00141290

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


[トップに戻る] [トピック表示] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1白百合童謡の会。 (1) / 2初富士:雲見 (1) / 3ギャラリー若葉にて。 (1) / 4仲神社の公孫樹  / 5浄感寺の石田半兵衛の彫刻 (1) / 610.20 6:00の「富士山ビュー:清水」  / 7雲見の富士山  / 8江奈:川久保稲荷  / 9うた声喫茶。 (1) / 10今日のミーコ  / 11Re: 長八と林駒夫展  / 12我が家の愛猫:ミーコ (1) / 13名勝:伊豆西南海岸  / 14私のゲストティーチャー  / 15指導者方々。 (1) / 16伊豆半島太鼓フェステバル (1) / 17まつざきJAグループ。  / 18まつざき荘にて。  / 19偶然撮った夕日  / 204月の歌声喫茶(第65回)。  / 21リアル案山子  / 22久しぶりの松崎情報ありがとうございます。 (1) / 2327日の花畑  / 24今日は富士山の日 (1) / 25ミーコ  / 261月31日の花時計  / 27まつざき荘にて。 (1) / 28帯広・松崎交遊倶楽部の想い  / 29冬至近くの夕日  / 30長八移動展  /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

街角の芸術品 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/16(Wed) 06:15:18 No.13383 ホームページ  引用する 
町を散策していると思わぬ芸術品に出合えるものです。

この狐、実に味があると思いませんか。

その由来、修復などして大切にしたいものです。


Re: 街角の芸術品 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/16(Wed) 06:16:02 No.13384 ホームページ  引用する 
雄狐です。

Re: 街角の芸術品 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/16(Wed) 06:17:13 No.13385 ホームページ  引用する 
岡村造船では、遣唐使船をつくられていました。

Re: 街角の芸術品 投稿者:花譜 投稿日:2014/04/16(Wed) 13:23:13 No.13386  引用する 
「お稲荷さん」の雌キツネさん。いいですねえ。子どものキツネをお腹の下に抱えています。

3匹キツネの家族。

「遣唐使船」の建造の画像・・・ヘルメットなどが、きちんと、並べて、下げられていて「物語」があります。

Re: 街角の芸術品 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/16(Wed) 17:33:53 No.13387 ホームページ  引用する 
花譜さん、この狐、長八作ではないかという説があるんですよね。

東京品川の橋戸稲荷のものと似ているんです。

裏付け資料があればと思います。

この画像も、半兵衛作品に似ているような気がするのですが。

街角の藤棚 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/14(Mon) 06:02:04 No.13373 ホームページ  引用する 
深沢床屋さんの藤棚です。

Re: 街角の藤棚 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/14(Mon) 06:03:03 No.13374 ホームページ  引用する 
郡定寺の藤棚です。

Re: 街角の藤棚 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/14(Mon) 06:03:51 No.13375 ホームページ  引用する 
ある民家の藤です。

Re: 街角の藤棚 投稿者:浅ちゃんより。 投稿日:2014/04/15(Tue) 06:17:12 No.13380  引用する 
お早うございます。桜が散り、これから藤棚の成長が楽しみですね。今後の成長具合の写真を楽しみにしています。

今朝の囲炉裏端さんの川柳で。人類は いがみ戦い 滅亡か? 本当に 心が痛みますね。天安門事件。プラハの春。ヘルツゴビナ紛争。それに現在のウクライナ紛争。何故先進国の頭の良い民族が内紛で 尊い命を落とすのは非常に残念です。日本も太平洋戦争で反省したが 最近 集団的防衛圏問題でキナ臭くなって来ましたね。

Re: 街角の藤棚 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/16(Wed) 06:07:58 No.13381 ホームページ  引用する 
浅ちゃん、コメントうれしい限りです。
反応のないサイトの運営、かなり疲れるからです。

昨日の藤棚を貼ります。
まず郡定寺です。


Re: 街角の藤棚 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/16(Wed) 06:08:52 No.13382 ホームページ  引用する 
続いて深沢床屋です。

三聖苑の花時計 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/15(Tue) 05:59:13 No.13379 ホームページ  引用する 
ツツジが咲いてきれいです。

芝桜 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/15(Tue) 05:52:39 No.13376 ホームページ  引用する 
三聖苑:天城山房の芝桜、きれいですよ。

Re: 芝桜 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/15(Tue) 05:54:02 No.13377 ホームページ  引用する 
大沢温泉ホテルの石かめの中の生け花です。

Re: 芝桜 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/15(Tue) 05:55:20 No.13378 ホームページ  引用する 
障子に橘紋です。

12日の花畑 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/13(Sun) 06:24:19 No.13363 ホームページ  引用する 
個々に見ると花が咲いてきれいなのですが、総体の色彩が地味です。

でも、行き会う観光客は「素晴らしい」と言ってくれます。


Re: 12日の花畑 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/13(Sun) 06:26:10 No.13364 ホームページ  引用する 
珍しい格好の女性を撮影していましたよ。

Re: 12日の花畑 投稿者:A.TAKAGI 投稿日:2014/04/13(Sun) 11:34:00 No.13365  引用する 
先ほど、事務所に出てくる途中に、港の方を見ると、「港で海のピカ市」が開催されていました。はしご車の試乗もできるようでした。
それから、いつも松崎町のロケ地巡りなどの、素晴らしい動画をアップしてくださる「FunnyFace093」さんが、また、松崎の春の動画をアップしてくれました。
http://youtu.be/yP4Fw6O-zsc


Re: 12日の花畑 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/13(Sun) 18:44:09 No.13370 ホームページ  引用する 
高木さん、動画情報、ありがとうございます。

ピカイチのハシゴ車、早速乗ってきましたよ。

高いところからの景色、良かったですよ。


Re: 12日の花畑 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/13(Sun) 18:45:03 No.13371 ホームページ  引用する 
上からの眺めです。

Re: 12日の花畑 投稿者:A.Takagi 投稿日:2014/04/13(Sun) 20:34:37 No.13372  引用する 
さすがですね。

超長らくご無沙汰です。 投稿者: 投稿日:2014/04/13(Sun) 15:32:37 No.13366 ホームページ  引用する 
掲示板閉鎖以来、とんとご無沙汰ですみません。
●掲示板・井戸端談話室は閉鎖して、主力を
 フェイスブックに移しました。
 https://www.facebook.com/donki.takaratei
 松崎で撮った写真なども発信しています。
●夏の松崎行きは、8月9日〜11日で、
 宿泊は豊崎ホテルです。

私、しっかりと生きてます。
親戚の寄り合いがあって、4月4日から7日まで北海道へ行きました。
なんと、『同行吹雪』っ!
行く先々で猛吹雪に遭遇しました。

昔の寝台特急は何度も経験してますけど、
カシオペアのようなのは初体験でした。
https://www.jrhokkaido.co.jp/train/tr016_02.html
1階が寝室で2階がリビングでシャワーまであるんですね。
スイート(メゾネットタイプ)
けど、長時間にわたって揺れますから船の旅の方が断然楽です。

※画像は大宮駅に入ってくるカシオペアです。


Re: 超長らくご無沙汰です。 投稿者: 投稿日:2014/04/13(Sun) 15:34:07 No.13367 ホームページ  引用する 
函館を過ぎると、荒涼とした風景が広がって
途中も吹雪いたりやんだりでしたが
札幌に着いて、車外に出たとたん『さぶーい』
ホームが真っ白ぉ。
市内は大雪でした。残雪もたっぷりと。

※画像は、札幌市内の大雪。
 二条市場の向かい側の狸小路です。


Re: 超長らくご無沙汰です。 投稿者: 投稿日:2014/04/13(Sun) 15:35:32 No.13368 ホームページ  引用する 
定山渓は、第一寶亭留(だいいちほてる)
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/875/875.html
洞爺湖では、ザ・ウィンザーホテル洞爺に
http://www.windsor-hotels.co.jp/ja/
泊まりましたけど、その道中は省略して、
7日の昼過ぎに新千歳空港。

ここで思わぬ物に出会いました。
よほどの店でなければお目にかかれない
「タラバガニの褌」です。
なんと、それが廻転寿司にあったのです。
しかも安いっ! 350円っ!
『江戸の敵は北海道でっ!』
二つ食っちゃいましたよ。

※画像は件のタラバガニの褌です。


Re: 超長らくご無沙汰です。 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/13(Sun) 18:40:21 No.13369 ホームページ  引用する 
鈍さん、すばらしい写真をありがとうございます。

私のところに先ほど北海道の知人から「福寿草」の写真が送られてくました。

花祭り 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/12(Sat) 05:48:13 No.13356 ホームページ  引用する 
禅海寺で仏教会合同の「花祭り」が行われました。

Re: 花祭り 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/12(Sat) 05:49:18 No.13357 ホームページ  引用する 
禅海寺はセカチュウでも有名です。

Re: 花祭り 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/12(Sat) 05:50:36 No.13358 ホームページ  引用する 
大きな石仏も印象的です。

Re: 白隠禅師と松崎人(伊豆新聞... 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/12(Sat) 05:53:33 No.13359 ホームページ  引用する 
 「駿河の国に過ぎたるものが二つあり、富士のお山と白隠禅師」という言葉がある。ここは駿河ではないが、松崎と関係あるので書いてみたい。
 白隠慧鶴(1685〜1768)は沼津市原生まれ、臨済宗中興の祖。その生涯を秋月龍a師は「迂余曲折の道だった。仏を求め仏に迷い、卑近な法話、洗練された公案、座禅和讃を唱え、また人間くさい書画をまじえた大地に根ざした庶民禅には、すべての人々を地獄の苦しみから救いたいという、仏の悲願が貫かれている」と。
 幼名を岩次郎といい、数え3歳まで起てなかった。幼心ながらこれを恥じ、一生懸命起つことを学んで起ったというから、純粋さと強い探究心が育つ。11歳とき母と寺で悪者を懲らしめる地獄話を聞いて、そこから逃れる方法はないかと仏道に入るのである。己に厳しい性格から苦行の連続だが、会得したと思うと慢心する悪癖を併せもつ。
 ご存知かも知れないが、1590(天正18)年、5千石の下田領主は戸田忠次である。ついで三州田原、天草、下総佐倉、越後高田、宇都宮、天草、幕末は宇都宮で迎えるのである。これに菩提樹・英巌寺もつれて移転するのである。
 高田英巌寺8世は、生鉄(性徹)といい松崎町江奈出身で石田姓(礼助のルーツ)、禅海寺系である。1701(元禄14)年、英巌寺8世となり、同時期に臨済宗総本山妙心寺283世となる紫衣和尚となる。また駿東郡清水町・法泉寺再興の祖とも呼ばれる。
 白隠の行脚は、師を求めての旅である。英巌寺・生鉄の名声を聞き「人天眼目」の講に参加する。日夜研鑽、遠寺の鐘声を聞いて大悟するのである。しかしこれを生鉄に話しても納得してもらえないことから罵声を浴びせるがごとく立ち去る。そして信州飯山で生涯師と仰ぐ正受老人と出会う。そこでの修行は足蹴にされるような荒行であった。
 白隠68歳、1752(宝暦2)年、帰一寺の招きで来松している。この寺の経堂(輪蔵)は33(享保18)年完成で、大沢依田家3代目佐治兵衛貴長が京都から6千7百巻もの経典を求めたものである。そのことを法話にし、檀徒らに聞かせている。
 また松崎依田家(善六)の始祖が、貴長と同一人物であることから、法事の主催をどちらにするかで争っている。それに白隠は、55(宝暦5)年、「親類の不和を諫める」書状を送っている。現在は元首相・細川家の永青文庫に収蔵されている。
 なお、白隠が尊敬する人物に禅海寺の鉄髄和尚をあげている。鉄髄は修行中睡魔に襲われるとツボに灸をすえて追い払ったという。 


Re: 白隠禅師と松崎人(伊豆新聞... 投稿者:A.TAKAGI 投稿日:2014/04/12(Sat) 16:19:39 No.13360  引用する 
仏教で思い出しましたが、仏教国タイは今ごろ「お正月休み」ですね。「ソンクラン」(水かけ祭り)と言って、4月がタイ国の本当のお正月で、バンコクに働きに来ている人たちが、みんな帰省するので、日本の帰省ラッシュによく似た光景が見られます。それから、今頃が、タイでは一年中で一番暑い時期です。私もタイにいるころ、今頃が、暑すぎて、一番体に応えました。http://www.tkago.net/tguide/thai_songkrn.html

Re: 白隠禅師と松崎人(伊豆新聞... 投稿者:A.TAKAGI 投稿日:2014/04/12(Sat) 17:04:57 No.13361  引用する 
工場のスタッフたちから、「ソンクラン」の間は、携帯電話やカメラ、パソコンなどの電装品は持ち歩かないほうが良いと注意されました。水をかけられて、壊してしまうというのです。その期間は、日本人もタイ人も関係なく、水かけてくるらしいのですが、私もその間、日本へ帰省していたので、水をかけられる事はありませんでした。

Re: 白隠禅師と松崎人(伊豆新聞... 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/13(Sun) 06:00:15 No.13362 ホームページ  引用する 
高木さん、タイは今頃正月、面白いですね。
さすがは仏教国、お釈迦さんが誕生したことが正月なんですね。
冬至がキリストの誕生、太陽が新しく生まれ変わる「暦」の変わり目をクリスマスにしていることと同じですよね。

富士宮からの富士山 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/11(Fri) 15:43:14 No.13355 ホームページ  引用する 
今日の富士山です。

那賀川の鯉 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/11(Fri) 06:07:16 No.13353 ホームページ  引用する 
鯉がたむろしています。

リッチな町、そんな観光客がおりました。


Re: 那賀川の鯉 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/11(Fri) 06:08:45 No.13354 ホームページ  引用する 
山が笑う、そんな季節となりました。

藤棚に花が 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/10(Thu) 05:31:01 No.13344 ホームページ  引用する 
深沢床屋の藤棚に花がつき始めました。

Re: 藤棚に花が 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/10(Thu) 05:32:45 No.13345 ホームページ  引用する 
この程度です。

Re: 藤棚に花が 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/10(Thu) 05:33:54 No.13346 ホームページ  引用する 
若緑の美しい季節です。

Re: 藤棚に花が 投稿者:浅ちゃんより。 投稿日:2014/04/10(Thu) 06:01:54 No.13347  引用する 
お早うございます。今週は急に暖かくなり 5月の陽気になりましたね。桜の花見見物も強風の日が続き アット言う間に 散ってしまいました。散り際の見事さは 本当に涙が出ました。そうそう これから藤棚の花になりますね。藤の花も 花弁の形をジット見つめると 本当に神秘的な花だと思います。

ところで昨日のSTAP細胞の記者会見 2時間半 夢中で見てしまいました。囲炉裏端さんの川柳の気持ちも分かりますが、共同研究者や理研の幹部は 未来の有望な理系女の小保方さんだけ外して トカゲの尻尾切りをやっているようで、日本人として情けなくなってきました。恐らく 理研組織幹部も特定独立法人の認可と税金400億円余りの 予算認可を優先したいんでしょうね。仲間割れは 私は大嫌いです。囲炉裏端さんは どう思いますか?

Re: 藤棚に花が 投稿者:A.TAKAGI 投稿日:2014/04/10(Thu) 16:06:55 No.13348  引用する 
今日、IHIの東京本社と中部支社のスタッフが「津波救命艇」の件で、弊社に資料をもって来てくれました。その中に動画の資料があったので、「YOU TUBE」にアップしようか?と、YOU TUBEを開いて関連動画を探していると、面白い「動画?」(基本的に音声だけ=朗読)を見つけました。「昨年の『本屋大賞』を受賞した、百田尚樹の『海賊と呼ばれた男』を朗読特集として「橋爪功」さんが、情感を込めて朗読しているものです。上下巻を合わせるとかなり長いドキュメンタリー小説ですから、細かく分けて、アップしてありますが、本を買うほどではないけど、チョット中身を知りたい人には、打って付けかも?添付は、第1回の前篇です。この後、第20回以上続くのかな?私は、既に、上下巻とも本で読んでしまいましたが、こちらも最後まで聞いてみたい気もします。
http://youtu.be/oaAsqtQ-bt4


Re: 小保方さん 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/10(Thu) 18:03:05 No.13349 ホームページ  引用する 
浅ちゃん、学者の世界も一般社会なみにくだらなくなったのですね。
指導性・哲学・倫理もない。経済、メディア優先時代、本当に困ったものです。私は、今はやりの天災予測も同等だと思っています。

小保方さんの本当のことがわからないので、コメントができかねますが、チームを組んで実験し、共同で論文を書いているのでから、誰か間違いなら指摘すべきですよね。
若い小保方さんをメディア映りがよいからと利用しておいて、キズを見つけると「関係ない」なんて、卑怯この上ないと思います。
この世界もブラック企業並みというところでしょうか。
小保方さんの実験が成功してほしいと思います。


Re: 出光氏 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/10(Thu) 18:12:40 No.13350 ホームページ  引用する 
高木さん、昨晩BSで「出光佐三」のドキュメンタリーを放映されていました。
ちょうど丸高の高橋亘翁と類似する「勇気」「才能」の持ち主であったと思いました。
なんだかんだと躊躇するのでなく、熱情で貫き通すぐらいでなければ本来の経営者、指導者とは言えませんよね。信念さえあれば人はついてくるということを学びました。
石油メジャー、英国に対抗しての行動にはただただ感動しました。

亘翁が「出光石油」にしたのも、共鳴したからではないでしょうか。

Re: 出光氏 投稿者:A.TAKGI 投稿日:2014/04/10(Thu) 19:06:54 No.13351  引用する 
そうなんです。私も、「海賊と呼ばれた男」を読んだ時、「これは、祖父、大叔父、父などから聴いていた、丸高のお爺さん(「高橋亘」翁)と全く同じではないか!と思いました。なぜ、この時代の日本人はこんなに強くて崇高な心を持っていたのだろうか?と思い、昔の人たちが持っていたであろう「儒学的」な思想を知りたくなって、『論語』の本を読み始めたんです。先日、写真展で囲炉裏端さんとお会いした時に、『「出光佐三」と「丸高のお爺さん」や「私の祖父」たちが、オーバーラップする』と申し上げたのは、そんな思いからなんです。

Re: 出光氏 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/04/11(Fri) 06:05:24 No.13352 ホームページ  引用する 
高木さん、私は「教育」が最大な要素だと思っています。
現在のような大量・平等教育では「際だつ個性」が育たないのです。比較によりますから「落ちこぼれ」が出て「不要品」のレッテルを貼られるのです。優等生ですら要領のよい「安全運転」しかできません。

寺小屋式「塾」では、マンツーマン方式ですから、その家、その個人の環境を出発点にすることが出来るのです。
私は「純粋に学び、生意気に吐け」というのが持論です。そして他流試合をしてどれが本物かを見抜くことをするのです。
佐三を見てお金を出してくれる人間、それは「心眼」です。これこそが教師・指導者の力なのです。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -