00078533

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


1瑞風 (1) New!  / 2GWですが (1) / 3愛宕山 (3) / 4眩しさで目を眩ます大雪原 (1) / 5加古川志方の城山  / 6三の丸っす (5) / 7MTBで福知山  / 8相生っす  / 9七種山のつなぎ岩 (4) / 10鹿倉山へカンカケ探しに  / 11三和町へ (4) / 12日曜日に歩きました  / 13死んでいません (6) / 14古道(廃道)を歩こう  / 15ブナ原生林  / 16ひさびさMTB (2) / 17密林 (2) / 18絶景 (5) / 19トラブル発生  / 20いろいろと登ってはいますが・・・ (5) / 21赤西〜竹呂周回実現です  / 22やっぱり「山であそぼっ」はおもしろい (2) / 23トワイライト (3) / 245つの峠めぐり (2) / 25西光寺山  / 26ナースバシ (3) / 27干支の山  / 28丹生山山塊縦走(一部)  / 29笠形山 (2) / 30紅葉の写真 (1) /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ 三つの岩屋山 投稿者:やまあそ  引用する 
今朝の朝日新聞に載っていました。
京都の古刹、志明院にある『神降窟』の
写真です。

ここの山号は岩屋山、
私とたぬきさんがつい最近行った
山南の寺院跡も岩屋山。

それと同じく山南の石龕寺も
山号が岩屋山。

この三つの岩屋山は同一人物が
開祖あるいは中興の祖とされたお寺です。
こうやって調べるといろいろと
おもしろいことがわかってくるもんです。


2013/05/19(Sun) 18:26:46 [ No.11090 ]
◇ Re: 三つの岩屋山 投稿者:たぬき ホームページ  引用する 
> この三つの岩屋山は同一人物が
> 開祖あるいは中興の祖とされたお寺です。
> こうやって調べるといろいろと
> おもしろいことがわかってくるもんです。

webで検索すると、雲暁という名前が載っていますね。
ほんまにおもしろい!

2013/05/19(Sun) 20:07:17 [ No.11091 ]
◇ Re: 三つの岩屋山 投稿者:矢問 ホームページ  引用する 
やはり読んでいましたね(^^)
朝5時に堤防の草刈りに行く前に新聞を受け取り読んでいて
「やまあそさん、きっと見てるだろうな」と思っていました(^^)v

2013/05/19(Sun) 22:05:41 [ No.11092 ]

◆ 三久安よありがとう(Thank you for sankyu ) 投稿者:やまあそ  引用する 
一昨年だったかに三久安山でオフをしたのですが
山頂から藤無峠へ歩いてみて
やっぱりMTBでも楽しめるコースだと
確信をしたのです。

そこで今回、登りはOAPさんが昔に
登ったというコースを参考にしましたが
これが難コース。
しかも雨も降っているし・・・。

その苦労を取り戻すべく下山は
楽しみましたけど。


2013/05/02(Thu) 18:10:47 [ No.11071 ]
◇ Re: 三久安よありがとう(Thank you for sankyu ) 投稿者:さとゆき ホームページ  引用する 
お久しぶりです。
やまあそさんの三久安山レポートを見て、
今日MTBで行ってきました。
ルートはほぼ同じですが、登った尾根は
1本東側です。この尾根は下の方は植林で、
上の方が自然林です。上の方はきつかったです。
それからアプローチの林道は登った尾根の下で行き止まりに
なってましたよ。

2013/05/12(Sun) 19:05:37 [ No.11078 ]
◇ Re: 三久安よありがとう(Thank you for sankyu ) 投稿者:やまあそ  引用する 
さとゆきさん、おひさしぶりです。
まさか私のMTBレポートで三久安山に
行く人がいるとはまったく予想しませんでした。

関東ではお金をはらってMTBのツーリングに
参加する人が多いとか。
関西はタダで自分で探すのが当たり前。
脚力はなくてもアドベンチャー度は負けません。
阪神タイガースがんばれ!!
関係ないか・・・。(^_^;)

2013/05/12(Sun) 20:13:13 [ No.11079 ]
◇ Re: 三久安よありがとう(Thank you for sankyu ) 投稿者:やまあそ  引用する 
追記

私も一つ東の尾根とどちらにしようかと
考えましたが、最後の稜線近くで
等高線がちょっと楽な西を選びました。

2013/05/12(Sun) 20:15:02 [ No.11080 ]
◇ Re: 三久安よありがとう(Thank you for sankyu ) 投稿者:たら  引用する 
あぁ、三久安山に行ってたら、さとゆきさんにも
お会いする事ができたのですね。

といっても、お名前だけで、まだ
お会いした事がないのです。

2013/05/17(Fri) 21:05:34 [ No.11087 ]

◆ 終わってしまいました 投稿者:はいかい  引用する 
 山陰の山最後の砦、扇ノ山は、今年も孤軍奮闘してくれました。氷ノ山など、平年より早めにスノーシーズンを終えてしまった中、平年並みの5月中旬まで雪をとどめてくれました。扇ノ山がなければ、ひと月以上シーズンが短いということです。来シーズンもよろしく。

2013/05/14(Tue) 19:12:08 [ No.11081 ]
◇ Re: 終わってしまいました 投稿者:やまあそ  引用する 
来シーズンは、スノーシューで歩きたいです

2013/05/14(Tue) 20:58:45 [ No.11082 ]
◇ Re: 終わってしまいました 投稿者:はいかい  引用する 
 編集が面倒でGIFアニメーションでお茶を濁していましたが、動画も編集してみました。ああめんどくさ。

 http://youtu.be/0-atE4DEa8g

 天橋立ではハマナスがあちこちに咲いて、セミも鳴き始めました。初夏ですなぁ。通勤途中の一コマです。


2013/05/16(Thu) 01:02:51 [ No.11083 ]
◇ Re: 終わってしまいました 投稿者:やまあそ  引用する 
通勤途中ですかあ?
ほのぼの感というかのどか感というか
私のような車通勤では無理な風景です。

このあいだ余部に行きましたが
山越しの遊歩道などもあって
ひょっとしたらMTBでも遊べそう。
一駅だけの輪行もできそう。


2013/05/16(Thu) 06:16:44 [ No.11084 ]
◇ Re: 終わってしまいました 投稿者:やまあそ  引用する 
楽譜作りに夢中で鳥取智頭のレポートは
まったく進んでおりません。
今週中には完成させなければ・・・。

余部の遊歩道のイラスト地図です。
今年は無理かもしれませんが
そのうちMTBで遊びます。


2013/05/16(Thu) 21:14:45 [ No.11085 ]
◇ Re: 終わってしまいました 投稿者:はいかい  引用する 
 1年半前に、但馬御火浦を走るのに、鎧、余部、久谷の駅を利用しました。どれも、旅情あるいい駅でした。
 やまあそさんは利用されないかもしれませんが、久谷駅は要注意です。輪行袋を持ってただ一人下車し、誰もいない待合室で自転車を組んでいたら、パトカーがやってきました。そして、おまわりさんに「何をしているのですか」と聞かれました。もちろん、「JRを利用しているのです」と答えました。「あまり利用する人がいないものですから…」と言いながら戻っていきました。さすがに名前などは聞かれませんでしたが。
 すぐに自転車を組んで走り出そうとしているわけですから、長時間待合室に籠城したわけではありません。下車して5分以内にパトカーはきました。それに、私は怪しげな風貌ではなく、善良および誠実を絵にかいたような見た目です。
 どうか、人相の悪い方で久谷駅を利用される方は、逮捕されないようにお気を付けください。


2013/05/16(Thu) 23:02:17 [ No.11086 ]

◆ 綾木峠から・・・ 投稿者:やまあそ  引用する 
地図を見てもわからないと思いますが
鳥取智頭町の尾根を歩いてきました。
A:綾木峠。石仏なし
B:八河谷と大江を結ぶ峠。石仏あり
C:浅見と大江を結ぶ峠。石仏あり

大江越えを見てみたいというのも
今回の目的の一つでしたが
二つもあったのでびっくり。

しかし、文献では八河谷と大江を結ぶと
見たような記憶があるので
『B』がそうなのかも。

いろいろと調べてみますけど・・・。


2013/05/06(Mon) 19:52:05 [ No.11072 ]
◇ Re: 綾木峠から・・・ 投稿者:ブンタ  引用する 
長文失礼します。

今から30年程前の話です。当時渓流釣りにはまっていた私は、ただ釣るだけでなく
鳥取県東部の渓流魚の分布も調べていて、大江の谷に岩魚が居るとの情報で行きました。
その時聞いた話で、大江の岩魚は天然ではなく70年位前に人間が放流した物だとのこと。

大江谷の人は昔炭焼き等で生計を立て、その炭を集積地の智頭に運んで売っていたようだ。
今から100年近く前、ある若い炭焼きが智頭の岩魚を自分の谷にも欲しいと思って、
智頭の親戚(郷原だったか?)に一晩泊まり、採った岩魚を大江に運んだそうだ。

季節を選んだとしても、クーラーやエアポンプがない昔に、水温が上がれば直ぐ死ぬ岩魚を、
生かして運ぶのは大変。最後の水場から峠を越え大江の最初の水場までの時間勝負。

運搬方法だけでなくそのルートも気になり、調べたらどうも浅見谷を使ったようだ。
浅見谷は比高も結構あり大変だったろう。この件もあり、いつか峠越えをしてみたい。

2013/05/07(Tue) 19:20:59 [ No.11073 ]
◇ Re: 綾木峠から・・・ 投稿者:やまあそ  引用する 
ブンタさん、こんばんは。
おもしろい話ですね。
『C』がその話にある峠だと想像しますが
現在の地形図には点線のルートすら
記載がありません。つまり道は消失?

同行の山ボーイさんからいただいた
資料では『浅見越え』という名前のようです。

昨日も歩き通すのが精一杯で下山後
浅見で聞き取りができなかったのが
残念です。

それとこの浅見越えにあった石仏に
彫られていた文言がなかなかおもしろかったです。


2013/05/07(Tue) 19:51:35 [ No.11074 ]
◇ Re: 綾木峠から・・・ 投稿者:やまあそ  引用する 
レポートが溜まっているので
綾木峠はようやく今から始めます。

綾木峠への入り口付近で
いきなり坑口がありました。
ここも覗きたかった!!


2013/05/09(Thu) 21:52:58 [ No.11075 ]
◇ Re: 綾木峠から・・・ 投稿者:tqf  引用する 

> ここも覗きたかった!!

だから覗きに行ったら?って言ったじゃない・・・

後悔先にたたず
我ことにおいて後悔せず

2013/05/10(Fri) 07:20:29 [ No.11076 ]
◇ Re: 綾木峠から・・・ 投稿者:やまあそ  引用する 
正確には「中にはいりたかった」でも
余分な時間ないし。

2013/05/10(Fri) 12:02:06 [ No.11077 ]

◆ やっぱり最後は扇ノ山 投稿者:はいかい  引用する 
 東中国山地で最後まで滑れるのは、やはり扇ノ山。もうここしかありません。
 上山高原まで行ってみると、なんと除雪が延長されていました。ジオパークになって、予算がついたのでしょうか。
 高いところで2メートル半くらいの壁がそびえる雪の回廊ができていました。鳥取・兵庫県の通り抜けもできるので、たまに対向車もあって、場所によって離合が大変です。


2013/04/25(Thu) 22:17:17 [ No.11053 ]
◇ ありがたきかな寒の戻り 投稿者:はいかい  引用する 
 ほんで、またも新雪でした。根雪も前回と比べてあまり解けてませんでした。この時期にしては鈍い雪解けです。
 もう一回いけますね。


2013/04/25(Thu) 22:22:15 [ No.11054 ]
◇ Re: ありがたきかな寒の戻り 投稿者:やまあそ  引用する 
はいかいさん、おはようございます。
今日からGWの人もいるでしょうね。
私は仕事ですが、できれば休み中に
MTB一回、歩き一回したいです。

ここ数年扇の山には行っていないのですが
今年は行けるでしょうか・・・。

2013/04/27(Sat) 07:06:23 [ No.11055 ]
◇ Re: やっぱり最後は扇ノ山 投稿者:たぬき ホームページ  引用する 
はいかいさん 
ちょっとお尋ねです。

車のタイヤはノーマル行かれたんですか?
スノーシューは必要でしょうか。

2013/04/27(Sat) 22:29:54 [ No.11057 ]
◇ Re: やっぱり最後は扇ノ山 投稿者:はいかい  引用する 
 左馬殿道、牛道、上地コース、やまあそさんのレポートを読んで後を追わせてもらいました。ありがとうございます。それと、ちょっと前に丹波の弥十郎ヶ嶽を走りました。新川さんの著書のガイドの通り、後川から入山し籠坊に下山しましたが、春先のやまあそさんのレポートに触発されたことは間違いありません。標高差が少ないので楽勝かと思いましたが、登りでルートを外してしまい、相当な時間を浪費しました。迷う心配はありませんでしたが、道なき急登をMTBを杖に登る羽目になりました。でも、ハハカベ山の尾根から籠坊への下りは、素晴らしいMTBコースでした。またリベンジですね。
 たぬきさん、最後の履きつぶしでまだスタッドレスタイヤですが、昼ごろに登ったのでノーマルでも大丈夫でした。ただし、朝までは雪が積もっていたようで、路肩にうっすら残ってました。日によっては朝のうちは路面凍結もあるでしょうから、そのあたりを見極めて出かける必要があるでしょうね。
 スノーシューはいらんでしょう。責任は持てませんけど。どんどん雪解けが進んでいるはずですから、万が一踏み抜きに苦労してもわずかな区間です。


