00147949

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


[トップに戻る] [トピック表示] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1牛原山から浜丁橋 (1) / 2松崎海岸の花火  / 3天然のブランコ  / 4同級会ではお世話さまでした。  / 5無料花狩り〜5日  / 6ミーコ2題 (1) / 7深沢床屋の藤棚  / 8萩谷  / 9白百合童謡の会。 (2) / 10初富士:雲見 (1) / 11ギャラリー若葉にて。 (1) / 12仲神社の公孫樹  / 13浄感寺の石田半兵衛の彫刻 (1) / 1410.20 6:00の「富士山ビュー:清水」  / 15雲見の富士山  / 16江奈:川久保稲荷  / 17うた声喫茶。 (1) / 18今日のミーコ  / 19Re: 長八と林駒夫展  / 20我が家の愛猫:ミーコ (1) / 21名勝:伊豆西南海岸  / 22私のゲストティーチャー  / 23指導者方々。 (1) / 24伊豆半島太鼓フェステバル (1) / 25まつざきJAグループ。  / 26まつざき荘にて。  / 27偶然撮った夕日  / 284月の歌声喫茶(第65回)。  / 29リアル案山子  / 30久しぶりの松崎情報ありがとうございます。 (1) /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

対岸からの常盤橋 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/23(Wed) 05:49:30 No.13855 ホームページ  引用する 
依田善六は、このような景色を見ながら暮らしていたのです。

もちろん現在の景色とは違いますが。


Re: 対岸からの常盤橋 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/23(Wed) 05:50:43 No.13856 ホームページ  引用する 
火の見櫓のある景色です。

ジュニアボランティア 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/23(Wed) 05:35:44 No.13854 ホームページ  引用する 
毎朝、浜掃除してくださる中学生がいること、役場の「今日の出来事」より使わせていただきました。

ありがとう。お陰できれいな浜となります。

小さな鯖が釣れています 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/22(Tue) 05:29:29 No.13850 ホームページ  引用する 
新港で小さな鯖が釣れています。

案外に町外の方が多いのが不思議です。

たぶん調理するのが面倒なんだと思います。


Re: 小さな鯖が釣れています 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/22(Tue) 05:32:39 No.13851 ホームページ  引用する 
弟の「スイート」の釣果です。

これは半分ほど知人に差し上げたあとのものです。

ひらきにしたり、唐揚げで食べると美味しいですよ。


Re: 小さな鯖が釣れています 投稿者: 投稿日:2014/07/22(Tue) 23:59:48 No.13852  引用する 
さばって昔からさびき釣りの外道、っていう感じで
確かに地元では敬遠されていたイメージです。
私の実家は漁師なので、もちろん、ちゃんと
食べておりました。

これだけ釣れるといいですね。

ちなみに、私はこちらのサバ缶、よく食べてます。
ご飯と一緒に食べたら、何もいらないですね。
美味しいですよ、タイのサバ缶。。。

Re: 小さな鯖が釣れています 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/23(Wed) 05:32:52 No.13853 ホームページ  引用する 
よだっぴ、貴兄の父も漁師さんでしたか。
私の実家も先祖からの漁師でした。それも明治時代に清水から来たのです。それほど松崎の漁業は盛んで、魅力的だったのです。
稲葉半七が銭州を発見したときぐらいです。半七の碑は、弁天島に立っています。

雲見無料さざえ狩り 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/21(Mon) 18:53:57 No.13848 ホームページ  引用する 
21日に行われた「さざえ狩り」の模様です。

雲見観光協会より画像をお借りしました。


Re: 雲見無料さざえ狩り 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/22(Tue) 05:24:24 No.13849 ホームページ  引用する 
昨晩の全国ニュースで紹介されていましたね。

貴重なお話 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/21(Mon) 05:46:21 No.13847 ホームページ  引用する 
ギャラリーわかばでの展示は、26日(22日休館)までです。貴重なパネル展です。皆さんご覧になっては如何ですか。

ある女工さんの話

 平成2年9月28日発行の、静岡県立松崎高等学校・郷土研究部の「伊豆松崎における養蚕及び製糸業」より抜粋しました。
 大沢の高橋ひささん(当時85歳、明治38年12月生)と山本ひめさん(当時85歳、明治38年4月生)の二人にようやく話をうかがうことができました。以下はその内容をかいつまんでまとめたものです。
(1)、尋常6年(今の小学校)で卒業し、14歳の時(大正8年、1919年)大沢製糸場に働きにでた。当時、女工の数が工場の最盛期には80人はいたそうです。1日の労働時間は12時間ぐらいだった。
(2)、原料の繭を二人ぐらいの女の人できれいなものと汚れているものにわけた。小さい釜10〜15個できれいな繭を煮た。その繭を新工女が糸をとる工女にくばった。小さな桶にある程度の繭を入れて1日10杯ぐらいの糸をとった。
1本の糸をつくるには5個の繭をあわせてとった。能率をあげるために1つの糸わこに5個の繭をつけ、4つ又は2つの糸わこを使い一度にたくさんのいとをつくった。その際、はけのようなもので糸目をたてた。
 できた糸を目に見えないような穴にいれて、その穴に入らない糸は太いとみなされ出荷される糸にはならなかった。その他にも12〜16デニールの糸は合格でそれ以外は認められなかった。14デニールが最もよく賞与があたえられた。(1デニールは450メートルで50ミリグラムの生糸をさしデニールは太さを表す)
 こうしてできたものを横浜へ送り検査をして外国に輸出した。
当時、新工女の給料は1日50銭にもならなかったが、腕があがると1日1円ぐらいもらえるようになった。給料は年3回にわけてはらわれ1回の収入は50円から80円ぐらいだった。
(着物が1円〜2円で買えた。50円で300平方メートル(1反)の土地がかえた)
(3)、寄宿舎に泊まっていた人は地元以外の人で高橋さんと山本さんは自宅から通っていました。寄宿舎に泊っている人の中で炊事当番をきめ、大きな釜に1斗ぐらいの麦飯をたいて食べた。
 依田佐二平さん(だんなさん)は女工と同じ部屋で同じ麦飯をいつもたべていた。

松崎海水浴場 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/21(Mon) 05:34:37 No.13845 ホームページ  引用する 
連休の中日、ようやくに海水浴場らしくなりました。

Re: 松崎海水浴場 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/21(Mon) 05:35:52 No.13846 ホームページ  引用する 
子供のはしゃぐ声、良いですね。

蔵らの火・金曜メニュー 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/19(Sat) 05:45:50 No.13835 ホームページ  引用する 
金曜日=体験型(観光用・地元用)
  ミニカルチャー教室

1.青森のいづこいし製作・小物づくり教室=観光用:毎週金曜日:午前中10〜12時
2.やよい先生の「ちりめん教室」=8月より第1金曜日:午後1時半〜
3.野田先生の「海草押葉教室」美しい伊豆の海の海草=9月より第2金曜日:午後2時〜
4.小林先生の「手編くつ下教室」家にある毛糸利用=9月より第3金曜日:午後1時半〜
5.阿部先生の「詩吟教室」=第1・第3・第4火曜日:夜
6.高野先生の「花遊び教室」(定員あり)=第2火曜日:夜7時〜
7.藪田先生の「笑いヨガ教室」=(未定)
8.川田さんの「パン教室」=(未定)
9.いろいろな「おひな様作り」=(未定)

お問い合わせは=090−5615−9103まで(青森)

    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

火曜日=「ものづくり介護」として
  朝10時より「蔵ら:手あそびくらぶ」

◎1週目の火曜日=おしゃべりして、お茶して…、ポプリでもどうかしら?
◎2週目の火曜日=おしゃべりしながら、楽しいものづくりを!
◎3週目の火曜日=自分でもいろいろ作っているけど、もっとチャレンジしてみたい人!
◎4週目の火曜日=何でも出来るので、商品として作ってみたい人!

「蔵ら」は、皆様のもう一つの家=「居場所」として、何かを作りながら、お茶して、おしゃべりして! 私たちと楽しい時間を共にしませんか。

お問い合わせは=ケイタイ(青森)092−5615−9103、手ぶらでどうぞ!


室岩洞紹介動画 投稿者:A.Takagi 投稿日:2014/07/19(Sat) 10:31:47 No.13836  引用する 
いつも、松崎の町や、町内のロケ地をきれいな動画にして紹介してくれる「FunnyFace093」さんが、また、「室岩同」を紹介する動画をYOU TUBEにUPしてくれました。
http://youtu.be/O755kImnYPM


Re: 室岩洞紹介動画 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/19(Sat) 16:38:26 No.13837 ホームページ  引用する 
高木さん、このように積極的に松崎を紹介してくださる方がいること、有り難いですね。
「観光大使」の称号をあげたいものです。
それなのに「ありがとう」と声をかけない、不思議な町です。

私は「渉外力」これが町おこしの原点だと思います。少しでも町当局、職員、公社職員、観光協会、商工会、それに住民が積極的に「おもてなし」の心をもって交流したいものです。

一週間前「やろうじゃ協議会」のちょっとした動きが、町長を巻き込んで清掃作業、そして県道沿いの植木、美術館駐車場の草刈りと発展し、昨日は美術館へ寄ってくださるお客様が増えたように思いました。
小さな心がけが思いがけない効果を生むということです。


Re: 室岩洞紹介動画 投稿者:浅ちゃんより。 投稿日:2014/07/20(Sun) 05:28:40 No.13842  引用する 
お早うございます。今朝は小雨。囲炉裏端さんの 本日の早朝ブログが 更新されて いなかったので 高木さん紹介の you tubeの動画を 見させて もらいました。 

 やあーーーー本当に素晴らしい動画で 感激しました。 タイムリーなセリフ。音楽も実に さわやかでした。私も こんな動画作成が出来る様になり、 投稿したいなああ。。。。 マジに 考えてみたいなと。
人生 80数年 お互いに いつまでも 人生を楽しく 謳歌して、長生きしたいもんですね。

Re: 室岩洞紹介動画 投稿者: 投稿日:2014/07/20(Sun) 08:43:01 No.13843  引用する 
私もじっくり見させてもらいました。
室岩洞って子供の頃は、町の方から見て、
この場所の手前くらいに釣りをしに行ってたくらいですね。
カサゴをよく釣ったものです。

囲炉裏端さんのおっしゃるとおり、このようなビデオを
作成、公開して下さることは本当にありがたいことだと
思います。(一応)町民の1人として、感謝申し上げたいです。

Re: 室岩洞紹介動画 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/21(Mon) 05:32:49 No.13844 ホームページ  引用する 
浅ちゃん、よだっぴ、余所から目線から学ぶことは大切なんですよね。

それを自分の腹の中に入れて、パフォーマンスする。
それが今の住民には十分ではないのです。
実はそのためにも私は発信しているのですが。

千年のイチョウ 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/20(Sun) 05:16:15 No.13839 ホームページ  引用する 
このイチョウの木の下にいると、人間の一生の短さ、足掻きのむなしさを感じます。

Re: 千年のイチョウ 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/20(Sun) 05:17:40 No.13840 ホームページ  引用する 
この前を通ると、センサーの感知で水車が回り始めます。

Re: 千年のイチョウ 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/20(Sun) 05:18:37 No.13841 ホームページ  引用する 
鯉が悠然と泳いでいました。

伊豆文邸の庭 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/20(Sun) 05:13:08 No.13838 ホームページ  引用する 
昔の方の心が感じられる庭です。

来年は長八生誕200年 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/19(Sat) 05:26:48 No.13832 ホームページ  引用する 
来年・2015年は「長八生誕200年」の行事が行われます。

Re: 来年は長八生誕200年 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/19(Sat) 05:28:43 No.13833 ホームページ  引用する 
このような漆喰へ型押しのデザインを集めることも良いかも知れませんね。

Re: 来年は長八生誕200年 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/07/19(Sat) 05:33:26 No.13834 ホームページ  引用する 
ネットで検索していたらこんなサイトに出合いました。
現在も存在しているのでしょうか。調べてもらうわかにはいかないでしょうか。http://www18.ocn.ne.jp/~jijibaba/shinagawa.htm

画像は、清掃された美術館周辺です。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -