ。
ご苦労様でした。

2017/08/20(Sun) 20:02:19 [ No.6848 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
ひき続き私が投稿します。
天候云々はすでにo-jリーダーがくどく触れていますので省略しましょう。
本日の山行は25名(男12名・女13名)女12名と言い張るリーダー(なんでだろう)
塩山から柳沢峠を経て落合登山口へ(約50分)ここから9時55分にスタートしました。
山道はきれいに整備され 緩やかな勾配で名目とも中級にふさわしい山行でした。「思わぬ晴れ」「素晴らしきかな山頂」そして「苔街道」が印象的です。
<黒川山・鶏冠山>
黒川山が山名でしょうがその双耳峰として鶏冠山があるのでしょう。
今回の登山ルートではその全容を臨むことはできません。
昨年、笠鳥山山行時に山荘の広場から撮った遠景を紹介します


2017/08/20(Sun) 22:46:53 [ No.6849 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<鶏冠山山頂>
さてその鶏冠山の山頂や如何に?実に岩場、前は絶壁なのです。


2017/08/20(Sun) 22:50:33 [ No.6850 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<参加メンバー>
黒川山頂でヤマメシそして全員撮影です。24名のメンバー。


2017/08/20(Sun) 22:52:48 [ No.6851 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<率いるスタッフ>
今回のスタッフの方々です。左からサブ広松さん(しばらく)
リーダー奥井さん、サブ原島さん、上村さん、佐藤さん。
ヒョットしたら原島さん、佐藤さんの女性陣、初陣ですか?


2017/08/20(Sun) 22:55:45 [ No.6852 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<苔むす大岩>
下りでは、苔むす大きな岩場が続きます。実に見事な苔で多分十分に湿気ある環境にあるのでしょう。


2017/08/20(Sun) 23:04:55 [ No.6855 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<苔街道を歩く>
この登山道を苔街道と呼ぶそうです。歩きましょう。


2017/08/20(Sun) 23:06:37 [ No.6856 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<では、登りましょう>
ゆったりと、広く、緩やかな登り道。ブナなど緑鮮やかな道、時折吹き抜ける風が気持ちよく、いきおい速足です。


2017/08/20(Sun) 23:09:21 [ No.6857 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<苔の岩場を登る>
道幅の広い登山道を抜けると、次は岩場です。それも苔むす岩、岩は大きく少々濡れていて慎重に登りましょう。


2017/08/20(Sun) 23:12:20 [ No.6858 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<小休止して苔の精気をもらおう>
道の上下の岩は苔むす岩です。道は緩やか、これが中級たる所以なのでしょう。


2017/08/20(Sun) 23:15:18 [ No.6859 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<岩登り>
鶏冠山分岐で、背負ったリュックを解いて身軽になって鶏冠山山頂に向かいます。
この場面が本日のハイライトかもしれません。まずは5mほどの岩場(鎖なし)を登ります。一か所大股登りがあります。


2017/08/20(Sun) 23:19:35 [ No.6860 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<岩場下り>
次いで、木の根っこの這う岩場を下ります。(結構キツイです)


2017/08/20(Sun) 23:21:20 [ No.6861 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<鶏冠山登頂>
岩場のアップダウンを経て 目的の鶏冠山登頂です。
こちらを向かない方もいて多少見にくいかもしれません。


2017/08/20(Sun) 23:23:57 [ No.6862 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<登頂メンバー 1>
標柱と社の前で記念撮影。若干遅れメンバーあって2組に分けての撮影です。


2017/08/20(Sun) 23:26:48 [ No.6863 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<登頂メンバー 2>
若干遅れて登頂されたメンバーです(なぜ遅れたかは後で)


2017/08/20(Sun) 23:28:56 [ No.6864 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<山頂岩場で>
標柱、社から更にのぼると岩場の頂となります。下は絶壁、
さて皆さんが見つめる眼前には・・・・


2017/08/20(Sun) 23:32:47 [ No.6865 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<山頂岩場にて・・2組目>
少々遅れて登頂した皆さんの頂での姿。スット立つ0リーダー、実は足が竦んでいるんだそうです。所謂高所恐怖症とのことで、この人にも弱い一面があるとは、ホント?


2017/08/20(Sun) 23:36:28 [ No.6866 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<大菩薩連陵>
そうです。みんなが見ているのは大菩薩の山です。パノラマ合成失敗でとりあえずつないだ画像です。
大菩薩嶺がこんなにトンガリとは意外でした。


2017/08/20(Sun) 23:40:08 [ No.6867 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<少々羽目を外します>
この画像を見ても単に何人かの人が映されているだけです。
しかしこの方たちには映すそれなりの訳が実はあるのです。
(左)登りが苦手なK女史、久しぶりの中級で少し遅れだしました。女史をフォローするという理由で実はさぼったのがこの男たちなのです。
(中)下りの大きなブナ道で、私はどうも何人かが付いてきていないこと気づいたのですが、どうやら新人k氏が足を攣ったようで、どうもこの3人の美女(うん?)が付き添ったのだそうです。・・・いいことしたんだから早くしらせてよ!
(右)「皆 同じように登ってきたんだよ。ダダこねちゃぁダメ!」「・・・・」とかなんとかお説教?(この投稿は悩みました、ご理解を!)


2017/08/20(Sun) 23:54:04 [ No.6868 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<黒川山でヤマメシ>
鶏冠山から分岐を経て黒川山山頂です。ここは視界はありませんが、広くてヤマメシには適しています。ゆったりとした時間。i女史から静岡の珍しい漬物(?)が。


2017/08/20(Sun) 23:58:48 [ No.6869 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<黒川山・見晴台>
雲がかかってはいますが、実に絶景です。この見晴台の岩場に登っての遠景です。南側には大菩薩です。
そして北東には・・・・


2017/08/21(Mon) 00:03:13 [ No.6870 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<奥多摩の名山があるはず>
そうです、北東には飛龍や雲取が雲の中にあるんです。
(パノラマ)


2017/08/21(Mon) 00:04:53 [ No.6871 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<「おまじない」が晴を呼ぶ?>
さて、あたりは晴れてきました。晴女を自称する○○女史、今日もザックにおまじないの「テルテルボウズ」を吊り下げています。御本人は、このテルテルのおかげで晴れたのだと主張するのですが、そんなことあるか?


2017/08/21(Mon) 00:09:16 [ No.6872 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<苔むす苔街道を下る>
さて、下りはのぼりよりさらに緩やか、苔街道をゆったりと下り六本木峠にぬけます。


2017/08/21(Mon) 00:11:35 [ No.6873 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<見晴台>
六本木峠を過ぎ、やがて北方向が見える見晴台に着きました。


2017/08/21(Mon) 00:13:28 [ No.6874 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<見晴台からは・・・>
残念、雲に覆われ遠方の稜線が見えません。設置されている山名画によれば、笠取山などが見えるようです。(パノラマ)


2017/08/21(Mon) 00:15:42 [ No.6875 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
<柳沢峠に下山>
さて、この山旅も終わりに向かいます。
15時20分 バス停ある柳沢峠に下山。ここで解散し、山旅を終えます。
総時間5時間半、歩行距離約10から11kmのこの山行は実に中級らしい久々の気持ち良き山行でした。ありがとうございました。


2017/08/21(Mon) 00:19:35 [ No.6876 ]
◇ Re: ≪黒川鶏冠山(1716m)一般向中級≫ 投稿者:  引用する    New!
j-o様 h-o様
本当に久々にストレス解消!気持ちの良い山行でした。写真を見て改めて楽しさを振り返っています。ありがとうございました。
h-o様、私のテルちゃんは本当に効くんですよ。これまで4回のお出ましで、4回とも晴れです。雨模様や曇りの空が青空になるんですよ。尾瀬でも2日目は晴れたでしょう。Aリーダーにも作ってあげたいなぁ〜〜〜なんてね。

2017/08/21(Mon) 10:30:18 [ No.6877 ]

◆ 健康寿命 投稿者:かめさん  引用する 
梅雨に逆戻りしたかの様な雨天続き。週間予報でも日曜迄は雨模様。
計画の中止で画像掲示板も新たなアップが先延ばしされそうですので・・。

朝日新聞の8月15日版に掲載された「健康寿命」に関する記事を紹介します。
ホームページにもアップする予定ですが、現在のHPは欲張った内容で 容量が満杯の状態ですので
他の内容を縮小する事無くアップ出来るかどうか検討中です。 取りあえず当掲示板で紹介します。

健康寿命(2013年度)は・・
・男性:71.19歳 に対し 今年の多摩ハイの男性の年齢(8/1現在)は 73.0歳 で、当然といえば当然ですネ。
・女性:74.21歳  〃   〃   〃    女性の年齢   〃    70.0歳 で、女性は男性より寿命が長く、
 多摩ハイの女性は “若く” “健康寿命” なんて先の話で、これも当然といえば当然ですネ。 

二段クリックで拡大参照できます。


2017/08/16(Wed) 20:43:34 [ No.6832 ]
◇ Re: 健康寿命 投稿者:  引用する 
皆さんは、政府の諮問委員会が 「高齢者の定義」を ”65歳から75歳に改める”ことを静かに?検討しているのはご存知でしょうか? 

高齢化が進む中で、社会保障制度の見直し等に役立てようという意図が透けて見えますが、表向きは、高齢者の健康寿命の延びに合わせて、社会の仕組みを見直していこう・・・という 「政策立案の前提条件の確認」ということにしているようですが・・・。

その際の検討前提に「最近の健康寿命の動向」というのが、示されているようです。
人づてですが、ご紹介しておきたいと思います。

<男性の場合>
・65歳から75歳までの間に、20%位の人が、癌などで自立不能になっているが、残る80%は元気で75歳を迎えている!
・では、75歳以上はどうかというと・・・
70%の人は、脳梗塞や心臓病などで、その後の10年間に自立不能になってしまい、わずか10%位の人のみが、85歳を超えても自立できている!
・・・ということのようです。

多摩ハイの平均年齢は、71歳強です。自立生活どころか、野山を歩き回れるレベルですから、凄いですね!!

自分も、75歳まではこのくらい、85歳まではこのくらい・・・と、長期の目標を定めて ”健康寿命”対応していきたいですねえ!

勿論、常日頃は、健康管理に気をつけつつ、山行中は、ほんの一瞬で全てがパーになってしまう事故には気をつけつつ・・・・・日本人のたった10%に過ぎない 85歳を超えての ”自立生活者”を目指して・・・・

2017/08/17(Thu) 10:42:26 [ No.6833 ]

◆ “横浜界隈ナイトW“下見 投稿者:かめさん  引用する 
明日8月11日は「山の日」。しかし平地の計画は難しい。夏になると熱中症のニュースが絶えない。
今年も8月は「横浜のナイトウォーク」を計画した。去年の8月は休止。
今日(10日)が本番であったが、昨夕5時の時点では“午後/夜”の降水確率が“30%/60%”で中止となった。
直前の参加申込者は10名だったが、ヤハリ真夏の計画は難しい。

下見(9日)は周囲の確認もあり、昼間に行った。ヤハリ暑かった! 500ccのペットボトルを5本飲んだ。
画像掲示板の投稿が暫く無いので下見の画像をアップします。

以下の画像はすべて2段クリックで拡大参照可です。

2017/08/10(Thu) 14:45:01 [ No.6819 ]
◇ Re: “横浜界隈ナイトW“下見 投稿者:かめさん  引用する 
みなとみらい駅に着くと、子どもだけではなく紙のピカチュウを冠った若いカップルが目立つ。
今日からピカチュウのイベントが始まるらしい。

https://hamakore.yokohama/pikachu-yokohama-event-2017-info/


2017/08/10(Thu) 14:47:32 [ No.6820 ]
◇ Re: “横浜界隈ナイトW“下見 投稿者:かめさん  引用する 
ランドマークタワーの真下にある「ドックヤードガーデン」
「旧横浜船渠」の石造りの第2ドックの跡をイベントガーデンとして復元しもの。
左上:ランドマークタワーの展望ロビーから見下ろしたドックヤードガーデン。
右:ドックヤードガーデンからランドマークタワーを見上げる。
左下:ランドマークタワー脇のドックに常駐停泊している訓練船の「日本丸」。


2017/08/10(Thu) 14:50:22 [ No.6821 ]
◇ Re: “横浜界隈ナイトW“下見 投稿者:かめさん  引用する 
「日本丸」から未だ軌道が残っている「電車道」を通り、「赤レンガ倉庫」へ向かう。
左上:潜り抜けが出来る船員向けホテルの向こうに「赤レンガ倉庫」と ピカチュウの飛行船がが見える。
右上:振り返ると、ランドマークタワーが見える撮影スポットです。左壁にもピカチュウ。
左下:「赤レンガ倉庫」前広場にもピカチュウ。
右下:冷房の効いた赤レンガ倉庫内で、ピカチュウが大量発生しているスマホのポケモンに夢中。


2017/08/10(Thu) 14:51:13 [ No.6822 ]
◇ Re: “横浜界隈ナイトW“下見 投稿者:かめさん  引用する 
上:赤レンガ倉庫前広場から対岸の大桟橋に停泊している「ASKA II」を・・
下:大桟橋の「ASKA II」。向こうに「赤レンガ倉庫」と「ランドマークタワー」が見える。


2017/08/10(Thu) 14:52:46 [ No.6823 ]
◇ Re: “横浜界隈ナイトW“下見 投稿者:かめさん  引用する 
左上:「山下公園」の「赤い靴の少女像」
右上:普段ならカップルで占領されているベンチもご覧のとおり炎天下では誰も・・
左下:山下公園のお馴染みの「氷川丸」
右下:遠く「ASKA ii」と「ランドマークタワーが望める。」


2017/08/10(Thu) 14:53:48 [ No.6824 ]
◇ Re: “横浜界隈ナイトW“下見 投稿者:かめさん  引用する 
上:「港の見える丘公園」
下:港の見える丘公園から「ベイブリッジ」方面を望む。


2017/08/10(Thu) 14:54:49 [ No.6825 ]
◇ Re: “横浜界隈ナイトW“下見 投稿者:かめさん  引用する 
「港の見える丘公園」からの180度パノラマ

2017/08/10(Thu) 14:55:45 [ No.6826 ]
◇ Re: “横浜界隈ナイトW“下見 投稿者:かめさん  引用する 
上:「外人墓地」から遠く「ランドマークタワー」を望む。
下:「外人墓地」脇の坂を下り元町から「中華街」へ。


2017/08/10(Thu) 14:56:49 [ No.6827 ]
◇ Re: “横浜界隈ナイトW“下見 投稿者:かめさん  引用する 
左上:「中華街」へ南口から
右上:中華街の中心地「関帝廟」は、生憎改修中でした。
左下:「関帝廟」とよく間違われる「媽祖廟」。
右下:肉まんを売っている店の店頭にぶら下がっている「子豚」を撮ったつもりがアトで確認すると違うみたい・・鳥の様だが何だろう? ペキンダック?


2017/08/10(Thu) 14:57:47 [ No.6828 ]
◇ Re: “横浜界隈ナイトW“下見 投稿者:i-s  引用する 
今年の八月は可笑しいですよ。夕涼み横浜界隈散策はやはり降水確率で中止になったんですね。画像から横浜ドッグ跡や、(赤い靴履いてた女の子〜。)と有名な歌の銅像や、中華街の様子など懐かしく画像を拝見しました。豪華客船も停泊してたんですね。なかなかお目に掛かれないので生で見れた訳ですからラッキイでしたね。羨まし〜。画像掲示板も幾つかの企画が潰れてますの、ペットボトル5本の給水されながらの下見の画像は貴重です。ピカチュウが凄く可愛い!(^_-)-☆

2017/08/10(Thu) 15:48:21 [ No.6829 ]
◇ Re: “横浜界隈ナイトW“下見 投稿者:かめさん  引用する 
i-s様
早々の反応ありがとうございます。
折角下見をしたので、来年の夏を待たず11月の昼間に計画する予定ですが、果たして参加者は?

2017/08/10(Thu) 16:33:58 [ No.6830 ]
◇ Re: “横浜界隈ナイトW“下見 投稿者:  引用する 
かめさんへ
それにしても何という天気でしょうねえ。真逆な、梅雨と真夏と・・・
前日の下見は、ペット5本飲むような好天なのに、翌日の本番は30/60%で中止とは?

現役時代、三鷹からみなとみらいまで、3年ほど ”痛勤”した経験がありますので、懐かしい画像ばかりでした。偶々でしょうが、豪華客船「あすか」も停泊していて、大桟橋からの夜景は素晴らしかったでしょうに、本当に残念でしたね。早急にリベンジしたい気持ちはよく解ります! お疲れ様です!

2017/08/12(Sat) 09:45:07 [ No.6831 ]

◆ ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
先週の御正体山に続き連投します。
空はどんより、どうやら遠景は望むべくもなさそうです。8名の参加中止があったそうで、15名(9+6)がバス停境橋に集合というわけにいかず、2名がタクシーで到着し、合流しました。8時15分出発。
沢沿いのガレ場、岩場を登って林道へ、栃寄の広場からは都民の森に入り、本格的な急登のジグザグ道に、途中霧が濃く発生する中、避難小屋到着、ここで昼食タイム(山頂での雨を危惧して)そして12時35分登頂。下りに入って惣岳山、小河内峠、そして湖畔への直降道を経て、15時55分に下山しました。
約14〜15km、総時間は7時間というやはり上級コースでした。

2017/07/29(Sat) 16:38:58 [ No.6780 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<御前山>
奥多摩三山の一つ、御前山、残念ながら本日のルートからはその全貌をとらえるところはありません。
この3月に狩倉山下山道から撮った御前山、惣岳山を掲載します。


2017/07/29(Sat) 16:43:05 [ No.6781 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<登頂メンバー>
避難小屋までには若干時間差でましたが、そこから山頂はわずか!ほぼ全員同時に登頂しました。


2017/07/29(Sat) 16:45:54 [ No.6782 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<スタッフ>
この山行をリードする左から青柳リーダー、初デビュー山崎さん、そしてサブがすっかり板についた上村さんです。


2017/07/29(Sat) 16:47:58 [ No.6783 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<巨木1>
ともかく、ブナ、トチ、カツラ、クルミ、落葉松などの巨木が目立ちます。
まずは その緑の葉が鮮やかなブナ。


2017/07/29(Sat) 16:50:11 [ No.6784 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<巨木2>
岩場を登って待ち受けていたのは、カツラです。この巨木は特に有名です。


2017/07/29(Sat) 16:52:07 [ No.6785 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<巨木3>
落葉松にはツルの植物が寄生しています(なんでしょう)


2017/07/29(Sat) 16:53:19 [ No.6786 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<登山道沿いの花々1>
玉アジサイが目立ちます。また岩場の大きな岩にはイワタバコが群生していました。


2017/07/29(Sat) 16:55:14 [ No.6787 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<登山道沿いの花2>
オカトラノウや(画像ない:野イチゴ・ホタルブクロ)はの御正体山同様でした。下2種はわかりません。


2017/07/29(Sat) 16:57:32 [ No.6788 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<ザレ場を登る>
スタート直後、沢沿いのザレ場を登ります。涼しいと思いきや非常に暑い。


2017/07/29(Sat) 16:59:31 [ No.6789 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<滝とイワタバコ>
今日は「栃寄の大瀧」が通行止めで見れません。
しかし、沢沿いに下のような滝がありその岩には多くのイワタバコが繁茂していました。


2017/07/29(Sat) 17:04:25 [ No.6790 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<橋を渡る>
沢沿いの登山道であるため多くの橋を渡ります。


2017/07/29(Sat) 17:06:39 [ No.6791 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<岩に跨る巨木>
すごいもんですね、自然は!御覧のように大岩に跨るように根を張るトチの巨木。


2017/07/29(Sat) 17:08:22 [ No.6792 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<岩場を登る>
ザレ場はやがて、大小の岩場となって我々を苦しめます。


2017/07/29(Sat) 17:09:56 [ No.6793 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<大カツラと私達>
有名な大カツラ。幹を囲んだ人数と比べてください。


2017/07/29(Sat) 17:11:38 [ No.6794 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<大カツラと俺一人>
奥多摩の山に賑わい(というより騒々しさ)が戻って参りました。この人物の登場です。大トチと並んでもそん色ない!
ラッセルs氏は雪山道をかき分けて道を作ってくれる頼もしき人です。しかし雪無き今は何をするのでしょう?
人は「熊よけ」と言うそうです。ツキノワグマの出現情報(看板)が数ありましたが、今日はどうやら熊たちはどこかに逃げたようです。彼の夏の呼び名は、誰言うとなく「ベアーキラーs氏」(本文 ご本人から一任を取り付けています)


2017/07/29(Sat) 17:20:06 [ No.6795 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<霧中を歩く>
途中 雨ではありませんが、先が見えぬほど霧が発生し、蒸し暑さがひとしおです。


2017/07/29(Sat) 17:22:04 [ No.6796 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<避難小屋に到着>
11時35分、避難小屋に着きました。若干到着時間差がでましたが、なんとか全員ヤマメシにありつけました。


2017/07/29(Sat) 17:24:02 [ No.6797 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<ヤマメシ>
それぞれのヤマメシ風景。今日はタップリ時間があります。


2017/07/29(Sat) 17:25:22 [ No.6798 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<顔出して!>
小屋の下から大声だしたらこんな人たちがデッキに連なりました。


2017/07/29(Sat) 17:27:06 [ No.6799 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<御前山登頂>
小屋からわずかで山頂です。ほぼ全員時間差なしに登頂です。
(12時24分)


2017/07/29(Sat) 17:29:31 [ No.6800 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<山頂は?>
周囲を木々に囲まれ、展望はありません(残念)
そこで天を仰いだら!


2017/07/29(Sat) 17:36:03 [ No.6802 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<惣岳山へ向かう>
下って次なる惣岳山へと・・・下ります。


2017/07/29(Sat) 17:37:28 [ No.6803 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<天気良ければ絶景!>
本日は曇り、富士山も、石尾根の稜線も全く無理でした。
次回を期待しましょう。


2017/07/29(Sat) 17:39:46 [ No.6804 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<惣岳山登頂>
ここも展望なし!ここから湖畔へはサス沢山の急降か小河内峠を経るかの分岐です。


2017/07/29(Sat) 17:41:52 [ No.6805 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<三頭山がかすかに>
雲隠れしていますが、確かにここから三頭山がとらえられます。


2017/07/29(Sat) 17:43:35 [ No.6806 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<小河内峠へと>
この下りは防火帯、緩やかです。


2017/07/29(Sat) 17:45:05 [ No.6807 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<小河内峠>
下は人間パノラマです。4連画像でしたが、人間はその間に動いてしまいました。全員をこの中におさめれませんでした。


2017/07/29(Sat) 17:47:09 [ No.6808 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<倉戸山>
奥多摩湖に近く春は桜で有名です。


2017/07/29(Sat) 17:48:26 [ No.6809 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<湖畔に下る>
奥多摩湖遊歩道下り最後の橋を渡って湖畔に出てまいりました。


2017/07/29(Sat) 17:50:05 [ No.6810 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<湖畔の先方に>
パノラマですが、正面は仏舎利の大寺山、そして湖畔右手が倉戸山です。


2017/07/29(Sat) 17:52:04 [ No.6811 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<湖畔中央から見る>
月夜見山、さらにその後方は三頭山です。


2017/07/29(Sat) 17:54:00 [ No.6812 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
<奥多摩湖中央からその背後をパノラマで>
今日は 上での眺望ができなかったため、下に降りてともかくパノラマ画像(ねこさん方式技法)を撮ってみました。
そろそろ終わりにします。


2017/07/29(Sat) 17:58:02 [ No.6813 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:tama  引用する 
h-oさんお疲れさまでした!早速の画像掲示板楽しく拝見させていただきました。梅雨明け宣言がなされたら、その後は曇天続き空模様…誰を恨む事も出来ずに今回の山行となりましたが、御前山山行の企画時には、梅雨も明け深緑に真夏の陽光が映え、紺碧の空に入道雲が躍動し、遥か彼方に高嶺の峰々が連なる景観を楽しみながら…と思っての企画だったのですが、理想と現実のギャップに大差があり!山頂周辺は乳白色の世界で視界がゼロ、愚痴も喉仏まででとぐっとこらえた御前山山行でしたが、ドタキャンも含めて八名のキャンセル者は別にして参加者の皆さんとh-oさん、サブのkさんyさんのご協力で楽しい山行となりました。ポジティブに考えればこの天候で雨も、雷もなく下山出来た事はラッキーでした!そしてまた、h-oさんの多種多様な画像掲示板への投稿写真を拝見しながら(出迎えてくれた多様な花々を含め)再度、栃寄沢、御前山、小河内峠の画像を満喫しております、h-oさん、参加された皆さんお疲れさまでした。

2017/07/29(Sat) 21:37:19 [ No.6814 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:山歩山楽  引用する 
hーoさんへ
御正体山(Oりーダ)と御前山(Aりーダ)
連続の掲示板の投稿お疲れ様でした。厳しい山行の中の多くの画像 さすがですね。
山々の展望や沢山の季節のお花 又参加の皆様の楽しむ山行の様子など、家に居ながら楽しませて頂きました。
2つの山行とも、自然の天候の中でこそ味わえる山の雰囲気が醸し出されていて、とても素敵な画像掲示板でした。私が行けない山なので指をくわえて見ていました(笑)
お疲れ様でした。そして有難うございました。
思い出ある倉戸山が見れたのも嬉しかったです。

2017/07/30(Sun) 08:25:24 [ No.6815 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
この暑さ、この空模様、苦労して高い山に登ってもスッキリしたパノラマは無し、陽には焼けるし、時と場所によってはムシもまとわりつくし・・・

それでも、何人かは先週の ”ウンザリ?”に続く”連チャン!!”

今の自分の体力確認? 不断の運動継続による体調維持? 人恋しさの集団心理? 慢性打破/非日常の追及?・・・・

人それぞれでしょうが、頑張る方々の顔が良いです。
「やや雑音が多いクマ除け機」から、今回「ベア・キラーS]に ご昇格された? ”疲れを知らぬS氏”の笑顔のアップがイーイですねえ・・・

h-oさん、”連チャン・カメラマン”お疲れ様! 本当にプロですよ!

2017/07/30(Sun) 12:33:16 [ No.6816 ]
◇ Re: ≪御前山(1,405m)〜小河内峠(1,050m)≫一般向上級 投稿者:  引用する 
画像投稿者より〜

Aリーダー)今回もご案内ありがとうございました。体を酷使しての登山が好きな自分としては 今回も楽しい山行でした。
惣岳〜小河内峠〜遊歩道という下山路は大変に気に入りました。

山歩さん)先週に次いで今回も拙い我画像をご覧いただいたのですね。両山とも遠くの山並の画像がなく、柄にもなく花なんぞを撮ったため、今度は名前がわからず困りました。でも山旅は良いもんですね!

j-oさん)S氏、好人物ですね。受け狙いで彼を主役に1コマ投稿しました。熊のニュースが多く S氏を人質にすべく 熊ヨケとしましたが、この熊が逃げたので ベアーキラーと昇格です。カラオケは少なくも5曲、するとお昼下山の企画が必要ですね。

2017/07/30(Sun) 21:33:17 [ No.6818 ]

◆ ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
自分の場合、
「企画→下見→役員会提案→例会説明→参加者募集→お天気対応→実行」と、約3か月かけて準備する月毎の『山行計画』は、都度、一種の『芸術作品?』を作っているような気がしています。
自分として満足できる作品に仕上がり、山行当日、参加者全員に喜んでもらえて初めて、『やったー!』と幸せ感を味わいます。

その伝でいくと、今回の≪御正体山≫は、色々な面で ”不完全作品”にしてしまったようで残念でなりません。
トホホ・・・。
 *真夏の体力消耗を加味すれば、「中級向」ではなく「上級向」でした!(「Oリーダーの表示はいつも低めなので、要注意!」が定着してしまいそう。)
 *山頂直下の最後の急登中、「頑張れ!あと5分!」が、20分以上に。皆さん「えー、まだアー」。(「Oリーダーのあと5分には要注意!」も定着してしまいそう。)
 *ペース配分を誤りました! 結果的に、昼食時間がほとんど取れませんでした。
 *下見時の経験から、「ムシ対策を!」と散々警告したのに、どういう風の吹き回しか?ムシはほとんどゼロ?? 防虫対策に余分な出費をさせてしまいました。
 *下山は、帰りの一本だけのバス便から逆算してのペース維持に苦労しましたが、都留市駅に着いてみれば、駅前に客待ちタクシーが何台も・・・? ゆっくり下山して、タクシーを呼んでもOKでした。(バスと同じ山梨交通。我々からの呼び出しを予め予想していたのかも??)
 *降水確率は20/30%でギリギリ。「山沿いでは所により雷雨の恐れ」が的中! しかも、一番キツかった直下の急登中だけに通過雷雨が・・・。まさに ”泣きっ面に蜂!”でした。

「このままでは帰りたくない」と無理やり声掛けした高尾での反省会でしたが、何とか気分転換はしてもらえたでしょうか?

それでも収まらなかった私は、数人と共に、心の疲れを癒したくて、更に、2〜3曲となりましたが・・・


2017/07/23(Sun) 16:02:04 [ No.6743 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
そんなわけで、今回の画像撮影には集中力が発揮できませんでした。
下見時のものを適当に混ぜさせて頂きます(あとで、Oカメラマンの画像が投稿されると思います)。

半年前、まさに ”最高傑作”に仕上がった≪雪の今倉山≫以来の都留市駅です。
夏休みに入って最初の土曜日ということで身構えましたが、土日だけ運行のヤマバスには、我々以外の乗客は一人だけ・・・


2017/07/23(Sun) 16:07:54 [ No.6744 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
道坂隧道バス停を9時丁度にスタート。
トンネル上の尾根・分岐点に出ます。
半年前、ここいらは既に予想外の積雪で白一色! 進むか退くか迷ったところでしたネ。
今回は、緑一色です!


2017/07/23(Sun) 16:12:20 [ No.6745 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
尾根道からは、道志、丹沢山系の山並みが、このように見えるはずでした。
今回は、モヤと雲で良く見通せず・・・


2017/07/23(Sun) 16:14:30 [ No.6746 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
登りのほぼ中間点「岩下ノ丸」。やや遅めのペースでしたが、10時半に到着。
標高が1200m位あり、涼風も通り抜けるし、木陰中心の尾根歩きは暑くも無くむしろ快適でした・・・


2017/07/23(Sun) 16:18:29 [ No.6747 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
小さなアップダウンを繰り返しつつ、尾根伝いに御正体山に向かって近づいて行きます。

パノラマが少なく、時期的にこれといった花も少なく、所謂 ”華”の無いこの山は、いかにも ”地味な”感じがします。
皇太子殿下は、何を好き好んでこの山に登られたのでしょうかネ? 自分と同じように「気になる山なので、一度は押さえておきたい!」とでも思われたのでしょうか?


2017/07/23(Sun) 16:24:48 [ No.6748 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
小さなアップダウンでも、真夏の体力消耗は人によっては差が出てしまい、予定より30分ほど遅れて、11時半過ぎ、直下の「白井平分岐」に到着。 ここで、道志村からの登山道と合流します。

さてここからが、今日一番の急登になります!
一本道で迷う心配はありませんので、各自無理をせず、マイペースで行くこととしました。
やや曇ってきて、遠くでゴロゴロと聞こえてきました!
山頂までは、地図上の時間では「あと45分」。頑張りどころです!!


2017/07/23(Sun) 16:30:03 [ No.6749 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
山頂到着は、先頭が12:25、最後尾が12:40!!
急登中は自分でも余裕がなく、画像無し!
通過雷雨の襲来もあったりして、イヤハヤ大変な急登となりました・・・

で・・・、山頂はこんな具合。展望無し、ムシ少々、雨で下が濡れており座りにくい・・・

先頭のヒルメシ時間15分、最後尾はゼロ!!

それでも記念写真だけは撮影し、予定より15分遅れで何とか下山開始・・・・・・・・・・・・


2017/07/23(Sun) 16:36:23 [ No.6750 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
今回は、富士山の真ん前なのに、御正体山自体が邪魔になって富士山は見えません。
唯一見えるのが、下山途中の峰宮跡にある展望台です。
下見時にかすかに見えた富士山です。今回は、雲の中で、全く見えず・・・
イヨイヨ ”華”がありませんでしたネ・・・・


2017/07/23(Sun) 16:40:55 [ No.6751 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
で・・・、”地味ーな”下りっ放しの下山道を急ぎ足で約2時間・・・。
一部に、疲労蓄積や尻餅で、遅れ気味の人も出始めましたが、兎に角、バス停15時を目標に急ぎました。 最悪、乗り遅れた人にはタクシーを呼ぶつもりで・・・

結果的には、何とか全員が15時前にバス停に辿り着けました。近所のお宅の出っ放しの水道で、顔を洗わせてもらったり、汗びっしょりの着替えをしたりできました。
イヤハヤでした!!

都留市駅で解散式。駅前の酒店でビールの人、八百屋スーパーで格安な桃をお土産に買う人、高尾での反省会でヤケ酒を心づもりする人?・・・

こんなでも・・・「やっぱり好きなんでしょうね」
このクソ暑い中、冷房の効いた快適な屋内から、敢えて、炎天下の日差しギラギラの山に、汗びっしょりで登っていくのは・・・・・

私も、これにめげず・・・「来月も、山、やります!」

2017/07/23(Sun) 16:56:32 [ No.6752 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
0リーダー:しきりに自己懺悔していますが、そのような必要ありません。暑い中だからこそ参加しており、反省会の様子通り皆さん満足していますから。大変気苦労されお疲れ様でした。

<御正体山、さてその正体や如何に?>
リーダー曰く’気になる山’奥多摩から富士山を眺めると必ずその左に御正体山、そして右に三つ峠山が見えます。
言わば 横綱「富士山」の太刀持ちの御正体山、露払いの三つ峠山というところですか?
どうしても気になる山なので、一度は登ってみようと16名(男9+女7)が挑戦しました。
山ブロなど閲覧するとマイナーな記事が多く’地味な山’ということになっていますが、登ってみてやっぱり’地味〜な山’でした。それにしても中級どころか上級でしたね!
皇太子殿下が登られたことで有名のようですが、ブナ林が素晴らしく展望がないだけに常に日差しを浴びることなく、時折の涼風は非常に心地よいものでした。
地味な山だけにせめて画像は派手にとは思うもののどうも画像も地味のようです。

この画像は横綱富士を以前の画像からとって合成したものです。御正体山などはいずれもバスの中から撮ったものです。


2017/07/23(Sun) 19:47:27 [ No.6753 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<御正体山>
山容全貌はバスの中からしかとらえられません。右の松の間にかすかに山頂をとらえた画像はかなり登った頃撮ったものです。


2017/07/23(Sun) 19:50:40 [ No.6754 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<山頂でのメンバー>
登頂には少々個人差があったものの全員元気に登頂しました。
標柱を真ん中に全員撮影。


2017/07/23(Sun) 19:53:05 [ No.6755 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<メンバー・スタッフ>
左)はバス下車の道坂隧道入り口広場でスタート前のストレッチを行うメンバー
右)は本日のスタッフ、左からサブ新井さん、リーダー奥井さん、サブ笠原さん、そして紅一点サブ本田さん、今回のサブ担当ひょっとしてデビュー?


2017/07/23(Sun) 19:58:28 [ No.6756 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<ブナ林>
なんといっても水源保全としてのブナ林はまず挙げられます。
水を豊富に蓄える、そして我々に涼しさをもたらすブナはその透けるような緑がなんとも鮮やかです。


2017/07/23(Sun) 20:02:56 [ No.6757 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<アサギマダラ>
ススキなどに囲まれた山道沿いには多くのヒヨドリバナが咲いています。そこには必ずアサギマダラがその蜜を求め集まってきています。


2017/07/23(Sun) 20:05:58 [ No.6758 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<小さな植物たち>
山道沿いには花の群生は見られませんが、よく観察するとちいさな花がしっかりと咲いているものです。
右下の花・・・だれもわかりませんでした。


2017/07/23(Sun) 20:09:28 [ No.6759 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<小さな植物たち2>
これも右上の黄色の可憐な花、わかりません。


2017/07/23(Sun) 20:12:09 [ No.6760 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<落葉松にからまるツル>
ブナに次いで 目立つのは、シラビソと落葉松です。
落葉松には白い花をつけ宿っているツルからなる植物・・・なんでしょう?


2017/07/23(Sun) 20:14:49 [ No.6761 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<登ります>
この1月 今倉山山行時同様にみ道坂隧道左の登山道からスタートします。
初めは杉、ヒノキの植林帯からやがてブナ・ナラなどの自然林へと進みます。


2017/07/23(Sun) 20:19:19 [ No.6762 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<雲に霞む丹沢山系>
やがて松で視界はさえぎられるものの丹沢の山並が見えてきます。(ねこさん式パノラマ技法で)


2017/07/23(Sun) 20:22:18 [ No.6763 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<岩場>
ほんの少々岩場らしき景色に遭遇します。簡単・・・・


2017/07/23(Sun) 20:24:09 [ No.6764 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<ススキやクマザサの道を>
虫こそいませんがススキ、ササの覆われた山道を進みますが、背丈位深いところもあります。


2017/07/23(Sun) 20:30:49 [ No.6766 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<休憩>
中間地点、白井平峠で休憩します。


2017/07/23(Sun) 20:31:59 [ No.6767 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<最後の急登>
この登りこそ「上級」だね!と言われる所以です。ともかく5分がなかなか来なくて先方を見れども一向に明るさが現れず。雨は降るし、視界は悪くなるし、「しんどかったぜ」と心で思いつつも・・・


2017/07/23(Sun) 20:36:53 [ No.6768 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<御正体山登頂>
それぞれの登頂です。最終者までに多少時間差がありました。


2017/07/23(Sun) 20:39:49 [ No.6769 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<山頂>
山頂には皇太子殿下登頂の立て看板がります。あたりを木々で囲まれ展望は全くなし。それでも登頂の気分はよいものです。


2017/07/23(Sun) 20:42:40 [ No.6770 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<山頂でヤマメシ>
先を急ぎます少雨のなかメシをかけ込みます。幸い虫を一緒に食すことはなかったようです。


2017/07/23(Sun) 20:45:16 [ No.6771 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<下る>
バスの時間が気になります。ともかく急ぎましょう。ところがこの下り なかなか手ごわい 急降に加え、それが延々と続くものですから膝が痛いのなんの・・・この下りも「上級」の要素かも知れません。


2017/07/23(Sun) 20:48:12 [ No.6772 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<ブナと私>
ともかくブナの巨木が目立ちます。撮影のネタがないので、こんなのどうですか?


2017/07/23(Sun) 20:50:09 [ No.6773 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<雲の中の三つ峠>
天気良ければ素晴らしいのでしょう。パノラマ画像を多く撮ろうと意気込んではいたのですが、とれたのは?


2017/07/23(Sun) 20:52:27 [ No.6774 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<下山>
御正体山入り口バス停に下山しました。急いだ甲斐あり時間まで超余裕(?)顔を洗ったり着替えたり。
本日の山行、総時間6時間 歩行距離は約12km程度。
気になる山・・登ってみれば普通の山、いつまでも富士山の太刀持ちを務めてください。本日は皆さんありがとうございました。終わります。
最後に夏の里の風景を!


2017/07/23(Sun) 20:57:48 [ No.6775 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
h-oさんへ
カメラマンお疲れ様!
10数分しかない自分のヒルメシ対応時間を犠牲にしてまで、「やっとこさっ!」と急登を登り切ってくる参加者全員の表情を次々と捉えた画像集には、脱帽です! もうプロの域に入りましたね。

それとは別に、今回も”山座同定バトル”の戦友から一言。
林道出合前の西方展望ポイントから写した#6774ですが・・・
 「三ツ峠」は画像左端に見える「杓子山」後方の山頂がぼやけた一番高ーい頂きか、或は、真ん中一番奥に小さく見える台形の山では?
 「本社ケ丸」はその「三ツ峠」から、いったん右側に下りてから登り返して清八山の右に続く1600m級の高い山のはずです?
一昨年に、「やや健向」で縦走しましたので、印象深く思い入れも深いのです。

また、ここでは雲に隠れて全く見えませんが、「鶴ケ鳥屋山(約1400m)」が、その右手前にあるはずです・・・?

この辺はツツジが良いし、またそのうちにやりたいですねえ・・・
これ等の連なりの向こう側には、中央線が走っているはずで、「笹子」「初狩」辺りが来るのでは・・・?
想像するだけでも、楽しいですネ。戦友さん!

2017/07/24(Mon) 10:28:02 [ No.6776 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:  引用する 
<j-oリーダー> 山に対する並々ならぬ執着、執念にはただただ恐れ入ります。
さて 雲に覆われたパノラマ山景・・教わったままに見にくい山容をたどり山名をプロットしただけですが。
今回の山行で’山時間’という概念があることを知りました。
5分は5分だと思い込んでいたのですが、実は長い5分、さらには長すぎる5分もあるとは!しかも今回は運悪く、登頂直前の急登で「長すぎる5分」に出くわしてしまったのです。短すぎる5分もあるのでしょうか?

2017/07/24(Mon) 22:04:07 [ No.6777 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:i-s  引用する 
j-o様
h-o様

猛暑の盛りの御正体山本当にお疲れ様でした。下山後の生ビールの色が鮮やかにテーブルに輝いてましたが、登山の経験者のみが味わえる至福の心許した解放感に浸る貴重な時間ですね。ご両人にはいつもながら沢山の画像を投稿されて、行かれない仲間を楽しませ情報を提供される画像を投稿され行為は、なかなか出来ないことです。いつもながら感動を受けております。
リーダー重い責任を両肩に背負いながら統率し無事に下山させながら、多くの写真を撮り画像投稿されるその労苦は大変なものです。どうぞ夏バテに気おつけてアルコールも程々にして山の紹介を画像をとうして情報を我々に提供してください。お疲れ様でした。・・・有難うございました。

2017/07/25(Tue) 10:58:33 [ No.6778 ]
◇ Re: ≪御正体山(1682m)≫一般向中級 投稿者:ひろ  引用する 
山登りは無事下山できて美味しいビールが飲めればすべて良しです。雨に降られたことや暑かったこと、バスに乗り遅れまいと走ったことなどは良い思い出となるだけです。『不完全作品』などということは全くないと思いますヨ。

2017/07/25(Tue) 19:06:41 [ No.6779 ]

◆ 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
毎日暑い日が続きますね。そんな時納涼と花のコースというのは何と魅力的なんでしょう。と思った人が28名、女性16名男性12名が高尾駅バス停に集まりました。増便されたバス2台に分乗して日影まで行き、まずは日影沢キャンプ場まで歩きました。リーダーからコースについての説明、点呼、準備運動をして、さぁ出発です。

2017/07/20(Thu) 22:35:00 [ No.6728 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
コースはぐんと緑が濃くなった木立の中をはじめはゆったり登ります。コース脇には万葉の歌が書かれていたり、植物の名前を書いた説明板があちこちについています。ここも高尾山?と思うほど静かです。気温は少しひんやりしていて歩くのにはちょうど良い感じ。時々涼風が汗を飛ばしてくれていい気持ちだなぁと思っているうちにだんだん急になって、やっぱり山なんだぁ。最後の階段を登れば1号路と合流、頂上はもうすぐです。

2017/07/20(Thu) 22:42:05 [ No.6729 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
ハイ、頂上です。時間はたっぷり。1時間のランチタイム。食事の後はあちこちでおしゃべりの輪。ソフトクリーム片手に話題は何??こっちではスパッツ論議。最近いろんなタイプが出てますよね。すぐそばにビジターセンターがあったけど、みんなのぞいて見たかな?御岳山のビジターセンターの方が面白かった…(個人的感想)

2017/07/20(Thu) 22:48:37 [ No.6730 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
リーダーもソフトクリーム食べてる!!自分だけ!と言われてました。

2017/07/20(Thu) 22:50:29 [ No.6731 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
高尾山に来たら薬王院にお参りしましょう。高尾山には薬王院をはじめとした建築物や彫像(というのか)などがたくさんありますが、高尾といえばやっぱり天狗様ではないでしょうか。かっこいい天狗様を見つけました。

2017/07/20(Thu) 22:58:13 [ No.6732 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
お参りよりこっちでしょうと、みんなの視線の行先は?ここでも人気はソフトクリーム。ここのは『力ソフト』といってここだけの限定商品、おいしいんだって!頂上で食べた人、もう1個たべましたか?味が違うそうですよ。

2017/07/20(Thu) 23:02:10 [ No.6733 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
さぁ、また木立の中を蛇滝目指して下山しましょう。

2017/07/20(Thu) 23:05:09 [ No.6734 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
そうそう、花を忘れてはいけませんね。ヤマユリ、ガクアジサイ、そしてお目当ての蛇滝のイワタバコ、思ったより数が少なかったですが、かれんな花が咲いていました。葉っぱがタバコの葉に似ているからイワタバコというとK氏が教えてくれました。ピンクの花はボタンクサギでしたっけ?イワタバコの写真、皆さんも撮ってらしたので、もっと良い写真があるはずです。ぜひ投稿お願いします。

2017/07/20(Thu) 23:08:29 [ No.6735 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
順序が後先になりましたが、頂上で撮った集合写真です。今日は頂上もすいていましたね。いつもは頂上の標識の前は順番待ちすることもあるのに、今日は誰もいませんでした。

2017/07/20(Thu) 23:14:01 [ No.6736 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
涼しかった山から下りてくると下界はかんかん照り。でも全員無事下山。解散。リーダーからバスに乗って帰るもよし、川沿いの道を歩いて帰るのも良いですよとのお話があり、半数くらいの人が、高尾駅まで歩くことに。

2017/07/20(Thu) 23:17:32 [ No.6737 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
今日のリーダー、サブリーダーの皆様、お疲れ様でした!

2017/07/20(Thu) 23:23:17 [ No.6738 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
高尾駅について反省会会場の店に着くと、先着していた多摩ハイメンバーで満杯。あふれた人たちはほかの店を探してとぼとぼ。ようやく見つけたお店でカンパ〜イ!!と相成りました。

2017/07/20(Thu) 23:26:14 [ No.6739 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
おまけ:蛇滝からビールを目指して歩いていたら、川遊びをする子どもたちの姿。歓声をあげてはしゃぐ姿を久しぶりに見ました。明日から夏休み。見ている方も涼しくなりました。

2017/07/20(Thu) 23:29:30 [ No.6740 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:i-s  引用する 
ねこねこちゃんえ
猛暑の中のハイク! 涼しげな高尾山納涼と花のコースの画像をエアコンを利かして涼しい我が部屋で、ゆっくり楽しみながら我が身を山道に立たせて思い浮かべながら、画像を拝見しました。ソフトクリームが大人気のようでしたね。美味しそうになめているSリーダー、皆さん美味しそう!(^^♪
下山してからのビールの味は最高な咽喉越しでしたでしょうね。ねこさん! カメラマンお疲れ様でした。有難うございました。

2017/07/21(Fri) 09:59:17 [ No.6741 ]
◇ Re: 裏高尾・納涼と花のコース 初級 投稿者:  引用する 
蛇滝のイワタバコ 撮影はSリーダーです。

2017/07/23(Sun) 15:07:14 [ No.6742 ]

◆ 梅雨の晴れ間/連続下見 投稿者:  引用する 
これでもか!と続きに続く?「梅雨の晴れ間」?を 使わない”テ”は無いと思い立って、遂に、8月分、9月分、更には10月分迄の下見をやってしまいました!!

折角ですから、「画像掲示板の合い間?」を利用して、これからの山行計画の「予告編」として投稿させて頂きます。

一見した皆さんに「これは面白そうだ。日程を確保して参加申込をしてみようかな?」と思ってもらえると良いのですが・・・

2017/07/16(Sun) 16:49:46 [ No.6719 ]
◇ Re: 梅雨の晴れ間/連続下見 投稿者:  引用する 
(1)8月 ≪黒川・鶏冠山≫

 *大菩薩嶺、飛龍山、笠取山といった2000m級の名山群に南・東・北の三方を囲まれ、かつて武田氏隆盛の基となった「黒川金山(1716m)」。
国道411号(青梅街道)の奥多摩と甲府盆地の分水峠である柳沢峠(1480m)を基点として、標高差400m/250mを登降山します。
 *登りは、北面の落合集落(1300m)から、苔むして涼しい?木陰の中を 画像の分岐点まで登り、更に、鶏冠神社(鶏冠山)方面へ進み、最後のチョッとした岩場を登り切ると画像のような山頂です。
 *下山は、この分岐点まで戻ってきて、柳沢峠方面に下っていきます。
柳沢峠よりは、土日限定 午後一本だけのバス便を狙います。到着が早過ぎれば、ドライブインで反省会の予行練習が出来ます。
 *暑い8月のこと、標高が高く、自然林の木陰が中心で、比較的涼しく? 負荷の少ない押さえておきたい有名山を中級向として選んでみました。


2017/07/16(Sun) 17:03:51 [ No.6720 ]
◇ Re: 梅雨の晴れ間/連続下見 投稿者:  引用する 
(2)9月 ≪十二ケ岳〜鬼ケ岳≫

 *富士山は、色々な角度、距離、季節毎に、様々な魅力がありますが、ここ十二ケ岳山頂付近からの全景は、長大な裾野の雄大さと富士五湖を従えた優雅さとを併せ持つ ”絶景の一つ”と思います!
まだ雪の少ない9月下旬ですが、海抜1000m近い西湖湖畔から登りながら、”秋の訪れ”を感じてみたいと計画しました。
 *当初は、隣の毛無山から、一、二、三・・八・・十一と数えながらの登頂を目論みましたが、画像のような吊橋や 急傾斜の岩場を降りるのに、ロープを3本も次々と掴み続けないといけないような岩場もあり、同行サブのA氏とも相談し、「団体では無理だよなあ」と避けることにしました。
代わりに、「十二ケ岳登山口」より、より安全な、ロープを補助的に使っての ”直登ルート”に変更し、下山は、節刀ケ岳から鬼ケ岳を周遊・縦走し、昨秋経験済みの「根場いやしの里」に下りることにしました。

それでも、十二ケ岳山頂付近の急登降下を踏まえると・・「やや健向」に近い「上の上級向」かと思います。
大勢の挑戦者を期待します!

 *電車+バス(タクシー)代と変わらない上に、2〜3日前ならキャンセルも可能という山専門の個人ジャンボタクシー2台をチャーターすることにしました。時間の心配なく、下山口に移動して待機してもらえます。
将来の活用に向けてのケーススタディーの意味合いもあります。
ただ難題は、「18名限定。以下だと割高。以上だとキャンセル待ちに・・・」という所ですが・・・さて、どうなりますか?


2017/07/16(Sun) 17:26:59 [ No.6721 ]
◇ Re: 梅雨の晴れ間/連続下見 投稿者:  引用する 
これは止めた方が良いですよね?

2017/07/16(Sun) 17:28:01 [ No.6722 ]
◇ Re: 梅雨の晴れ間/連続下見 投稿者:  引用する 
(3)10月 ≪石丸峠〜牛ノ寝通り≫

 *昨秋は「上野原駅から鶴峠までバス。そこから、奈良倉山〜鶴寝山〜小菅の湯」ルートで紅葉山行をやりましたが、今年はその延長線上で、「大菩薩の紅葉」を計画しました。
 *この画像に見える自然林の広葉樹は、秋のシーズンにはどんなに素晴らしく色づくだろうとワクワクします。
夏の湿気の中で、遠くに霞む富士山、金峰山、南アルプスは、10月にはもう初冠雪しているだろうか・・・と。
 *石丸峠からは、アップダウンの無い、凹凸も少ない楽な尾根道が続きます。負荷は少ないですが、兎に角長ーい(約4時間)紅葉のトンネルの中を歩き続けることになります。
 *全行程は6時間程度ですが、どうしても小菅の湯発14時台のバスには間に合いません。
ここは、バス待ち時間(約2時間半)を入浴、反省会、地元特産品の買物等に費やすことにし、帰着予定時間は8時半頃となることを覚悟頂く必要がありますので、お含みおきを・・・
 *コースランク的には「易しい中級向」と思います。


2017/07/16(Sun) 17:44:21 [ No.6723 ]
◇ Re: 梅雨の晴れ間/連続下見 投稿者:  引用する 
尾根道は概ねこんな感じ・・・

2017/07/16(Sun) 17:45:17 [ No.6724 ]
◇ Re: 梅雨の晴れ間/連続下見 投稿者:  引用する 
靄と積乱雲の合間から、金峰の五丈岩も見えましたが・・

2017/07/16(Sun) 17:47:25 [ No.6725 ]
◇ Re: 梅雨の晴れ間/連続下見 投稿者:  引用する 
下山道は最終地点近くでもこんな感じで、疲れてきても大丈夫でしょう・・・

2017/07/16(Sun) 18:16:54 [ No.6726 ]
◇ Re: 梅雨の晴れ間/連続下見 投稿者:かめさん  引用する 
山の下見は平地と異なり、天候 雨上がりの状況 サブリーダーとの調整等 前準備の精神的負担は測り知れないと思います。
また、意欲的な上級以上の計画・実施 には敬意を表し感謝する次第です。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

2017/07/19(Wed) 20:23:23 [ No.6727 ]

◆ 湘南平〜平塚七夕 投稿者:かめさん  引用する 
週間予報では実施か中止か・・微妙でしたが、前日予報では熱中症注意の日に。
参加者は M8 W9 の17名。
以下の画像は下見(4日)と本番(7日)の画像が混在しています。

画像クリックで拡大参照可です。

2017/07/09(Sun) 13:46:01 [ No.6705 ]
◇ Re: 湘南平〜平塚七夕 投稿者:かめさん  引用する 
大磯駅から山肌の住宅街を抜け、湘南平への「高麗山公園」の登り口へ(上左)
途中にある横穴古墳を横目に・・(下左)
高麗山(左方向)と湘南平(右方向)の分岐へ。午後は湘南平から高麗山へ尾根伝いに縦走(歩)する。(右下)


2017/07/09(Sun) 13:46:47 [ No.6706 ]
◇ Re: 湘南平〜平塚七夕 投稿者:かめさん  引用する 
千畳敷と言われる湘南平。
東西に長い敷地の西端にあるレストハウス屋上の展望台から東端にあるテレビ塔方面を望む。(左上)
テレビ塔の金網に恋人が取り付けた無数の南京錠。後ろの山は午後歩く高麗山。(下左)
金網越しにレストハウス方面を望む(下右)


2017/07/09(Sun) 13:49:37 [ No.6707 ]
◇ Re: 湘南平〜平塚七夕 投稿者:かめさん  引用する 
レストハウス屋上の展望台からの360度のパノラマ。
相模湾を一望出来る。テレビ塔の後ろが高麗山。
二段クリックで拡大参照できます。


2017/07/09(Sun) 13:50:59 [ No.6708 ]
◇ Re: 湘南平〜平塚七夕 投稿者:かめさん  引用する 
レストハウス前で集合写真。

2017/07/09(Sun) 13:53:22 [ No.6709 ]
◇ Re: 湘南平〜平塚七夕 投稿者:かめさん  引用する 
湘南平で咲いていた花です。
上は「アガパンサス」
下は「キツネのカミソリ」と言うそうな。


2017/07/09(Sun) 13:54:29 [ No.6710 ]
◇ Re: 湘南平〜平塚七夕 投稿者:かめさん  引用する 
湘南平で昼食後、高麗山(湘南平〜高来神社 2Km)を縦走。
女坂と男坂の分岐は女坂を・・


2017/07/09(Sun) 13:55:25 [ No.6711 ]
◇ Re: 湘南平〜平塚七夕 投稿者:かめさん  引用する 
高来神社の裏山から女坂で降りてくる。(上左)
高来神社から日影の無い炎天下の東海道へ。
花水川の橋を渡ったところにある 歌川広重の東海道53次の高麗山の浮世絵。(上右)
後ろは今登って来た「高麗山」。(下左)
東海道の「平塚宿」の碑。(下右)
もうじき平塚七夕会場。


2017/07/09(Sun) 13:57:13 [ No.6712 ]
◇ Re: 湘南平〜平塚七夕 投稿者:かめさん  引用する 
平塚七夕会場の入り口で集合写真。

2017/07/09(Sun) 13:58:23 [ No.6713 ]
◇ Re: 湘南平〜平塚七夕 投稿者:かめさん  引用する 
右下の画像以外は、下見の時の会場の準備風景です。
本番の七夕会場はもっと賑やかでしたが、解散後の反省会?の事が気になり、写真を撮るのを忘れてしまいました。
反省会は平塚駅横の「王将」で男性全員8名で・・


2017/07/09(Sun) 13:59:30 [ No.6714 ]
◇ Re: 湘南平〜平塚七夕 投稿者:かめさん  引用する 
7日当日の朝日新聞の夕刊記事です。

2017/07/09(Sun) 14:00:28 [ No.6715 ]
◇ Re: 湘南平〜平塚七夕 投稿者:i-s  引用する 
カメさんえ
猛暑の平塚の七夕祭りお疲れ様でした。いつもながら飾り物が人々を楽しませてますが今年も大勢の見学者で賑わってたようですね。会場入り口での集合写真はにこやかな表情で満足満足と言ってるようです。珍しい花の名前が有りましたが綺麗な画像で楽しませて頂きました。有難うございました。

2017/07/10(Mon) 10:07:51 [ No.6716 ]
◇ Re: 湘南平〜平塚七夕 投稿者:かめさん  引用する 
i-sさん、いつも当掲示板へのコメントありがとうございます。
下見と本番は、プロ野球の先発投手の如く中3日〜4日は必要な年齢になっています。特に炎天下は厳しいですネ。
今日久し振りにジムのベルトの上を歩きました。

2017/07/10(Mon) 20:55:41 [ No.6717 ]
◇ Re: 湘南平〜平塚七夕 投稿者:  引用する 
木立を抜けて、古墳を見て尾根を歩いて湘南平の眺望。そして七夕祭りを楽しむ。グリコは一粒で二度おいしいですが、一度行ったら楽しみがいっぱい。贅沢な一日でしたね。

2017/07/10(Mon) 21:16:09 [ No.6718 ]

◆ 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
梅雨の真っ最中の山行計画。天気も微妙な状況。にもかかわらず前日の天気用は10%〜30%で決行となりました。
日本武尊が平和な世を願ってイザナミ、イザナギを祀ったのが始まりとされる三峰神社。その奥の院を祭る妙法が岳をピストンし、旧表参道を下ってかつてあったロープウェイ乗り場があった大輪まで下る中級のコースです。
西武秩父からバスで1時間ほどかけて三峰神社駐車場(1000mくらい)まで上がり、ここからからスタートします。まずはここで集合写真をパチリ。


2017/07/05(Wed) 21:28:59 [ No.6685 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
女性14名男性6名の20名が2班に分かれて歩きます。歩き始めは整地された緩やかな遊歩道。シャクナゲの群生があって連休前はきれいだったでしょう。空は梅雨空ですが、暑くもなく寒くもなくちょうどいいくらいでした。

2017/07/05(Wed) 21:34:00 [ No.6686 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
少し山らしくなって汗ばんできたころ、どうぞお休みくださいとばかりにテーブルとベンチ。水分補給と栄養補給。熱中症になるのはかんかん照りの時だけではないですからね。しゃりばてにも注意。糖分補給も大事ですね。この辺りからみんなの口もほぐれて来て楽しい会話が弾みます。

2017/07/05(Wed) 21:37:36 [ No.6687 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
いよいよ妙法が岳直下の鎖場です。登りも大変だけど、下りは怖い。みんな真剣です。でもないですね、K氏は余裕の笑みを浮かべています。
下見の時には、この手前にある木の橋が半分腐りかけてぐらぐらしていたので心配しましたが、新しい木で補強がされていて安心して渡ることができました。


2017/07/05(Wed) 21:44:04 [ No.6688 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
三峰神社奥の院。妙法が岳頂上です。
周りを見渡すと奥多摩までつながる山々が美しい緑のグラデーションを見せてくれます。山座同定?う〜ん、運の悪いことにガスが上がってきて遠くまではちょっと…???
三峰山というのは、妙法が岳、雲取山、白岩山のことを指すのだそうです。そしてこの妙法が岳はパワースポットということで、最近は若い人がたくさん訪れるそうです。


2017/07/05(Wed) 21:52:05 [ No.6689 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
頂上が狭いため、妙法が岳には2班が時間を空けて交代で登りました。

2017/07/05(Wed) 21:55:30 [ No.6690 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
さて、三峰神社にはイザナミ、イザナギの神様が祭られているとご紹介しましたが、その神様のお使いとされるのが、今や絶滅したといわれているオオカミです。オオカミ、大神。またの名は大口真神。狛犬ではなくオオカミが神社のあちこちでにらみを利かせています。その一部をご紹介します。かっこよいと思いませんか。御岳神社もオオカミです。大岳神社にもオオカミが。ひょっとしたらまだこの辺りにはオオカミが神様のお使いに走り回っているかもしれませんよ。ただしクマ出没注意のポスターしか見ませんでしたが。

2017/07/05(Wed) 22:00:31 [ No.6691 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
えっ、オオカミがいた??最後の雌オオカミがいた!と撮影者は言うのですが…。ラスト フィーメイル ウルブズなどと申しております。もちろん私は1班だったので見ていません。(皆様のユーモアを期待して)

2017/07/05(Wed) 22:07:07 [ No.6692 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
三峰神社で全員集合。皆さんまだまだ元気です。

2017/07/05(Wed) 22:08:37 [ No.6693 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
本殿の前の石畳に2012年辰年に突如現れたいう竜神さま。こちらもパワースポットの一つ。赤い目をして長く伸びた姿は、半信半疑で見ても龍に見えるような気がします。水をかけるとより一層よく見えると水が置いてありましたよ???

2017/07/05(Wed) 22:11:32 [ No.6694 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
さぁ、大輪に向かって下ります。旧参道は比較的歩きやすい道です。途中廃屋がポツリポツリと残っています。薬師堂だったり、神職の家だったり、きっと茶店もあったのでしょう。
大輪はかつてあったロープウェイの起点だったところですが、廃止後は来る人も少なく、二軒の土産物屋も半分は休業状態のようです。


2017/07/05(Wed) 22:18:27 [ No.6695 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
歩きやすいとはいうものの、下る一方で足が疲れます。ストックに力が入り肩も疲れてきます。下界に降りるごとに蒸し暑さを感じるようになり、はぁ〜まだかなぁと思ったところで、スーっと涼風が吹いてきて水が流れる音が聞こえ、顔を向けると滝があるのです。その名も清浄の滝。疲れが引いていきます。

2017/07/05(Wed) 22:25:05 [ No.6696 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
2時過ぎましたよ。魔の時間ですよ、気を付けましょう、と言われても足は痛いし、ふらつくし。でも頑張ろうと励まして歩いてきました。川音が一気に大きくなり車の音も聞こえてきたら、ゴールはもうすぐ。ようやく真っ赤な橋が迎えてくれました。登竜橋到着。皆様お疲れ様でした!

2017/07/05(Wed) 22:35:57 [ No.6697 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
最後に本日のリーダー・サブリーダーの皆様、お疲れ様でした。多摩ハイでは初めてコースだったとか。妙法が岳ではガスが一気に上がってきて、緑の尾根に真っ白な雲のじゅうたんがたなびき、『こんなところで雲海が見られるなんて!ここ、すごく気に入った!!』とのうれしい声も聞きました。リーダーにとってはこの一声が次の山行計画をたてるエネルギーになるんでしょうね、きっと。ありがとうございました。お疲れ様でした。今回の撮影はKAZEさんとの共同撮影でした。

2017/07/05(Wed) 22:41:14 [ No.6698 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
ねこねこさんへ
霊験あらたかな神域の雰囲気が感じられるイーイ画像ですネ。参加者の顔にも神々しさが漂い、何かいつもと違うような・・・?
男性軍は7名に見えますが、ソーッと神様が1人入り込んだかな?

2017/07/06(Thu) 11:43:51 [ No.6699 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:  引用する 
あっ大きな神様が一人いました!!一番大事なOリーダーを数えないなんてなんということでしょう。失礼しました。

2017/07/06(Thu) 15:22:29 [ No.6700 ]
◇ Re: 三峰神社〜妙法が岳(1329m) 投稿者:i-s  引用する 
ねこねこ様
梅雨時期でしたが運よく三峰に登れて流石にねこねこさんで、神様を味方につけましたね。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。然しあぶちゃんをした狼群の画像は秀逸です。他にも傑作な画像を沢山投稿されて楽しんで拝見しましたよ。・・・竜神様もグウな画像でしたね。天然の造形はなかなかお目にかかれませんし、カメラを手にしてないとなかなか目につきません。立派なものです。お疲れさまでした。

2017/07/07(Fri) 12:03:18 [ No.6704 ]

◆ 無題 投稿者:y-f  引用する 
ねこねこさんの写真は神域の雰囲気が出ていますね。私たち女子隊はお犬様の背中の割れ目はどんな筋トレかとか議論したり、ヤマトタケルの銅像に手を振ったり、いつもの調子でにぎやかに歩いてきました。春の草花は終わっていましたが、白い木の花、かまつか?テイカカズラ、などの香りを楽しみました。

2017/07/06(Thu) 18:40:50 [ No.6701 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -