00026311

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


1メリークリスマス〜  / 2暑中お見舞い  / 3寒中お見舞い  / 4(^o^)/こんにちは  / 5メリークリスマス〜  / 6暑中お見舞い  / 7(^o^)/こんにちは  / 8お礼  / 9お年賀  / 10ご無沙汰しています。  / 11お早うございます  / 12(^o^)/こんにちは  / 13お早うございます  / 14残暑お見舞いです  / 15小田深山渓谷 (4) / 16石鎚山 (4) / 17yukiさん、こんばんは〜♪ (5) / 18yukiさん、こんばんは〜♪ (5) / 19暑中お見舞い申し上げます  / 20yukiさん、こんばんは〜♪ (7) / 21yukiさん、こんにちは〜♪ (4) / 22お早うございます  / 23お早うございます  / 24お早うございます (1) / 25お早うございます  / 26お早うございます (1) / 27何時もお世話になっています (1) / 28お早うございます (1) / 29お早うございます (1) / 30お早うございます (1) /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ 葛城高原のつつじ! 投稿者:ほり爺 ホームページ  引用する 
yuki104っさんこんにちは。
何時もありがとうございます、この残雪の山並みを見ますと
涼しく成りますそれ程此方は真夏日になってます。
御達者ですね山の梯子幾つこの旅で登られたのでしょう、、?


2009/05/11(Mon) 15:42:59 [ No.3298 ]
◇ Re: 葛城高原のつつじ! 投稿者:yuki104 ホームページ  引用する 
ほり爺さん、おはようございます。
葛城高原のつつじ〜素晴らしいですね〜
とても広い所にたくさんのつつじ〜
こんなに美しい所をみたら、俗世間の憂さはすっかり晴れますね〜すごいです。
ありがとうございました〜。

今回の旅の最後は、田子倉ダムでした、
新潟から国道252のカーブばかりの道をぐんぐんのぼり、
途中六十里越えという峠を越えたらしいのですが、
止まってもらえなかったので、気づかないでしまいました。
そして、只見川をせき止めて造られた田子倉ダムの湖畔にある駐車場へ。
有数の発電量と水量なのだそうですね〜

途中は雪をいただいた山並が見えて、素晴らしい景観でした。
もう、歓声を上げながら、そして、まるでジェットコースターのような
息子のスピード感にばっちり堪能しながら〜( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
あんなにスピード感を味わったことはなかったです。
二人乗りのスポーツカーというのは、端で見ているよりずっと快感を味わえるのですね〜
写真はダム湖です。
周りは雪をいただく峰々が続き、美しい景色でした。
もともと、ここはマタギの里で、かなり裕福な暮らしをしていたので、
かなりの反対運動があったそうですよ。


2009/05/12(Tue) 06:26:06 [ No.3301 ]

◆ 同じくアザミです! 投稿者:ほり爺 ホームページ  引用する 
yuki104さんおはようございます。
何時もおほめの言葉有難うございます、まだまだ勉強中で青二才なり!
よぉっ!まってぇましたぁ!国定忠治親分!銅像も格好いいですね!空っ風の吹く上州赤城地方なんですね!


2009/05/10(Sun) 06:10:33 [ No.3296 ]
◇ Re: 同じくアザミです! 投稿者:yuki104 ホームページ  引用する 
ほり爺さん、おはようございます。
美しいアザミをありがとうございました〜。
とてもきれいですてきですね。

赤城山から、翌日は、三国峠を越えて、会津へ向かいました。
トンネルを抜けると越後湯沢で、そこから魚沼へ〜
越後駒ヶ岳の登山口のひとつがある所に、駒ノ湯という温泉がありました。
素晴らしい山容に、もう感激でした。
周りは雪解け水をドウドウと流し、芽吹いたばかりの緑で一杯〜
素晴らしい景色でした。


2009/05/11(Mon) 09:05:08 [ No.3297 ]

◆ アザミ 投稿者:ほり爺 ホームページ  引用する 
yuki104さんおはようございます。
赤城山は栃木?茨木?どちらだったっけ。。?
遠い所まで遠征登山だったのですね!何時間歩かれたの、、?
足も痛く成りますよでも凄い強脚していらっしゃいますね!
私だったらとっくに足がつってしまってダウンしているでしょう。笑


2009/05/09(Sat) 15:40:41 [ No.3294 ]
◇ Re: アザミ 投稿者:yuki104 ホームページ  引用する 
ほり爺さん、おはようございます。
美しいアザミですねえ〜
ほり爺さんは、撮影がとてもお上手で、うらやましいですね。
ありがとうございました〜。

下山したら、早く下りたから、大沼の周りを歩こう〜
ということになって、ぐるり歩きました。
大沼は観光客でにぎわっていて、モーターボートに乗る人や
あひるのボートに乗る人などがいました。
まだ木々の芽吹きは始まっていなかったのですが、
なかなか美しい沼でした。
ちょうど、向かい側の左手が登った黒檜山で、右が駒ヶ岳です。
緑になってきたら、とてもきれいなんだろうなと思います。
この辺りはとても白樺の多い一帯で、とても美しかったのですが、
上州の空っ風が飛ばすのか、表面のガンビが向けて飛ばされ、
あちこちの枝に引っかかっていました。
国定忠治の像がありました。
忠治肌ぬき地蔵があるそうですよ。


2009/05/10(Sun) 05:16:18 [ No.3295 ]

◆ 我が家のルビナス 投稿者:ほり爺 ホームページ  引用する 
yuki104さんこんにちは。
駒ヶ岳〜黒檜山に縦走でしたか!息子さんとご一緒だったのですね!仲の良い親子で登山!本当に羨しい限りです。
そうですよね登頂に成功した時の気持のいい事最高ですよね!!


2009/05/08(Fri) 16:23:05 [ No.3292 ]
◇ Re: 我が家のルビナス 投稿者:yuki104 ホームページ  引用する 
ほり爺さん、おはようございます。
ルピナスが咲き出したのですねえ〜
とってもきれいですね。
ありがとうございます。うれしいですね。
花がこんな風に咲いて、満足感でいっぱいなのでは〜
素晴らしいですね。

黒檜山からの下山は、登るときよりはちょっと楽だったのですが、
ものすごい石の道で、その落差が結構きつくって、
初め要領が悪かったのでしょうね。
右の膝の上、内側が強烈に痛くなって〜タンマ〜タンマと
騒いで一休み、少し揉んで、休みました。
それからは、つく足を反対から下りるようにして、気をつけたら、
後は痛くなりませんでした。
とにかく道なき道を下りるので、まるで、冒険をしているようでした。
時々、ポンと飛んだりしながらね。
でも途中から見える大沼の様子はとてもきれいで〜
方向が違うものだから、とてもきれいでした。
沼がだんだん近づいているのに、ちっとも下の道に届かなくって〜
そうそう雪があちこちに残っていましたよ。
下りたら、道は、前橋市と沼田市の境界になっていました。
山というのは、あちこちの街の境界をまたいでいるのですね〜


2009/05/09(Sat) 02:57:44 [ No.3293 ]

◆ 下鴨神社! 投稿者:ほり爺 ホームページ  引用する 
yuki104 さんこんばんは。
国定忠治でお馴染みの赤城山!ですよね、登山されたのですね。
素晴らしい所へひょいっと行かれたのですね。
何をおっしゃいます足が短いなんて?笑 
この様な階段の有る所は登るのに楽そうに見えますが疲れますね。
連続の登山は疲れますよ。連理の枝自然の技って言うのでしょう凄いですね!!


2009/05/07(Thu) 20:29:28 [ No.3290 ]
◇ Re: 下鴨神社! 投稿者:yuki104 ホームページ  引用する 
ほり爺さん、おはようございます。
下鴨神社〜ありがとうございます。
真っ赤な橋と川の流れ、そして美しく咲き誇るつつじ〜
とても素晴らしい構図ですね。
ありがとうございました〜。

駒ヶ岳からいよいよ黒檜山へ向かいました。
この山は、1,826mで、赤城山の中では一番高いようです。
ネットで検索した時は、いろいろな花がアップされていたのですが、
今回は遅い春だったようで、全然ダメでした。
それでも、向かい側の地蔵岳や小沼(火口湖)が眼下に見えてとてもきれいでした。
黒檜山の頂上には、赤城山神社がまつられていました。
大小の石や岩の瓦礫状態でしたが、隙間を見つけて、息子をお湯を沸かしてスープを作ってくれました。
すごくおいしかったです。とてもホッとした時間でした。

写真は、目指す頂上です。
ここから少し下って、後は、とにかく、登る、登るでした。
そして、頂上です。
ものすごい達成感でしたね。
足の痛いのや、疲れなど、どこかへ吹っ飛んでしまい、爽快な気分でしたよ。


2009/05/08(Fri) 09:49:36 [ No.3291 ]

◆ 下鴨神社! 投稿者:ほり爺 ホームページ  引用する 
yuki104さんおはようございます。
素晴らしいヤマナシの真っ白な花!素晴らしい画像ですね!
船形山神社の帰り道 蛇が車に轢かれて息絶え絶えに成っていたの、、?心の優しが伺えます!yuki104さんは可愛いそうと思われたのですね。


2009/05/06(Wed) 07:52:57 [ No.3287 ]
◇ Re: 下鴨神社! 投稿者:yuki104 ホームページ  引用する 
ほり爺さん、おはようございます。
下鴨神社〜ありがとうございます。
真っ赤な柱と長い間歴史を見て来た神の依り代が素晴らしいですね。ありがとうございます。

5月2日の赤城山への登山の時のものです。
赤城山という山はないのだそうですね。
いくつかの山を総称して、赤城山と呼ぶのだそうです。
その中の駒ケ岳から黒檜山へと登山してきました。
登り始めて、しばらくしたところで、見つけました。
その途中で見つけた自然の芸術品。しっかり丸くなっていましたた。
昔、このような枝には、山の神様がお座りになって、人間世界を覗いているのだと聞いたことがあります。
連理の枝のひとつになるのでしょうね。
連理の枝は幸せをくれるのだそうです。
この付近は、関東ローム層の真っただ中なので、ものすごい瓦礫の道でした。
だから、登山道は、階段になっていて、すごく登りにくいと思ったのは、私だけだったのか。
足が短いので、非常に疲れました。
なんせ、前日、船形山神社の急坂で、力を使って来たばかりなので、私にとってはね〜(*^_^*)


2009/05/07(Thu) 09:29:34 [ No.3288 ]

◆ 下鴨神社の流鏑馬! 投稿者:ほり爺 ホームページ  引用する 
yuki104さんおはようございます。
船形山神社の祭典は色々な行事が有るのですね!
豊作を願って梵天を氏子たちが争奪して各地元、家庭に持ち帰るのですね!!
この様な行事を何時何時までも継承していってほしいものですが、、?何時まで続けられるのでしょう、?




2009/05/05(Tue) 07:56:12 [ No.3285 ]
◇ Re: 下鴨神社の流鏑馬! 投稿者:yuki104 ホームページ  引用する 
ほり爺さん、おはようございます。
流鏑馬の騎士〜ありがとうございます。
すごく凛々しいお顔をしていますね。
カッコいいですね。
ありがとうございました〜。

船形山神社の帰り道、たくさんのヤマナシの木がありました。
満開の花がとてもまっ白で、すごくきれいでした。
写真を写そうと車を止めて、おりた所で、蛇がとぐろを巻いていました。
びっくりして見ると、どうやら車に轢かれたらしいです。
腹を見せて苦しそうにしていました。
もしかしたら、神事を見た人が轢いたのかなと心配になったりしましたが、普段は好きでない蛇がとても可愛そうでした。


2009/05/06(Wed) 06:04:40 [ No.3286 ]

◆ 京都下鴨神社流鏑馬祭り 投稿者:ほり爺 ホームページ  引用する 
yuki104さんおはようございます。
船形山神社の神事御神体を山の中に埋めて翌年の祭りに探し出すのですか、、!楽しい信じですね!御神体状態でで作柄を占うのですね!
信仰のお深いお方は有難いのでしょうね!!


2009/05/04(Mon) 08:18:15 [ No.3283 ]
◇ Re: 京都下鴨神社流鏑馬祭り 投稿者:yuki104 ホームページ  引用する 
ほり爺さん、おはようございます。
下鴨神社の流鏑馬〜ありがとうございます。
すごい瞬間をとらえたのですねえ〜素晴らしいです。
なんてカッコイイ〜
カメラの場所取りは大変だったのではないでしょうか〜
いいですね。
さすが〜〜です。
ありがとうございました〜。

船形山神社の祭典は、もっと続きました。
「梵天ばやい」というのがあったのです。
長さ2mほどの青竹に、紙シデのついた梵天を4本用意して、
それを宮司が境内にほおります。
これには、山の神様が宿っているのだそうですよ。
それを氏子たちが争奪して、山の神からの豊作のご加護を得るというものでした。
この頃は、比較的和やかに行われるのですが、昔は死人がでるほどの争奪だったそうです。
とった梵天は、竹を短く切り、それにいただいたシデをつけて、
田んぼの水口(みなくち)に立てて豊作を願うのだそうです。
山の神様が、山から里に下りてきて、田の神様になり豊作を見守るのだそうです。
私は田んぼは作っていませんが、一緒に行った仲間とともに、
青竹に、シデを麻紐で結んで、いただいてきました。


2009/05/05(Tue) 05:56:34 [ No.3284 ]

◆ 塩船観音様よりお持ちいたします。 投稿者:敬ちゃん ホームページ  引用する 
ゆき♪さん♪こんにちワ〜>^_^< 何時も素敵な映像&楽しく貴重な会話を
いただき感謝いたしています<m(__)m> 昨日の東京方面は
気温25度℃夏日南東の風晴れ爽やかな一日なりました(^^♪
本日も都心24度℃南南東の風靡風行楽地は賑わいを(^_^;)
汗ばむ陽気になるでしよう。
新緑が目に染みる季節到来気持ちも晴やかに>^_^<
昨日家内の友人と青梅にある塩船観音躑躅を観てまいりました。
東京駅より青梅特快で行ってきました塩船観音よりお届けします。
宜しく


2009/05/02(Sat) 10:09:43 [ No.3279 ]
◇ Re: 塩船観音様よりお持ちいたします。 投稿者:敬ちゃん ホームページ  引用する 
国宝塩船観音は青梅にあります。見渡す限り今を盛りと競い合いながら咲き乱れています。一山全部つつじです。
東京駅より青梅特快にて行って参りました。


2009/05/02(Sat) 10:16:19 [ No.3280 ]
◇ Re: 塩船観音様よりお持ちいたします。 投稿者:yuki104 ホームページ  引用する 
敬ちゃん、おはようございます。
よかったですね〜国宝の観音様にお会いできたのですね。
すごいですねえ〜
青梅というのは、結構都心から奥へ入りますよね^素晴らしい所なのですね。

5月1日に、船形山神社へ行って来ました。
とても険しい山道を登って、やっと境内にでます。

船形山神社は高いというか険しい道を登らないといけません。
それでもお年寄りの方がたも、杖をつき、何度も休みながら登っていました。
でも、あまり体調の悪い方は登れないでしょうね。

船形山神社の神社についてしばらくすると、一番若い宮司さんが、
御払いを受けて、小さな白い箱を持って山の中へ入って行きました。
毎年、この年の祭りの日に、どこかへ埋めてあるご神体を探しに行くのだそうです。
そして、その御神体の湿り具合で、この年の作柄を占うのだそうです。
この仏様は、古代の金銅仏で、しかも朝鮮半島から渡って来た百済仏です。
とても小さなもので、20センチより少し高いくらいでしょうか。
この日じゃないとお会いできないので、みなさん、ご苦労なさって山に登るのですね。
正面から、写真を写させてくれるのですが、一人の女性がちっとも動かず、最後まで、仏様の正面に居て、みなさん動いてくれ〜と騒いでいました。
女性曰く、あまりの神々しさにピントを合わせられないのだそうです。
泣いていましたので、あまりにも感激してしまったのでしょうね。


2009/05/04(Mon) 07:23:03 [ No.3282 ]

◆ 奈良県明日香村の岡寺 投稿者:ほり爺 ホームページ  引用する 
yuki104さんおはようございます。
船形山神社のお祭りに行くのにここを登山して登らないと
神社の境内に行けないのですか、、?坂道や鎖をつかみながら大変ですね!健康な人で若いものだけしかお参り出来ないですね!


2009/05/02(Sat) 06:55:28 [ No.3278 ]
◇ Re: 奈良県明日香村の岡寺 投稿者:yuki104 ホームページ  引用する 
ほり爺さん、おはようございます。
明日香村の岡寺〜ありがとうございました~。
素晴らしい所ですね。
いいですね。日本の美が感じられます。ありがとうございます。

そうなんですよ。
船形山神社は高いというか険しい道を登らないといけません。
それでもお年寄りの方がたも、杖をつき、何度も休みながら登っていました。
でも、あまり体調の悪い方は登れないでしょうね。

船形山神社の神社についてしばらくすると、一番若い宮司さんが、
御払いを受けて、小さな白い箱を持って山の中へ入って行きました。
毎年、この年の祭りの日に、どこかへ埋めてあるご神体を探しに行くのだそうです。
そして、その御神体の湿り具合で、この年の作柄を占うのだそうです。
この仏様は、古代の金銅仏で、しかも朝鮮半島から渡って来た百済仏です。
とても小さなもので、20センチより少し高いくらいでしょうか。
この日じゃないとお会いできないので、みなさん、ご苦労なさって山に登るのですね。
正面から、写真を写させてくれるのですが、一人の女性がちっとも動かず、最後まで、仏様の正面に居て、みなさん動いてくれ〜と騒いでいました。
女性曰く、あまりの神々しさにピントを合わせられないのだそうです。
泣いていましたので、あまりにも感激してしまったのでしょうね。


2009/05/04(Mon) 07:18:00 [ No.3281 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -