00150307

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
無料!!カラー占い】【熱帯魚とアクアリュウム】【模様替えのススメ】【眠れる森の夢占い】【簡単ダイエット】【フェアリーゲート】【防犯対策委員会】【魔女の家


無料画像掲示板 有料画像掲示板 アップローダー画像掲示板 楽天市場 違反・迷惑広告通報 今日昨日集計 わくわくメール

いますぐJPDOスタートJPDO掲示版・障害メンテナンス情報マリア様と不思議のメダイ人気サイトランキング 無料レンタルランキング

「画像掲示板」


[トップに戻る] [トピック表示] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1牛原山から浜丁橋 (1) / 2松崎海岸の花火  / 3天然のブランコ  / 4同級会ではお世話さまでした。  / 5無料花狩り〜5日  / 6ミーコ2題 (1) / 7深沢床屋の藤棚  / 8萩谷  / 9白百合童謡の会。 (2) / 10初富士:雲見 (1) / 11ギャラリー若葉にて。 (1) / 12仲神社の公孫樹  / 13浄感寺の石田半兵衛の彫刻 (1) / 1410.20 6:00の「富士山ビュー:清水」  / 15雲見の富士山  / 16江奈:川久保稲荷  / 17うた声喫茶。 (1) / 18今日のミーコ  / 19Re: 長八と林駒夫展  / 20我が家の愛猫:ミーコ (1) / 21名勝:伊豆西南海岸  / 22私のゲストティーチャー  / 23指導者方々。 (1) / 24伊豆半島太鼓フェステバル (1) / 25まつざきJAグループ。  / 26まつざき荘にて。  / 27偶然撮った夕日  / 284月の歌声喫茶(第65回)。  / 29リアル案山子  / 30久しぶりの松崎情報ありがとうございます。 (1) /
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
参照URL
添付File  (2MBまで)
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

富士のカサ雲 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/20(Mon) 06:24:07 No.14298 ホームページ  引用する 
今朝の富士山ビューです。

Re: 富士のカサ雲 投稿者: 投稿日:2014/10/20(Mon) 13:44:30 No.14299 ホームページ  引用する 
ご無沙汰鈍ですから、まとめ読みで素晴らしい松崎を
拝見してます。
豊崎ホテルさんのブログにも『わらぐろ』がアップされてました。
秋たけなわですね。

富士山が笠をかぶってますね。
明日あたり雨でしょうか?

Re: 富士のカサ雲 投稿者: 投稿日:2014/10/20(Mon) 16:26:39 No.14300  引用する 
11月2日と3日の秋祭りは、土日と国民の祝日が重なりますから、
人出も期待出来ますね。

Re: 富士のカサ雲 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/21(Tue) 06:03:07 No.14304 ホームページ  引用する 
鈍さん、もう少し秋祭りにも旧態依然ではなく、観光客を巻き込む工夫も必要かと思います。

甚句の作詞コンクールとか、そののど自慢とか、

町の花と、町の木 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/20(Mon) 05:37:28 No.14295 ホームページ  引用する 
松崎町の花と木を同時に撮ることができました。

花はツワブキ、木は松なのです。


Re: 町の花と、町の木 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/20(Mon) 05:39:03 No.14296 ホームページ  引用する 
まつざき荘の椰子の木に寄生草がありました。

こちらは「ススキ」です。


Re: 町の花と、町の木 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/20(Mon) 05:46:18 No.14297 ホームページ  引用する 
夕方の田圃です。

堂ヶ島の絶景 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/18(Sat) 06:02:41 No.14281 ホームページ  引用する 
素晴らしい堂ヶ島の景色です。

Re: 堂ヶ島の絶景 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/18(Sat) 06:03:29 No.14282 ホームページ  引用する 
瀬浜方面を見る。

Re: 堂ヶ島の絶景 投稿者:浅ちゃんより。 投稿日:2014/10/19(Sun) 06:18:11 No.14292  引用する 
お早うございます。台風一過 青空の日が久し振りに続いており、さらに 富士山も 初冠雪 いといよ 秋本番ですね。

ところで 堂ヶ島の絶景の写真 素晴らしいですね、西伊豆の島の写真を 良く見かけますが 岸壁の写真も最高ですね。
城が崎。 熱海の 錦ヶ浦に匹敵しますね。

今朝の 囲炉裏端さんの川柳で 本当に 小渕嬢は墓穴をほりましたね。 若くして 元首相の娘。当選5回で 大臣抜擢とか 昔のやり方で 安倍さんも 墓穴を掘りましたね。アベノミックスも陰りを見せており 今後の日本経済も 陰りが 出てきましたね。

プラッツとブログも 拝見して おります。全国の皆さんの投稿は 素晴らしいですね。 今後どのように 発展するか期待してます。 囲炉裏端さんの投稿も ジックリ 読ましてもらってます。 囲炉裏端ブログより、厳しいコメントですね。今後も頑張って下さい。 添付写真は もう少し 拡大した方が 良いと 思います。 

さあーーーて 今日は 澄み切った青空の日曜日 町内自主防災訓練の役員活動。ヘボテニス。サイクリングと フル運転の楽しい日曜日になりそうです。
 囲炉裏端さんも 季節の変わり目、風邪など ひかないように デジカメ散策に これからも期待してます。

Re: 堂ヶ島の絶景 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/20(Mon) 05:35:25 No.14294 ホームページ  引用する 
浅ちゃん、西海岸全体に船便があれば、この絶海は世界一だと私は思うのです。
地元の人間の「敗者の気」を取り除き、闘う気が起きればと私は思うのです。
小さいことは「弱者」との思い、この打破です。

「人体は小宇宙」という、個々の持つ能力を引き出したいのです。
ご覧のように女性で最も期待された小渕女史の感覚、これは政治家のみならず国民意識も問題なのです。

ぶらっとの写真の件、あの大きさ(画素数)でなければ画面表示できないのです。

夕富士 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/19(Sun) 19:00:09 No.14293 ホームページ  引用する 
清水からの「富士山ビュー」です。

山口のナマコ壁 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/19(Sun) 05:12:55 No.14291 ホームページ  引用する 
山口集落のナマコ壁です。

セカチュウお馴染みの木橋 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/19(Sun) 05:09:34 No.14288 ホームページ  引用する 
山口の木橋からの眺めです。

Re: セカチュウお馴染みの木橋 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/19(Sun) 05:10:33 No.14289 ホームページ  引用する 
藁ぼっちの姿が見られるようになりました。

Re: セカチュウお馴染みの木橋 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/19(Sun) 05:11:41 No.14290 ホームページ  引用する 
カモが岩科川に集まったように感じられました。

重文岩科学校 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/19(Sun) 05:06:27 No.14286 ホームページ  引用する 
久しぶりに岩科まで自転車を走らせました。

まず岩科学校です。


Re: 重文岩科学校 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/19(Sun) 05:08:10 No.14287 ホームページ  引用する 
この日は、松の剪定をしていて美しい姿を観られませんでした。

揺るぎ橋の説明 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/18(Sat) 06:08:52 No.14284 ホームページ  引用する 
説明に伊豆3名所の一つと書かれています。

Re: 揺るぎ橋の説明 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/18(Sat) 06:10:22 No.14285 ホームページ  引用する 
このような物語、絵にでもして出したら如何でしょう。

伊豆名所:揺るぎ橋 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/18(Sat) 06:05:25 No.14283 ホームページ  引用する 
いまはひっそりと、勿体ないことです。

西伊豆の観光は物語を失ったから衰微したのを気づきましょう。

するナビ=素晴らしいサイト 投稿者:囲炉裏端 投稿日:2014/10/17(Fri) 06:35:21 No.14280 ホームページ  引用する 
 ネットを何気なく眺めていると、思わぬサイトに出合うものです。もう少し前に出合っていればと思うこともしばしばです。

 今回は『するナビ』駿河・伊豆観光ガイド「駿河・伊豆百景」http://www.surugawan.net/を紹介します。実に丁寧に取材されています。

 その中に、静岡県知事認定・温泉マイスター星聖(ほし・たかし)さんの言葉があります。その一部を紹介します。

「それを『幸せ』と感じられる心こそ大事。旅することは『この源泉に気づくための心の修行であり、これによって年々『幸せ』が身近に感じられるようになってきたように思えてなりません。

 特にお金や時間が必要なことではありません。日常の生活の中で、気づき立ちどまれる『研ぎ澄まされた心』と、意識を向ける『心の余裕』、そして『それを美と感じる心』を持っていれば、誰にでも『幸せ』は訪れるわけで、その心の持ちようそれこそが美しい訳で、『幸せという源泉』はここにあるように思えます」と。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]

処理 記事No 削除キー



- Joyful Note Antispam Version -