2013/04/28(Sun) 12:01:59 [ No.11059 ]
◇ Re: やっぱり最後は扇ノ山 投稿者:はいかい  引用する 
 扇ノ山上山高原・河合谷牧場間の除雪について訂正します。
 4月29日の時点で、鳥取県側の道路は、途中までしか除雪されていないようです。よって鳥取・兵庫の通り抜けはできません。
 昨日までの3連休の日中は、まずまずの日和でした。が、その前後の夜はともに雷雨でした。


2013/04/30(Tue) 20:26:44 [ No.11069 ]
◇ Re: やっぱり最後は扇ノ山 投稿者:やまあそ  引用する 
今日は北方面に行くつもりでしたが天気不安定と予報だったので家

片付け。(>.<)

2013/05/01(Wed) 11:08:28 [ No.11070 ]

◆ 解読依頼 投稿者:山ボーイ  引用する 
写真の道標・・やまあそさんならご存知?

表面:右 山ミち・左 おじろ
側面がわかりません。
場所は諸鹿の奥、沢川沿いです。

よろしくお願いします。


2013/04/27(Sat) 18:42:02 [ No.11056 ]
◇ Re: 解読依頼 投稿者:やまあそ  引用する 
この手のことに
めちゃ詳しい人がいるのですが
厚かましくも私もチャレンジしてみます。
間違っていたら修正お願いします。

二文字目はわかりませんが
備前岡山藩のことだと思います。
山口右立は人名かと・・・。


2013/04/27(Sat) 22:51:12 [ No.11058 ]
◇ Re: 解読依頼 投稿者:やまあそ  引用する 
たぬきさんにも応援してもらい
ほぼこれが正解だと確信します。


2013/04/28(Sun) 19:27:37 [ No.11061 ]
◇ Re: 解読依頼 投稿者:山ボーイ  引用する 
解読ありがとうございました。

この道は美方・秋岡への道のはず
なぜに備洲・岡山・・?
また疑問ができてしまいました。

2013/04/28(Sun) 23:22:41 [ No.11062 ]
◇ Re: 解読依頼 投稿者:やまあそ  引用する 
山ボーイさん、こんちは。
ほんとはこの後がおもしろいのです。
私が妄想するのは、この山口某と諸鹿とは
何かの繋がりがあるとか・・。
たとえば母親の出身地がここだったとか。
そういう妄想がおもしろいんです。

地元の古い資料とか聞き取りとかが
できればその妄想が真相になりますし。

ある峠にあった石仏に彫られた人名を訪ねて
里でその子孫とお話したこととか、
彫られていた人名が別の場所に違う
石仏を寄進していたとか
そういうのを確認したことが何度かあって
探偵気分も味わえました。

2013/04/29(Mon) 18:43:28 [ No.11063 ]
◇ Re: 解読依頼 投稿者:山ボーイ  引用する 
やまあそさん こんばんわ

話をぶり返しますが、今日見に行った
つく米の道標には・願主 時連中 備岡山在立作之
と彫ってあるようです。
何かしら関係があるようですね〜。


2013/04/29(Mon) 22:45:19 [ No.11067 ]

◆ 山伏峠〜才ヶ峠 投稿者:やまあそ  引用する 
日曜日に行ってきたコースです。
兵庫と岡山の県境にある峠を
結ぶ尾根をMTBしてきました。

レポートは
スタートして100mの所で停滞中。
というのもこんな変な石造物があったからです。
謎の穴が・・・・。


2013/04/16(Tue) 20:26:29 [ No.11039 ]
◇ Re: 山伏峠〜才ヶ峠 投稿者:やまあそ  引用する 
とりあえず地図貼っときます。

2013/04/17(Wed) 19:57:03 [ No.11044 ]
◇ Re: 山伏峠〜才ヶ峠 投稿者:矢問 ホームページ  引用する 
やまあそさん、謎の穴が印象に残っていてちょっと想像を。
写真だけだと、石割の方法で矢穴といわれるものとも見えますね。
のみで穴をあけ、くさびを打ち込んで割る。

江戸幕府による大阪城再建のために切り出そうとしたものが、今日行った甲山森林公園内にもありますが、東六甲山では多く見られます。

現在の石の割り方だと工具も違い、もっと丸い穴が開きます。

甲山の中途半端に割らず、運び出しもせず残っている物は、
大阪城の再建でもう必要なくなったから、とか、石を割っているときに
石工が怪我をしたり死んだりしたら縁起が悪い石と、途中で
やめてしまった、とか、ノミであけても御影石の割りやすい
石相の方向に穴を開け損ねたときは途中でやめる、とか聞きます。


2013/04/29(Mon) 20:27:29 [ No.11064 ]
◇ Re: 山伏峠〜才ヶ峠 投稿者:矢問 ホームページ  引用する 
その石の石造物の四角い石を切り出しているときの石工が
怪我なり死んだりしたのを供養するために、その矢穴を残して
切り出したとか、いろいろ想像したりしています(^^)
それに似た穴も今日その森林公園のはずれの所で発見。

矢穴の参考ページ
http://www.ishikumi.com/about.html


2013/04/29(Mon) 20:31:04 [ No.11065 ]
◇ Re: 山伏峠〜才ヶ峠 投稿者:やまあそ  引用する 
おもしろい写真ありがとうございます。
名人級の石工さんの言うには
石にも木目のようなものがあるので
矢穴の方向を見定める必要があるとか。

あの石塔の穴はどうも中が空洞のようになっていて
(石塔は積み上げるので基台部分を空洞にするのは
簡単ですが確認するには石塔をばらす必要があるので
それは倫理的に無理)

中には歯痛のさいに抜いた歯とかあるいは
骨とかがあるかも・・・。

やあな話ですけど。

2013/04/29(Mon) 21:09:22 [ No.11066 ]

◆ 10年以上のぶりぶり?千ヶ峰 投稿者:やまあそ  引用する 
あまり興味のなくなった千ヶ峰ですが
石風呂コースから登ってみました。

途中に寄り道して普通の人はもちろん
滝のHPなどを開設している人も知らない
(もちろん地元の古い人は知っていますが)
神雷の滝へ。

全体を俯瞰しにくいので
しぶきのきれいな落ち口付近をカメラで。


2013/04/28(Sun) 18:53:04 [ No.11060 ]

◆ 岩屋山清水寺跡へ・・・ 投稿者:やまあそ  引用する 
といってもほとんどの人が
知らないと思います。

すごい遺跡でした。
母たぬきさんと同行。

そこだけでは物足りないので
尾根をぐるーっと周回。
途中から見えた千ヶ峰。


2013/04/20(Sat) 17:48:34 [ No.11045 ]
◇ Re: 岩屋山清水寺跡へ・・・ 投稿者:やまあそ  引用する 
レポート製作中ですが
たぬきさんは三部作?で
現在二部まで出来ています。

http://tanbayamadayori.blog73.fc2.com/blog-entry-2232.html


2013/04/24(Wed) 19:27:01 [ No.11051 ]
◇ Re: 岩屋山清水寺跡へ・・・ 投稿者:たぬき ホームページ  引用する 
> レポート製作中ですが
> たぬきさんは三部作?で
> 現在二部まで出来ています。
>
> http://tanbayamadayori.blog73.fc2.com/blog-entry-2232.html

三部作では完結しそうにありません。
今週は忙しくなかなか思うように進みません(ーー;)

2013/04/24(Wed) 21:32:21 [ No.11052 ]

◆ もうひとつの岩屋へ 投稿者:やまあそ  引用する 
4月18日は朝来の岩屋堂ご開帳でした。

昔は谷道の参道を登ったのですが
現在は舗装路が出来ています。
正面の大岩の下にお堂があります。

お堂はきれいに修復されており
10年ほど前の写真と見比べると
歴然としています。


2013/04/21(Sun) 07:12:46 [ No.11046 ]
◇ Re: もうひとつの岩屋へ 投稿者:やまあそ  引用する 
ふだんは無人ですが
今日は社務所も開いていて
お参りに来る地元の人たちを
迎えています。

護摩木が焚かれるので
それに願い事を書いている人も・・・。
切実です。


2013/04/21(Sun) 07:15:33 [ No.11047 ]
◇ Re: もうひとつの岩屋へ 投稿者:YS11  引用する 
ともみさん 字がきれいですねえ。
写経のの練習 続けてるのかな?

先日 あるところへ行くと 突然 やうちとよこ って人 知ってるかと言われ・・。
やまあそさん ご存知ですか?

2013/04/23(Tue) 09:45:28 [ No.11048 ]
◇ Re: もうひとつの岩屋へ 投稿者:やまあそ  引用する 
YSさん、おひさしぶりです。
やうちとよこ(女性?)さん
まったく知りませんです。

2013/04/23(Tue) 19:20:41 [ No.11049 ]
◇ Re: もうひとつの岩屋へ 投稿者:YS11  引用する 
おかしいなあ…
よく知っているはずですが…

2013/04/23(Tue) 20:28:56 [ No.11050 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -